「芸術を生むために日々努力をしている人に感謝します。僕は芸術なしでは生きられない」(S・ソダーバーグ監督、アカデミー賞受賞式にて)
「人間性への信頼を失ってはならない。人間性とは大海のようなものである。ほんの少し汚れても海全体が汚れることはない」(ガンジー)
「私は祖国を愛している。だが、祖国を愛せと言われたら、私は遠慮なく祖国から出ていく」(チャールズ・チャップリン)
「後世に残るこの世界最大の悲劇は、悪しき人の暴言や暴力ではなく、善意の人の沈黙と無関心だ」(マーティン・L・キングJr)
「文学者の戦争責任は決して過去のことでなくすでに始まっている。気を抜くなよ、俺は自分を含めとっくに厳しくチェックし始めてるぜ」(いとうせいこう)
「私は貴方の意見には反対だ。しかし、貴方がそれを言う権利を、私は命にかけて守る」(ヴォルテール)


米首都ワシントンDC 2013.12
文芸ジャンキー・パラダイス
http://kajipon.com
since 1999.5.12

オヌシは 番目の旅人でござる
※2016.10.23/6000万件Hit!  ★English Version

天安門1989.6.4

文芸ジャンキー・パラダイス(文ジャン)へようこそッ!!
このサイトは映画、文学、音楽、マンガ、絵画等あらゆる芸術ジャンルと、偉人たちの『お墓』情報を、ド根性文芸研究家カジポン・マルコ・残月(50)が、鬼神の如く
全世界へ紹介しまくる、愛と狂気と執念の電脳空間!旅&墓関連の掲載画像は怒涛の6000枚、総コーナー数は100ヶ以上、容量22ギガの暴発HP!
うっかり足を踏み入れたのも何かの縁、この超ド級・文芸天国にトコトンつきあってもらいましょう!そう、毒を喰らわば皿までッ!ビバ、アート・サンダー!!
この世は芸術であふれ返っている!人間に他者への共感力があるからだ。芸術は人類が分かりあえる証拠!人間は国籍や文化が違っても、相違点より
共通点の方がはるかに多い
。常にこれを忘れちゃいけない!他人と自分の中に“違うところ”を見るのが「戦争」、“同じところ”を見るのが「芸術」!
芸術は難しくない!敷居を少しでも低くして全人類が親しめるものにする事が、このHPの主旨ッス!


(名言救命ロープ) (恩人墓巡礼) 日本人/外国人 (徒然日記) (ジョジョ総目次) (育児blog)/Twitter (お絵描き) (掲示板) (リベラルリンク)




アジア大気汚染速報(リンク)
150有害/200深刻/300危険
毎日更新・人類恩人カレンダー(食前に彼らを讃える杯を!)※記号説明&年間分※1872年以前は旧暦
7月 21日 1899ヘミングウェイ生、1952ロビン・ウィリアムズ生(役)、1941川谷拓三生(役)、2004ジェリー・ゴールドスミス命(S)
1920アイザック・スターン生(C)、1960船越英一郎生(役)&山田かまち生(詩)、2009金田伊功(よしのり)命(ア)
1969AM11:56’20、人類は月面に左足の第一歩
7月 22日 1946岡林信康生(M)、1947ドン・ヘンリー生(M)、1998ヘルマン・プライ命(C)、1882エドワード・ホッパー生(画)
1934ジョン・デリンジャー命(賊)1908田中一村生(画)、1971アダム・クーパー生(バ)
ダウンロードして使ってネ♪なぜ芸術はスゴイのか!?〜初来訪の方へ


〔おすすめ番組表〕★番組はイチオシ ※過去の番組 ※YouTube ※アマゾン ※musictonic ※翻訳 ※海外 ※映画 ※サーチナ ※乗り換え ※東京新聞 ※地図 ※首相動静 ※護憲運動 ※画像検索
【7月21日のおすすめ番組】 【7月22日のおすすめ番組】
●8時NHK『連続テレビ小説 半分、青い。(96)抱きしめたい!』…毎回面白い。漫画家を辞めてどこへ行く。 ●20時NHK『西郷どん』

3日おきに更新・人生の名言(救命ロープ)
物事は初めはきまって少数の人によって、ときにはただ一人で始められるものである(ガンジー)


【勝手に支援】リベラル系・外部サイト最新記事【絶滅危機】
※ポップアップをブロックする「Adblock」をGoogle Chromeに入れるとリンク集が非表示に。個別設定で閲覧許可を。
※一段目のみ、業者がジャンル無関係に自動表示(消せない…)

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
ダウンロードして使ってネ♪ 【お薦めアマゾン 一覧表】ダウンロードして使ってネ♪

★真上&左側のアマゾン検索BOX
ご利用の方へ(管理人より御礼)

サイト内検索 powered by Google

文芸ジャンキー・サイト内検索

〜あの人に会いたい〜
世界恩人巡礼写真館

海外720名 / 国内1334名
ジャンル別
or地域別国内海外
恩人巡礼墓ベスト800

謁見希望者リスト
烈風伝
実録!墓をたずねて三千里
    (胸キュン・イラストつき)
あの人の人生を知ろう
 09夏 15夏
史上最強の超名作
洋画ベスト1000
タイトル編  解説編

