ピキュィィィーン!!

〜只今絶好調!注目のバンド大紹介!〜
★ザ・IKEMENSのすべて★
〔 イケメンズ・オフィシャル・サイト 〕since03.1.31














作詞中のイノセントマン。ファンをメロメロにする骨抜きスマイル

貴重な初舞台の写真。産まれてすぐに最初
のライブ“天上天下唯我独尊”を敢行した!

通称“Mr.イノセントマン” カリスマ・ギタリスト「釈迦」 道成寺出身(和歌山)

異国ガンダーラの血が流れているバンド唯一のハーフ。エレガントな魅力に女性ファンが
急増中!メンバーからの信望も厚く、リーダー的存在。詩人としても文壇から一目置かれて
おり、空前のミリオンヒットとなった『諸行無常のバラード』を始め、ほぼすべての曲が彼の
作詞によるものだ。また、『カーストの叫び』『あばよバラモン』の長大なギター・ソロは超絶
技巧の連続で、いかなるギタリストもコピー不可能。穏やかな甘いマスクと攻撃的なギター
・テクとのギャップが、ますます彼のカリスマ度を高めている。





“Mr.ヒート・ソウル” 熱血ヴォーカル「空也上人」 六波羅蜜寺出身(京都)

シャウトする口から次々と飛び出す仏!“南無阿弥陀仏”の6文字が6体の阿弥陀仏となり、聴く者の肉体を突き抜ける。ステージで火がついたヒート・ソウルは制御不能。誰にも止められない。さあ、ほとばしる熱いメッセージを受け取りやがれ!(スキン・ヘッドがパンク!)

 

ダウンロードして使ってネ♪ 驚愕秘蔵映像!興奮がマックスに達した時、阿弥陀仏は左右に分裂しエコーを発するのだッ!
瞳が赤目になったら分裂開始の合図。決定的瞬間を見逃すなッ!
※バンドのオフ日は京都・月輪寺(つきのわでら)でソロLIVEを聴けるゾ



    



  麗しのクール・ガイ様!

“Mr.クール・ガイ” ベースの貴公子「帝釈天」 東寺出身(京都)

クール・ガイはジュリアード音楽院作曲科を首席で卒業したイケメンズきっての美形インテリで、楽曲の大半を手がけている。イノセントマンの作詞とクール・ガイの作曲という黄金タッグが、
イケメンズ・サウンドを支えている。
ところで、本来ベースを担当している彼だが、ここにあげた写真は右手でマラカスを振っている
大変珍しいショットだ。これはインディーズ時代のライブをファンが隠し撮りしたもので、アルバム
未収録の『生老病死のサンバ』を演奏しているところであろう。それにしても、クール・ガイは
マラカスの振り方ひとつにも何という気品が漂っていることか!さすがは貴公子!
(彼が座すホワイト・エレファントDXターボは須弥山頂上の自宅・喜見城までイッキに駆け上がる
スーパー・アニマルだ。ただしワシントン条約違反!)



     

     
       ジョン・トラボルタ
“Mr.ダンス・ゴッド“ サイド・ヴォーカル兼ダンサー「迷企羅(めきら)神」 新薬師寺出身(奈良)

迷企羅神はそのドレッドな髪型から分かるように、根っからのダンサーだ。しかも御覧のように、ワイルドに踊りながらの歌だってお手のモノ。実はヒート・ソウルより歌唱力が上と語る音楽関係者も多く、リード・ヴォーカルの地位に肉迫しつつあるというのが業界の見方だ(ヒート・ソウルがアノ状態になった時は誰も勝てないけどね〜)。
ちなみにジョン・トラボルタ(右)が迷企羅神の影響を強く受けていることは、もはやイケメンズ・
ファンだけでなく、世界の常識となっている。





“Mr.ヘルズ・ビート” 灼熱のドラム「阿修羅」 興福寺出身(奈良)

元々はイケメンズのライバル・バンド『トレンディ』のドラマーだったが、イノセントマンの作詞に感動してバンドに加わった。しかし、クール・ガイとは音楽観に違いがあり、時に楽屋で激しく
やりあうことも。だが、こうした音楽の方向性をめぐる対立は、バンドに一定の緊張感を与えており、結果的には互いが腕を磨きあうという功を奏している。
ヘルズ・ビートの憂いに満ちた表情が母性本能をくすぐるのか、5人の中で最もコアなファンがついている。
※あまりにドラムを叩くスピードが速すぎて「まるで腕が6本に見える」という人も!