監督ベスト80  撮影16
男優ベスト70
女優ベスト40
名画・NG映画の条件
大傑作!邦画ベスト333
タイトル編  解説編

映画音楽作曲家30
シネマ・ジャンキーの掟
映画のひみつ

シネマ・ロケ地写真集
この映画に、もの申す
このサウンドを聴くべしッ!
洋楽ベスト200
邦楽ベスト150
爆発!クラシック作曲家
ジャズJAZZ ●テクノ
ワールド・ミュージック

夭折ミュージシャン表
《文学・絵本・俳句》





外国文学編
日本文学編
特選名作川柳300首
魂の絵本ベスト200
ビバ・俳句!3大俳人
大至急読んで欲しい
オススメの7冊
《マンガ・絵本・アニメ》






傑作マンガTOP100(名セリフ付)
少女マンガ100(ネット順位)

傑作テレビアニメBEST30
熱血解説!ガンダムの魅力
ようこそムーミン谷へ!
ジョジョ・コーナー総目次
松本大洋の世界
《絵画・美術》
黄金の西洋画家70
いぶし銀・日本絵師50
カジポン国際美術館

名作茶器ウットリ展示室
やさしい仏像鑑賞入門
至福!傑作仏像写真館
京都・奈良この寺へ行け!
美形仏像バンド・イケメンズ
《エトセトラ》
新芸術!ゲームBEST50
ミュージカルBEST10

旅先ベスト98ヶ国
超バンジージャンプ
フィギュア・スケート入門
プロレスの芸術
昇天!洋酒78種類ガイド
缶ジュース・ランキング
《エトセトラ2》
びっくり宇宙豆知識
究極の天体写真10選
自分の部屋で宇宙旅行

人類史スペシャル年表
日本の山・面白豆知識
ヤバ過ぎ!紅葉特集
ネット不条理公式50選


《プライベート・ルーム》


カジポンのプロフィール
カジポン作・ド真剣純文学
若者の悩みQ&A

カジポンの『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック』
過去のオフ会、その他おもな活動
※【 ピック・アップ・コーナー 】にGO!

“時代に合わない”から憲法を変えるのではなく、憲法がうたう理想の方に時代を変えていかなくちゃならない。非戦を誓った憲法は国民が目指すべき旗。旗を降ろしたときに理想は遠ざかる。僕はこの旗を掲げてきた日本という国が好きだ。

          
【ジョジョラーMAP】(2013.4.21-)              【墓マイラーMAP】(2013.7.5-)
【旗はリアルタイム】★左の地球儀はジョジョコーナー閲覧者/★右の地球儀は墓巡礼コーナー閲覧者/★両方に表示されている人はこのトップを見ている人です


   残月徒然日記(最新文芸情報) ★ほっこり更新!日々前進!笑門福来!★



『ハチョ〜ッ!皆様の御訪問をお待ちしておりました〜ッ!ガルルルル…
(体調やペース配分を考えて、ごゆっくりどうぞ)』


 ダウンロードして使ってネ♪ ヤフーニュースで管理人紹介(2016)  サイト紹介記事(2007)
 

※公文書改ざんをはじめ、時事問題は新情報が次々と出てきて日記の更新が追いつかない。僕が注目しているニュースはツイッターの方でどんどん流しているので、よろしければフォローして頂けると有難いです。r(^_^;)
−−−−−−−−−

●7月20日…墓マイラー講演で週末に鳥取倉吉に行きます。無料なので、近郊でお時間のある方は是非。
日時 7月22日(日)
場所 倉吉未来中心2階セミナールーム3
時間 10:00-12:00
参加費 無料
主催 鳥取県中部石工組合
墓石の勧誘 ありません!
講演テーマ 墓マイラーからのメッセージ“お墓は人生そのもの”

//次回のサイト更新は7/23になります。

●7月19日…日本にカジノはいらん!今でさえ、パチンコ・パチスロ中毒で苦しんでいるギャンブル依存症患者が320万人もいるのに、これ以上悲惨な状況を生み出さないでくれ。担当大臣の公明党、石井国土交通相、あなたに言ってます。「依存症対策でカジノの入場は週3回まで」とのことだけど、週に3回もカジノに行く状態を中毒って言うんです。

新法ではカジノ事業者に貸金業の許可を与えるとのこと。カジノで負けが込んだら、それを取り返そうとしてその場で借金してまた負けるという地獄になるのは、火を見るよりも明らか。自治体推計では入場者の8割が日本人。“地域社会の振興”というけど、誰かが負けて不幸になった金が移動しているだけで、それを経済成長にカウントする感覚が異常。創価学会にはカジノ反対の声も多いと聞く。なんとか止められないのか。

刑法第185条「賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する」

プロ野球選手も力士も、賭博汚染で大問題になったばかり。賭博はダメと言いながら、カジノだけ特例って筋が通らない。カジノは公営ではなく民間業者。私企業が儲けるためのギャンブルをなぜ認可する?しかもアメリカの外資が参入してくる。日本人の負けたお金は外国へ。そんな方向に日本を進ませたくない。