ドギャーン!高速度撮影に成功!これがMr.ヘルズ・ビートの演奏シーンだ!!
(撮影・Gさん)



        
  「ホレ、温かいうちに食べな」 おお、5人ともよくぞここまで立派になったものじゃ

【オマケ】差し入れを持ってきたマネージャー“無著(むちゃく)菩薩” 興福寺出身

メンバーの良き相談相手であり、デビュー当時から彼らを見守ってきた父親的存在。
「おやっさんなしのイケメンズはありえねぇよ」(迷企羅神・談)



●昨年の全国ツアーの会場スナップから


   


 
       
興福寺…「ハァァ」感極まり目に涙を
ためた女性ファン。ふるふるふる。
法隆寺…「イ・ケ・メ・ン・ズーッ!」 平等院…忘我で踊り狂う危険な観客

         
室生寺…若い頃を思い出すよ。
たまんねぇなぁ。

 広隆寺…い、いけね!涙が!

醍醐寺…フン、フン♪やっぱり
CDよりライブね
三十三間堂…
こ、これにサインを!



果たして海外の反響は…?
  
空前絶後の騒ぎ!!




      リポーター「いつから並んでられるのですか」
      五劫「半年…くらいかな?」   
      リポーター「冬の間ずっと!?」          
      五劫「今もこうして手にホカロン握ってるんスよ、ホラ」

昨年のツアーはイノセントマンのバースデー(4月8日)に彼の故郷・道成寺から始まった。良い席を
とるため多数のグルーピー“イケメニアン”が、ライブ数日前から会場に並び、なかば社会現象化していたのは、皆さんも報道で記憶に新しいハズ。最前列に並んでいたのがこの五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀。かなり前から並び始めたらしく、御覧のように髪が伸びきっていた。

※五劫思惟阿弥陀如来像豆知識…“一劫”の時間的長さは「天女が空から3年に1度(100年に1度説アリ)舞い降りて、一辺40里(約160km)の岩を羽衣でスッと撫で、岩が擦り切れて消えてしまうまでの時間」。“五劫”はその5倍の長さだ!阿弥陀様はそれほど長い年月をかけ、人々の救済方法を考えていらっしゃる。



「アッ、出てきた!」
ライブ後、会場裏口でペンと色紙をスタンバる広目天

  全ツアー先に現れるイケメニアンの鏡、広目天!IKEMENSの活動拠点は京都・奈良だが、彼の家
  は東京の護国寺だという。明らかに学生ではないので、どうやら仕事を辞めてツアーを追っかけて
  るようだ。とにかく、もう他のファンと目の輝きが違う!怖いくらいキッラキラの瞳だ!



            
 「よう!久しぶり!」 「なんと安らぐ調べなのか…海を渡った
甲斐があったのぅ…」(鑑真和尚)
楽屋に遊びに来た貴乃花関。彼もまた自他共に
認める熱烈なイケメニアンだ。(LIVE in 室生寺)
 この日は海外からやって来たファンの姿が!
(LIVE in 唐招提寺)


★どのライブ会場でも大喝采の中でコンサートが終わったが、イケメニアンの中で伝説となって
いるのが、ツアー最終日に行なわれた京都・三十三間堂での公演だ。なんとコンサート終了後、
総立ちの観客が1時間以上もスタンディング・オベーションを続けたという。
         
いつまでも鳴り止まぬ嵐のような拍手!アリーナ総立ち!
「オイオイ、今までこんなライブあったか!?」
(写真端、唖然として同僚と話すセキュリティ)
気がつけば、セキュリティまで手を叩いているッ!



 

腕を組んで聴き入っているセキュリティ アップだと目が思いっきりステージを見上げているのが
分かる!眉毛からも火花がバチバチ散っている!
セキュリティといえば興福寺の竜灯鬼。最前列からイケメンズを見上げる視線が熱〜いッ!!



●三十三間堂育ちのIKEMENSの師匠たち

   
              「しっかり見とけい!」
  
      「オラオラオラァァーッ!」
イノセントマンに最初にギターを教えたのは、このマゴラ王。
五つの目が五線譜を行別に追うため、どんな大曲も瞬時に
暗譜したという。師匠のオーラが背後で炎と化している。
ヘルズ・ビートのスパルタ師匠・雷神!この怒涛のスティックさばきを見よ!愛弟子の烈火の様な稲妻ドラムも納得!



★ヒットの裏に涙の努力あり〜ガンジス・レコードのスゴ腕社員たち




“音楽界の諸葛孔明” ガンジス・レコード社長「僧形(ぞうぎょう)八幡神」 東大寺出身

「うむ、契約しましょう!」
イノセントマンと指きりをする決定的瞬間!彼が選んだバンドで成功しなかった
ものはひとつもない。ミュージシャンの個性を大切にするIKEMENSの恩人。


  

  
   
「いいか貴様ら、音楽ってのはなぁ!」      「ゴルァ!買うのか、買わんのか!」 「ホント、これ最高なんです…」    

ガンジス・レコード人事部長玄賓
(げんぴん)。“ロックの命は反体制”
と軟弱な新人社員に喝を入れ、業界
で生き残る為の理論武装をさせて
いる。(興福寺出身)
体育会系広報部長・執金剛神。CD店でIKEMENSのベストを手に、30分以上も迷っていた客にシビレを切らして恫喝!店員がスッ飛んで来た。(東大寺出身)  出た!営業部の神様、通称“泣
 きの玄さん”こと玄ム(げんぼう)。
 彼の売り込みで客が落ちなかっ
 たことはない。(興福寺出身)




「ほな、兄ちゃん4千円でどうや?」

“元”ガンジス・レコード経理部長・弥勒(みろく)仏。故郷は社長と同じ東大寺で、ガン・レコ
創業当時からの古株だったが、フォースの暗黒面(ダークサイド)に落ちてしまった。一時は
裏社会の支配者として君臨したが、紆余曲折を経て現在はダフ屋稼業に精を出している。
※HP読者からの連絡で取材班が極秘撮影に成功!道端に座り込み、みるみるチケットを
売りさばいていた!



●ガンレコ社員・スカウト奮戦記








ゴゴゴゴゴ… ドドドドド… ズキュゥゥウン!!

身長11m、体重60トン超大型新人を現在ガンジス・レコード社員がイケメンズに勧誘説得中!
大仏といえばパタリロ系(ぽっちゃり)が主流の中で、「神戸大仏」の異名を持つ彼の顔には、ストイック
な精悍さとスゴミがある。加入すればさらに大旋風が起きること間違いなしだ。この動向、見逃せないぞ!
(ただし巨体の彼がライブハウスに入ると、観客は4、5人が限界!ガンレコ社員はそれを分かっているのかッ!?)※能福寺出身










本堂ステージの3人組の左側に坐っている! 嗚呼!なんて心が透き通ったお方! 透明感があふれる笑顔

ダウンロードして使ってネ♪京都でスカウト活動していたベテラン・ガンレコ社員から、石峯寺のライブハウスで「これまでに出会ったこともない“透明感”を持つ
バンドマンを発見しました」と急報!釈迦如来であることから、イノセントマンと同じ音楽観の持ち主だろう。彼は既に3人組のトリオバンド
「JAKUCHU」(若冲)に入っている。何とかイケメンズに引き抜きたい所。写真はタイミング悪く目を閉じているが、きっと瞳も透き通っているだろう!



●さらに、ガンジス・レコードがイチオシの期待の新人をもう一人!





























皆に水をかけられて文字通り「水もしたたるイイ男」 究極のプロポーションを見よ!
龍に乗って天から降臨! ギャルの黄色い歓声が響く

大阪・葛井(ふじい)寺でソロ・コンサート中の『専心龍乗(せんしんりゅうじょう)観音』を激写!完璧な
八頭身!先月のガン・レコ社内報によると、スカウトに行った新人女性社員3人が、彼と出会うなり美しさに
失神したとのことだ。蛇をペットに飼うミュージシャンはいるが、ドラゴンをペットにしている漢は初めて!!