//議員の平均給与は2200万円プラス様々な経費上乗せで年間約4400万円に達する。それゆえ、自民は公約で「身を切る改革」として「議員定数削減」を掲げてきた。ところが、参院で真逆となる「定数6増」が可決された。日本の憲政史上、参院の定数が増えたのは、過去に沖縄本土復帰に伴う2増以外、一度も例がない。それほどの方針転換。しかも今回悪質なのは、「得票数に関係なく優先的に当選できる特定枠」を比例区に新設したことだ。まさに焼け太り。
昨日の参院本会議の投票では、自民の船田議員が造反し、採決が始まると議場から抗議の退出を行う気骨を見せた。そして船田議員は「多くの政党が反対する中での採決であり拙速のそしりを免れません。理由のいかんを問わず定数増は国民に理解されるものではありません」と声明を出した。一方、小泉進次郎議員は前日まで「国民をなめてはいけない」と言っていたのに、結局は賛成票を入れた。余計にその差が際立った。船田議員、あなたに首相になってほしい。

  退出前、怒りの自民・船田議員

  首相の横を通って議場から出て行く

●7月18日…1854年生まれのチェコのヤナーチェクのピアノ・ソナタ『1905年10月1日 街頭にて』(13分)を聴き、胸を鷲づかみにされた。作曲当時、チェコは「オーストリア=ハンガリー帝国」統治下にあった。第2の都市ブルノで、チェコ人のための大学創立を求める住民の集会があり、これに反対する支配層のドイツ系住民が集会の解散を求めて軍の出動を要請、大学設立を請願していた20歳の労働者フランティシェーク・パヴリークが軍の銃剣で殺害される事件が起きた。激怒したヤナーチェクはピアノソナタ『1905年10月1日 街頭にて』を作曲し、青年の魂を追悼した。第1楽章「予感」、第2楽章「死(悲歌)」。ヤナーチェクは楽譜の冒頭に次の言葉を添えた。「ブルノの芸術会館の白い大理石の階段。庶民の労働者フランティシェク・パヴリークは倒れ、血に染まった。彼は大学の設立を求めただけなのに、残酷な殺人者によって殺された」。社会的メッセージを持つピアノ・ソナタはあまりない。

ヤナーチェクの『弦楽のための牧歌』(5分41秒)も透明感がたまらない。YouTubeの画像が雪景色なので納涼にも良いかと。

/う〜む、チェコの作曲家ヤナーチェクの墓石に彫られている楽譜、これは一体何の曲でしょう?歌詞が書いてあるのでオペラか歌曲のよう。遺言でオペラ『利口な女狐の物語』のラストシーンの歌(森の中の生命大循環に歓喜する歌)を葬儀で演奏することを願ったから、その曲なのかな?チェコ語で彫ってあるので謎…。リンク先に拡大画像を貼っています。音符から曲名がお分かりになられた方、メールで連絡を頂けると助かります!

 

//猛暑になってあまり蚊に刺されないと思っていたら、蚊は35度以上だと活動を停止するとの記事が出ていた。道理でなぁ。

●7月17日…古来より、人間は2度死ぬと言われている。1度目は肉体の死、2度目は忘れ去られるという死。この春公開された上半期のマイベスト・ムービー、ピクサーアニメ『リメンバー・ミー』(予告編/amazon)が明日早くもレンタル解禁!メキシコのお盆を舞台に、記憶からも消える第2の死をテーマに胸に迫る物語が展開、必見です!サントラも買いました!
※だが、販売元ディズニーよ、なぜゆえ同時上映の傑作短編『アナと雪の女王/家族の思い出』をセル盤の特典映像に付けないのか!今までずっとミニムービーはおまけ映像として本編DVDに入れてたじゃないか。アナ雪はキラーコンテンツだから、別々に販売した方が儲かると?夢を売るディズニーがこんなセコイことをするとは企業イメージ最悪!プンスカ。

●7月16日…先日(7/2)にオンエアされたNHKアニメ『ピアノの森』の最終回(第一期)、なんとも贅沢な時間だった。30分間、ほぼすべてショパン演奏。最終回で主人公の一ノ瀬海君が弾いた楽曲は「エチュード第1番作品10-1」「エチュード第2番作品10-2」「ノクターン第3番作品9-3」「ワルツ第8番作品64-3」「ワルツ第7番作品64-2」「ワルツ第6番“小犬のワルツ”作品64-1」「バラード第4番作品52」「前奏曲作品28-13」「前奏曲“雨だれ”作品28-15」「前奏曲作品28-16」「前奏曲作品28-23」「前奏曲作品28-24」の全12曲!各曲抜粋とはいえ至福の極み。アニメなのに音楽と指の動きが一致しているのも画期的。約200年前の曲がアニメで甦る。第二期の放送は来年1月!予告編でショパンのお墓が映って思わず椅子から立ち上がったわ。

アニメの主題曲になっている「エチュード第1番」、辻井伸行さんは前から好きだったけど、今年二十歳の山ア亮汰君も凄い。5月初旬の日記で紹介した以下の動画は当時16歳!!

・山ア亮汰(1998年生まれ) 「エチュード第1番」 ※ピティナ・ピアノコンペティションで優勝、予選参加者3万人のトップ。
・辻井伸行(1988年生まれ) 「12のエチュード」 ※4年に一度開催されるヴァン・クライバーン国際コンクール優勝。動画はパリのライブ。

●7月15日…今年最も共感したツイート。
菅野完事務所@officeSugano
→サッカーを政治利用するなとか、音楽を政治利用するなとか、いろんなことを政治利用するのにウルサイ人、ぜひとも、「宗教を政治利用するな」って言ってみてくださいよ。我が国で、今最も、非政治分野の事象なのに政治利用されてるのって、宗教なんですから。

●7月14日…命の危険を感じる酷暑になってきた。太陽は自重を。

●7月13日…『西郷どん』、幕末の動乱期に入り、役者さんの年齢も役柄の実年齢と近づいて来た。小栗旬の龍馬は明るくていいね。

〔1864年〕
西郷隆盛 36歳    鈴木亮平 35歳
大久保利通 34歳  瑛太 35歳
坂本龍馬 28歳    小栗旬 35歳
勝海舟 41歳      遠藤憲一 57歳
島津久光 47歳    青木崇高 38歳
岩倉具視 39歳    笑福亭鶴瓶 66歳
徳川慶喜 27歳    松田翔太 32歳
桂小五郎 31歳    玉山鉄二 38歳

●7月12日…“地平線の彼方”という言葉がある。とても広くて遠いイメージだけど、実は目線の高さで見ている地平線までは約4キロしかない。歩いて1時間で行ける距離だ。それなのに、地平線や水平線はあんなに遠方に見える。
『東海道中膝栗毛』で弥次さん喜多さんの2人が歩いた江戸日本橋から京都三条大橋までは約500キロ、つまり2人は125回も地平線に達している。

地球の直径は4万キロもある。墓巡礼で米国や豪州の平原をレンタカーで走っていると、同じ様な風景がずっと続く土地では、その広さを身をもって実感する。1日走っても景色が変わらないとか。

それだけに人間の身体に驚嘆する。僕らの体内に張り巡らされた毛細血管の太さは髪の毛の10分の1という超極細。この毛細血管の長さは10万キロもある。え〜と、地球の直径は4万キロだから…そう、地球2周半に匹敵する。あり得んだろ、この小さな身体の中に10万キロという、とんでもない長さのものが収まっているなんて。

でも、それとは比較にならないものがまだある。細胞の核の中にあるDNAだ。細い糸状のらせん型になっているDNAは、太さが0.000001ミリしかない(髪の毛は0.8ミリ)。これを伸ばして繋げると、一つの細胞のDNAだけで2メートルになる。
ヒトの細胞は最新学説だと37兆個。つまり2mX37兆=74兆m。これは740億kmであり、地球と太陽の距離(約1億5千万キロ)の約500倍(493倍)に相当する。さらに比較すると、火星と太陽の距離の約321倍、木星と太陽の距離の約10倍!
っていうか、太陽系の直径366億km(ボイジャー1号が太陽系を離脱した場所を半径として×2)の約2倍だ!!

「この中に太陽系を超えるものが入ってるだと!?」。腕をクロスさせて自分で自分の身体をギュッとして、なんとなくそのスケールを確認してみたが、DNAの“太陽系の2倍”どころか、毛細血管の“地球2周半”もまったく実感できず、ちっぽけなカジポンがそこにいるだけ。ただただ首を傾げるばかり。自然界にはいろんな不思議な現象があるけれど、これこそが一番の信じ難いことです。

●7月11日…哲学者ショーペンハウエルのこの言葉は、民族に優劣をつけて分断を煽る世界中の民族派右翼・保守原理主義者に聞かせたい。
「誇りの中でも最も安っぽいのは民族的な誇りである。民族的な誇りのこびりついた人間には、誇るに足る個人の特性が不足している。個人の特性が不足していなければ、何もわざわざ自分を含めた幾百万の人間が共通に備えている要素に訴えるはずがない」

//第一次世界大戦後に国際連盟創設に尽力したウッドロー・ウィルソン大統領は、当のアメリカ議会に国際連盟加入を断られるという悲しみを味わった。だがウィルソンのこの言葉は不滅だ。
「いつの日にか敗れるような主張で勝つよりは、いつか必ず勝つような主張で敗れる方がよい」

//朝ドラ『半分、青い。』にシンプルながら良い言葉が。
→「僕は、遅いかもしれない。でも、走ろうと思う。」

●7月10日…NHK『あさイチ』によると、人体には塩分が必要なので、熱中症対策として麦茶ばかり飲んでいると、薄まった体内塩分濃度を元に戻そうとして、さらに水分が体外に出てしまうとのこと。その意味でもスポーツドリンクが最適。家庭でも作ることでき、水1リットルに砂糖40g、塩3グラムを入れると完成。砂糖40gというとけっこう多いけど、砂糖は水分と塩分の吸収をよくするんだって。冷やして飲もう。

●7月9日…この猛暑の中、豪雨の被災地は断水が続いている。停電で冷房が使えないうえ、断水とあっては熱中症の危険が。政府は全力で支援を。

//映画『砂の器』、大河『風と雲と虹と』、ドラマ『大岡越前』ほか、存在感のある演技で魅了した名優・加藤剛さんが他界。享年80。亡くなられたのは6月18日というから20日ほど伏せての訃報発表となった。加藤さんは7歳で敗戦を迎えた。「(俳優活動の)根底ではいつも、大きく言えば人類の平和、世界平和を目指しています」。

  射抜くような眼力のある役者さんでした

●7月8日…西日本の豪雨災害、まさか台風が過ぎた後に、100人以上というこれほど多くの犠牲者が出るとは…。亡くなられた方を悼むと共に、行方不明者が一刻も早く見つかることを祈っています。夜通しで救助にあたっておられる警察、自衛隊、消防、被災自治体職員の方々に心からの感謝と敬意を。