(音声は変えてあります)

今回、匿名を条件に様々な内部情報を教えてくれた某円成寺の業界関係者。
彼なしではこの企画は成り立たなかった。心からお礼を言いたい。




★トドメのスペシャル映像!これがライバル・バンド『トレンディ』だ!

阿修羅が抜け4人になった『トレンディ』。だが、今もなおIKEMENSの強力なライバルとして、
オリコン上で熾烈な戦いを日夜繰り広げている!(4人とも東大寺戒壇院出身)

代表曲「邪鬼と四天王のワルツ」「今日も何処かで四天王」「須弥山へ帰れ」

慈音(ジョン) 浄地(ジョージ) 法留(ポール) 倫語(リンゴ)

名前から分かるように、4人はビートルズの大ファン!サウンドも似ている。熱狂的イケメニアンの拙者
だが、彼らが来月出す新作アルバム『レット・ブッダ・ビー(仏陀になろう)』を実は予約してしまった…。
悔しいけど良いバンド!(“賞などくだらん!”とグラミー賞を受賞拒否した会見は鳥肌が立った!漢ッ!)




「………。」



●メイキング・オブ・MTV 『邪鬼と四天王のワルツ』 
                 邪鬼のワルツ奮闘記!(制作・ジャキーズ音楽事務所)


プロモーション・ビデオの撮影の為にトレンディとワルツに挑んだ邪鬼たちだが…





あが、あがが! ちょ、ちょっと、タンマ! オイッ、足!足ッ!フゲゲ! こ、こんなハズでは…



Q.「何か一言ありますか?」
A.「フ、ファンクラブ“ジャキッ子”…か、会員募集中ですぅぅぅ…」

がんばれ、ジャキーズ!みんなが君たちを応援している!




ファン垂涎のトレンディ・キャラクターグッズ(国宝)。チョコのおまけだが、ジャキーズまで見事に再現されている。


★緊急特報!海外でもカリスマ・バンド誕生の兆しが!

     

  


 
「ようし、だいたい新バンドのアイデアは
まとまったぞ。見てろよ〜、IKEMENS!」
「コ、コラ!まだ写真はダメだ、写真は!」  「だから撮るなっつ〜の!」

『ロダン・ザ・グレート』降臨ッ!平均年齢が高いだけあって、人生の陰影を盛り込んだ歌詞と、イブシ銀
の重厚なサウンドは説得力十分!IKEMENSとは別のこの渋い魅力は、硬派な信者を生みそうだ。

 
 
美に隙ナシ!


ダビデ兄は4.3mの長身!
NBAからもラブ・コールが


ダビデ弟はスタジオ・ドナ
テッロからの電撃移籍!


小粋なポーズ!
こちらはモデル出身の若い『ダビデズ』(ミケランジェロ・レコード)の2人!
フェロモン・アイドルはIKEMENSの強敵になる可能性アリ!
《シャイなIKEMENSのメンバーは彼らのように丸裸になれない!》



●その他のイケメン仏・イケメンズ予備軍(このコーナーは随時増えていきます)

  














あまりにセクシーな口元
(デンジャラス・マウス)

インド・デリーの国立博物館で謁見したスタンディング釈迦。Mr.イノセントマンのルーツ、ガンダーラ地方で発掘された2世紀の
ハンサム仏だ。細面の知的な笑みが見る者を桃源郷にトリップさせ、来館者は閉館時間まで恍惚状態に誘(いざな)われるのであった。

 

同じくインドの国立博物館からブッダ・ヘッド(仏頭)。3世紀にガンダーラで彫られた。アレキサンダー大王がインド遠征で
彫刻技術を伝えたことから、ギリシャ彫刻のような顔立ちになっている。後世の仏像は髪が小さなカールのポツポツだけど、
こちらはターバンのようなものを巻いてとてもスマート&オシャレ。ガンダーラはイケメンの宝庫という意味でも天竺と言えよう!