●7月7日…ウチのサイトは文字が多く、広告が入ると読みにくくなってしまうし、文章の独立性を保つ意味でも、やせ我慢に近い“美学”のために過去19年間すべての広告依頼を断っています。とはいえ、せめて維持費の何割かがサイトから入ってくれば助かるのが本音…。
読者の皆さんの中にはエールの意味で当サイトからアマゾンを利用して下さっている方もおられるかと思います。2つの大容量サーバー、独自ドメイン、転送サービスなど、サイト維持費(15万弱)の約4〜6割をアマゾン還元金に助けられているのですが、 購入者がこちらでは分からないため、せめて高額商品の品名だけでも感謝を込めて報告させて頂きます。
※当ページの検索BOXから購入して頂くと、ひとつの商品につき0.5〜8%の還元金(上限千円)が、アマゾンより管理人に入ります。

2017年度 高額利用リスト】年間トップ10
(1)パナソニック・ノートPC
(2)Dell デスクトップPC
(3)EPSON インクジェットプリンター
(4)SONY デジカメ DSC-WX500
(5)モニター ディスプレイ
(6)iPad Air 2
(7)Nikon 一眼レフ D5300
(8)ZEPPELIN 腕時計
(9)Amazonギフト券
(10)ライトニング マックィーン(ラジコン)
以下30位まで、ネットワークHDD、熟成黒にんにく×6、エプソン写真用紙×4、エクセル統計、LEDシーリングライト8畳&12畳、シンセサイザー、自転車(アルファロメオ)、ホシ隈笹エキス、JVC ビデオカメラ、スチームオーブン、低反発ふとん、HP Stream(ノートPC)、ネフスピール白木(積木)、パナソニック・コンポ、ONKYOプリメインアンプ、『ウルトラマンオーブ2』BOX、『ウルトラマンジード』BOX。ここまで定価2万以上になります。
以降1万円以上は順不同で、ブルーレイ『この世界の片隅に』、『クロード・ランズマンBOX(ホロコースト映画)』、『君の名は。』、『初音ミクDIVA』、『ウルトラマンパワード』、『ウルトラマンG』、ロータスの伝説LP(サンタナ)、iPod nano、ワイヤレスホン、nasne、5連電灯、シルクパジャマ、頭蓋骨分解キット(理科用?)、モバイルルーター、7種再生プレーヤー、Teclast X80(液晶)、ランニングGPS、サイクロン掃除機、ビジネスバッグ、カメラレンズ、CDプレーヤー、ドアホン、電話機、加湿空気清浄機、衣類乾燥除湿機、水蒸気オーブンレンジ、トースター、抱っこひも、電動歯ブラシ、シェーバー、メッセンジャーバッグ、Office 365、ORIENT腕時計、防毒マスク、ネックレス、ヘアソープ、軽井沢ビール。


そして最新の【2018年度上半期 高額利用リスト】
(1)高級スーツケース
(2)ミラーレスNikon1 J5
(3)ロボット型クリーナー
(4)Adobe Acrobat Standard
(5)エプソン写真用紙×4
(6)真空保温調理器
(7)RICOH 防水デジカメ
(8)ホシ隈笹エキス
(9)沸騰浄水コーヒーメーカー
(10)ウルトラマンジードBOX II
ドライブレコーダー、メタルシャープナー。ここまで2万円以上です。以降1万円以上は順不同で、『劇場版Fate/stay night』、『ウルトラマンネオス』、『幻のモカンボ”セッション 守安祥太郎に捧ぐ』、象印加湿器、ニンテンドー2DS、nasne、電子書籍リーダー、腕時計BABY-G、シーリングライト、デスク・ライト、インターホン、1人用テント、ソフトコンタクト、シェーバー、マルチ斧、「Paul McCartney: Chord Songbook Collection Wings」(洋書P・マッカートニーがビートルズ脱退後に書いた172曲の歌詞とコード)

以上、記入漏れがあれば申し訳ありません。当サイトのアマゾン検索BOXを利用して頂いたすべての皆さん、本当に有難うございました!

※何年も前から、ウルトラマン・シリーズのブルーレイBOXが出るたびに、ずっと当サイトから買って下さっている方がおられます。ご利用、感謝×感謝です。
※カメラマニアの方も、価格コムではなくあえて当サイトでのお買い求め、まっこと有難うございます。
※今回の商品で一番驚いたのは2万以上もする鉛筆削りと、1万6千円の電動歯ブラシです。世の中にこんな高価な鉛筆削りや歯ブラシがあったのかと!
※これはガチですが、サイト訪問者数はそんなに変わっていないのに、アマゾンの報酬は減り続け、5、6年前の半分以下になる月も…。やはり好景気は一部の人だけで、多くの人は実質賃金が下がってダメージを受けていると数字から実感。単価の安いものが売れる傾向が強まっています。

●7月6日…『手塚治虫のマンガの描き方/講談社』(P.231)に手塚先生の素晴らしい言葉が。
「漫画を描く上でこれだけは絶対に守らねばならぬことがある。それは基本的人権だ。どんなに痛烈な、どぎつい問題を訴えてもいいのだが、基本的人権だけは、断じて茶化してはならない。
一、戦争や災害の犠牲者をからかうようなこと。
一、特定の職業を見くだすようなこと。

一、民族や、国民、そして大衆をばかにするようなこと。
この三つだけは、どんな場合にどんなマンガを描こうと、必ず守ってもらいたい。これは、プロと、アマチュアと、はじめてマンガを描く人を問わずである。これをおかすようなマンガがもしあったときは、描き手側からも、読者からも、注意しあうようにしたいものです。」
…マンガをヘイトに使うな、注意しあおうと手塚先生。これは約40年前、1977年に書かれた警鐘。漫画家だけでなく、ヘイト本にたずさわる出版社や編集者にもこの言葉を聞かせたい。

/『手塚治虫のマンガの描き方』を出した講談社は、昨年、ケント・ギルバート氏が書いた中国人や韓国人への憎悪を煽る悪質なヘイト本『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』を出している。ギルバート氏は同書の中で、韓国人を民族丸ごとひとくくりにして〈「禽獣以下」の社会道徳や公共心しか持たない〉〈彼らは息をするように嘘をつきます〉と嘲笑。
この本の“トンデモ本”っぷりは、保守派からも批判が出ており、特に古谷経衡(つねひら)氏は「肝心の儒教の説明はほとんどなく、高校レベルの歴史知識も怪しい。まるで平行世界の中韓の話で、トンデモ陰謀論が並ぶ」とバッサリ。古谷氏のこちらのコラムは1人でも多くの方に読んでほしい内容。ギルバート氏のヘイト本は50万部のベストセラーになっており、周囲で読んでいる人がいると思う。古谷氏のコラムに目を通しておけば、「なんかね、事実誤認があるみたいだよ」とソフトに指摘できます。

/大手の講談社がヘイトデマに加担したことはとても深刻であり、社員からも嘆きの声があがっている。講談社でマンガ編集を担当している社員が労組会報に寄せた意見。→
〈私は、この本(ケント本)の存在を、書店、そしてネット上のレビューで見たときに、本当に目の前が真っ暗になるほどの絶望を感じました。このタイトルをタイピングするだけでも手が震えるほどの嫌悪を感じます。まさか講談社から、このような差別扇動本が堂々と出版されるとは想像もしていませんでした。〉
〈初版の帯には、「彼らは日本人とは別物です」と書いてありました。講談社には、中国人も韓国人も正社員として在籍していますが、日本人社員とは「別物」なのでしょうか?(略)差別を意図していないとおっしゃるかもしれません。では、何を意図して、特定の民族を指して「別物」「悲劇」と書くのでしょうか?「我々日本人」とは「別の生き物」と見なした相手を「人間」と感じられますか? 薄笑いで「悲劇」だと切った相手を、見下さずに対等な人間だと感じていますか? 私は「これを読んだ読者の心に何が残るのか?」と、考えながら漫画を作っていましたが、この本の読者の心に「何」が残るのか、本当に真剣に考えてください。〉
〈(ヘイト出版社で知られる)晋遊舎や青林堂ではなく、「講談社」からこの本が出版され、宣伝されているという事実を重く受け止めています。日本最大規模であり、世界有数の規模であり、海外にもコンテンツを売っている「一流出版社」が、差別本を出すことで社会に与える影響を真剣に考えてください。〉
〈講談社が(民族虐殺を引き起こした)ルワンダの「千の丘ラジオ」になるようなことは、絶対にやめてください。我々はそのような事態を起こさないために、文化を作っているはずです。私はそう信じていますし、講談社はそうあるべきだと期待しています。〉※リテラ記事から引用

僕はここに「千の丘ラジオ」が出てきたことに驚いた。海外の差別問題に関心がある人は知っているけど、多くの日本人は「千の丘ラジオ」を知らない。1994年のルワンダ大虐殺では、多数派のフツ族系のラジオ局「千の丘」が、「少数派ツチ族はゴキブリだ」「カマやナタを用意しろ」と民族憎悪を扇動するキャンペーンを行なった。その結果、わずか3カ月の間に約80万人のツチ族が隣人のフツ族に虐殺された。念を押すけど、この人類史上最悪レベルの虐殺(軍隊による虐殺ではなく、市民による刃物での虐殺という点でも、3カ月という短期間の苛烈さでも異例)は、19世紀や世界大戦前のことじゃない、1994年、つい最近のことだ。人間は憎悪差別扇動に弱い。だからこそ、その動きには最大限の注意が必要だ。

//読者の皆さんにロシア語が分かる方がおられましたら、最後のロシア皇帝ニコライ2世の墓所にあった白い石碑に刻まれた文字を翻訳&メールを頂けると助かります!この石碑は墓石なのでしょうか、それとも記念碑なのでしょうか。ロシア語=キリル文字はほんっと難しいです…。

//ジョジョアニメ第5部のPVが公開(53秒)された!めっさスタイリッシュ。ナランチャが動いている姿を見て目頭が熱くなった。はよう10月こい!