※ゴダイゴ〜ガンダーラ(1分29秒)



作:長田 晴山(せいざん)
奈良・元興寺の憂いを
秘めたワル、閻魔大王
京都・化野(あだしの)念仏寺の
優美かつ知的な阿弥陀如来!
京都・仁和寺のアイドル、端整な顔立ちの
金剛華菩薩。光背の輪もまた美しい




京都・東大谷墓地の入口にあった言葉



 
「吾唯足知(ワレタダタルヲシル)」
世界遺産に指定されている京都・龍安寺は枯山水庭園の傑作がある事で有名だけど、僕は寺の裏庭にある小さな“つくばい”も
好きで、あれを時々見にいく。そこには禅の格言「吾唯足知(ワレタダタルヲシル)」が彫られているんだけど、以下の写真のように、
漢字の一部、“口”の部分を四つの文字で共有している。お互いが他者と繋がりあい、一部を分け合う事(独占しない事)で
「丸く」おさまっている。たったひとつのつくばいで、思想書数冊分の事を伝えてくれる…クーッ、なんて素晴らしいんだろう!!



  
  高台寺の海外向け英語サイト、あまりのシュールさにブッ飛んだ。「禅」を様々な表現で解説してるんだけど、
  展開が全く読めない…スゴイ。とりあえず、最初はハエをクリックして下さい。どんどん進んでいって、最後に
  「Thank you for joining us.」が出たら終わりのようです。



  
  『般若心経byモーニング娘。』(4分55秒)に仏教ファンは鼻血モノだろう。時間がない人は前奏後の46秒
  あたりから聞いて欲しい。この「モーニング娘。バージョン」は、最初の方こそ笑って見てるけど、最後の20秒
  はカメラが神様目線になり、感動的なオチになっている。

  『千手観音』(5分55秒)21人の人間で千手観音を表現、そして踊りまくる




★イケメンズと交流のあるミュージシャン…“kookai”(他サイト)
過去のライブに「804年・拳闘死 IN 唐/海外ライブ」、ディスコグラフィーに空海の本名・佐伯真魚の名や、
発禁シングル「最澄タン(810)」があるなどコアな密教ネタが多い。妄想曲のタイトル・リストが好奇心をかきたてる。
Next Liveのコーナーに“緊急参加!ザ・IKEMENS”の文字が!(笑)




リンクフリーの『仏前!』(ほとけまえ)さんには、造形作家・前智庵(まえちあん)さんの作品「スケボーに乗る広目天」が紹介されていマス。これ、合成やCGではなく、本当に造ったというのがスゴイ。一般の広目天は邪鬼を踏んづけてるんだけど(トレンディ参照)、この像ではスケボーの先端に邪鬼の顔が付いている(笑)。「平等院雲中菩薩」はループで周る動画。発想が素敵デス。「手製空也上人立像」は空也さんが至る所で念仏行脚している図。“お猿好きさん”という方の仏像コラも楽しく、「文殊君と獅子君」はいつも獅子に乗ってる文殊菩薩が獅子を休ませ、自分も光背を外している画で癒されます。あと、お猿好きさんの本サイトにある夢の仏像カードゲーム、本当に発売して欲しいなぁ。(*^o^*)





嗚呼!愛しのイノセントマン!



★至福の傑作仏像写真館へ
★釈迦ってどんな人だったの?
★やさしい仏像入門
★圧巻!仏像フィギュアの世界
★京都・奈良この寺へ行け!

★ジョジョの奇妙な冒険・ジョジョ立ち教室…仏像とジョジョの関係を考察



        ●当ページの資料元

古都ほとけ出会い旅 日本放送出版協会 1000円
国宝の旅 講談社 3800円
週刊・古寺をゆく 1〜3、5、7号 小学館 各560円
週刊・日本の美をめぐる 4、11、19号 小学館 各560円
巨匠の世界・ロダン タイム・ライフ・ブックス
巨匠の世界・ミケランジェロ タイム・ライフ・ブックス

法隆寺 発行・法隆寺
醍醐寺写真集 発行・醍醐寺
興福寺 発行・興福寺
広隆寺 発行・広隆寺
室生寺 発行・室生寺
東大寺 発行・東大寺
薬師寺 発行・薬師寺
三十三間堂 発行・三十三間堂

その他、各寺院の売店で売ってる絵はがきセットやポスター、
自分で撮った写真など。



愛と狂気のメインページにGO!!



【最新ランク】 DVDトップ100 本のベストセラー100 音楽CDトップ100 玩具のトップ100/(GAME)