●7月5日…昨日の伊藤詩織さんについての日記に補足。近代司法では「疑わしきは罰せず」が大原則であるため、検察審査会が証拠不十分で山口氏を不起訴にした以上、日記で山口氏を加害者のように書くのはおかしい、そう違和感を持つ人がいると思う。「疑わしきは罰せず」、この価値観は僕も尊重したい。それでも詩織さんの視点を重視するのは、昨秋、外国特派員協会での会見を中心に次のことが示されたからだ。

【事件の経緯】
(1)2015年4月3日、首相夫妻に最も近いジャーナリスト・山口敬之氏(当時49歳)が、ジャーナリスト志望の伊藤詩織さん(当時25歳)に「就職の相談にのる」と食事に誘う。詩織さんは酒に強くワイン3本をあけても平気なのに、この日は瓶ビール2本をシェアし、グラスワインを1杯飲んだだけで記憶が途切れ始め、突然、意識を失う。
(2)タクシー運転手の証言→詩織さんはモウロウとしながら、「駅で降ろしてほしい」と繰り返し言っていたが、ホテルに連れて行かれた。
(3)タクシーを降りた後、ホテルに引きずられていく姿が防犯カメラに映っているのを後日警察が確認。
(4)詩織さんが激しい痛みで目が覚めると、裸の山口氏が覆いかぶさり、避妊もせず性交していた。必死で抵抗すると山口氏から「合格だよ」「下着だけでもお土産に持って帰っていいかな」と告げられた。
(5)詩織さんは“山口氏と対立すると業界で生きていけなくなる”と悩むが、“自分の気持ちに嘘をついてはジャーナリストと名乗れない”と性被害を訴える決断をする。病院、レイプ救援センター、警察に助けを求めたが当初はどこも助けてくれなかった。
(6)やがて警察が、ホテルの防犯カメラ、DNAの検査結果、タクシーの運転手やホテルの従業員の証言などを捜査して、裁判所から逮捕状が出された。
(7)2016年6月8日、詩織さんに捜査員から電話があり「今から成田空港で飛行機から降りてくる山口氏を逮捕する」と報告。
(8)空港では逮捕状を持って捜査員が待機していたが、まさに逮捕せんとするその直前に上層部から命令があり、逮捕は中止になった。茫然とする捜査員。逮捕状が出ているのに、直前で逮捕が取りやめになった前例はないという。翌月、東京地検は山口氏を嫌疑不十分で不起訴に。
その後、中止命令を出したのは当時警視庁本部の刑事部長だった中村格(いたる)氏と判明。中村氏は管官房長官の元秘書官であり、官邸に極めて近い人物。その後、共謀罪摘発を統括する警察庁組織犯罪対策部長を経て、現在は大臣官房統括審議官に大出世しており、官邸から絶大な信頼を得ている。
(9)2017年5月、検察が山口氏を起訴しないため、詩織さんは必要資料や証言等を集めて検察審査会に訴える。一方、山口氏がフェイスブックでレイプを否定し、その投稿に安倍昭恵首相夫人が「いいね!」をつける。
(10)検察審査会の場には、申立人が事情を聞かれることがあり、証人や申立人の代理が呼ばれることもある。ところが、このケースでは詩織さんも弁護士も検察審査会に呼ばれることはなく、2017年9月に「不起訴」という議決が出た後も、なぜ不起訴にしたのか内容の具体的な説明がなかった。
(11)詩織さんが申し立てを行った際、特に強く要望したのは、タクシーから抱えられるように降ろされ、ホテルに引きずられていく防犯カメラの映像を、静止画ではなく、動画で審査員に見てもらうことだった。だが、動画として証拠が提出されたのかどうかさえもわからない。
(12)議決後、検察審査会あてに質問状を出したが、検察審査会法26条「検察審査会議は、これを公開しない」を根拠に無回答。
(13)審査員の男女比は男性が7名、女性が4名で男性が約2倍。性被害のような事例は男女比を半々に近づけるべきではないか。
(14)その後、詩織さんは中村格氏に、「当日になって逮捕を止めた理由についてうかがいたい」と何度も取材を申し入れているが回答なし。
(15)昨年7月から改正刑法が施行されたが、暴行脅迫要件は緩和されなかった。被害者が抵抗できないほどの脅迫があったと証明できなければ罪に問われにくい現状は変わっていない。レイプ被害者の7割がフリーズ状態に陥るという調査結果が出ており、刑法が実態を反映していない。
(16)2018年6月、日本の大手メディアが事件を黙殺(新潮のみ詳細掲載)するなか、英国BBCが詩織さんを取材した約1時間のドキュメンタリーを放映、反響を呼ぶ。

--さらには検察審査会が補助弁護士の立会いなしに議決を行ったのではないかとの疑惑が出ている。検察審査会が詩織さんの証言を直接聞いていないなど、これらすべての経緯を踏まえて、僕は中立ではない立場をとっています。ただ、「疑わしきは罰せず」の大原則も大切と思っているので、正直そこは葛藤があります…。
若い女性が顔を出して名前を公表することに、どれほど勇気が必要か。山口氏も無実と思っているなら、身内に向けたフェイスブックに言い分を書かず、堂々と記者会見を開けばいい。

外国特派員協会での会見を取材した仏フィガロ紙の記者は、この件で日本の女性数名と話をしたときに、詩織さんへのシンパシーがあまりないということに非常に驚いていた。欧米では被害女性を支援するための大規模デモが起きる。その記者は、慰安婦問題についても日本の女性のなかではシンパシーがあまりないと見えることがあると指摘している。日本の男性自身が変わっていかねばならぬのは大前提として、数万の女性デモが国会前に集まれば加速度的に被害者保護の法改正が進むと思うし、もう変えていかないと。

//西日本、記録的豪雨のおそれ。大阪も延々と雨が降っている。山間部の方、川沿いの方、お気をつけください。北海道も深刻なレベルの長雨に。

//本日20時からジョジョ5部アニメ「黄金の風」のジャパンプレミアをYouTubeで生中継

●7月4日…NHKBS1には『BS世界のドキュメンタリー』、Eテレには『ドキュランドへ ようこそ!』という海外の秀作ドキュメンタリーを放送する番組がある。両番組にお願いしたい。先月末に英国BBCがオンエアして世界的に反響を呼んでいる『Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)』の日本語版を是非放送してほしい!
安倍首相の伝記を書いた官邸お抱えジャーナリスト・山口敬之氏に対して、ジャーナリスト・伊藤詩織さんへの強姦の逮捕令状が出たにもかかわらず、警視庁上層部の指示で急遽逮捕が見送られた事件。山口氏は「彼女は泥酔していて」と弁明しているが、詩織さんは「少ししか飲んでいないのに昏倒したのは薬物のせい」と否定、何よりも「泥酔していた」相手に同意なしに行為に及んだのだから、この時点でレイプ。不起訴にした検察審査会の判断は理解に苦しむ。暴力や脅迫があったと証明しなければ日本では強姦とは認められにくいが、性暴力の被害者の多くが実際には恐怖で身がすくんで抵抗できず、助けを呼ぶこともできない。それゆえ、欧米では合意のない性行為はたとえ知人相手でも強姦なのだという考えが常識となりつつある。

ネットの誹謗中傷

女性国会議員(自民・杉田水脈議員)が、性被害者の女性に「落ち度」があったと叩き、加害者の男性(山口敬之氏)を擁護し、さらには女性漫画家(はすみとしこ氏)が被害者女性を「枕営業大失敗」と侮辱する絵を描き、カメラの前でみんなで嘲笑する。その様子を英国BBCが放送。何もかも地獄すぎる。

悪夢としか

英紙ガーディアンの評「Japan's Secret Shameは、見るのがとても大変なドキュメンタリーだ。痛ましく、不愉快で、動揺させられる。このドキュメンタリーはそれに加えて、勇敢で必要な、極めて重要な作品だ。プロデューサー兼監督のエリカ・ジェンキン氏が、細心の注意と静かな怒りを込めて作ったもので、女性への暴力や構造的な不平等、差別といった大きな話題を、もっと小規模で個人的な物語に焦点を当てて描いている」
アイルランドのルーシー・ホワイトさん「私の『ぜったい行きたい』リストから、日本はいきなり外れてしまった。#JapansSecretShameを見ているけど、性的暴行を軽くあしらう態度にぞっとしている。警察に女性は8%しかいなくて、強姦被害者が訴え出ると、等身大の人形で事件を再現しなくてはならない」
アイルランドのシネイド・スミスさん「#JapansSecretShameを見ている。ショックだし、ものすごく心が痛い。何がいやだって、女性が女性を攻撃してること。被害者を支えるんじゃなくて、女性が彼女を責めてる…。犯罪を犯した男を責めなさいよ!」

byツイッター
安倍昭恵首相夫人は、山口氏がフェイスブックに書いた弁明(セカンドレイプ)に「いいね!」ボタンを押している。これもまた首相案件だ。

兵頭正俊@hyodo_masatoshi→「なぜ伊藤詩織は外国で告発するのか」と、勘違いしたようなツイートを見受けます。伊藤詩織は最初から日本で告発し、日本で記者会見し、日本で本も出したのですよ。彼女を外国に追い出したのは日本のメディアです。

TELECAS@TELECAS53→アベ友・山口敬之の性被害者、伊藤詩織さんが製作したドキュメンタリー作品『孤独な死』が2018年ニューヨークフェスティバルで銀賞を受賞。しかし、これを伝える報道は一切なし。

●7月3日…タイの洞窟で行方不明になっていた子ども達、10日ぶりに生存が確認されて本当に良かった!13人全員が生存。発見したのはイギリス捜索隊。真っ暗闇で方向も分からず、食糧も乏しいなか良く頑張った。水没区域が多くまだすぐには出られないとのこと、早く家族と再会できますように。

●7月2日…W杯、身長190cm級の強豪ベルギー相手に日本代表は2得点を挙げて3−2。乾選手のロングシュートが決まった時は、“ひょっとしてこのまま行けるのでは”と思ったんだけど、さすが世界ランク3位だわ、カウンターが速いのなんの。日本はベスト8に進めなかったけど、よくやったと思う。こうなりゃベルギーには優勝して欲しいね。胸を張って帰国を!

//映画『ハン・ソロ』、駄作ではないけど、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』にしろ『レディ・プレイヤー1』にしろ、近作SF映画がめっちゃ面白かったので、どうしても見劣りしてしまう。前半の列車強盗はカーブのシーンでヴィジュアル的に「おお〜」ってなったけど。ボスの正体に驚いたが、だったらもっと積極的に使えばいいのに。同じスピンオフでも『ローグ・ワン』のダース・ベイダーは凄まじいインパクトがあったもんなぁ。ハンがチューイの言葉を喋れるのは面白かった。

//新『銀英伝』、まさか続きが劇場版三部作とは。大スクリーンで観る艦隊戦は見応えありそう。

●7月1日…大阪は今年最初のセミの声。夏来たる。ここ15年ほど毎年“初セミDay”を記録しているけど、7/1というのは初めて。2012年は7/16、他は7/10前後。長い夏になりそう。

●6月30日…『音楽の友7月号』に「世界音楽家巡礼記16」を書いています。今号はフォスター、ガーシュウィン、バーンスタインという米国各時代の作曲家の墓参。共通するのは弱者への共感。黒人奴隷解放前に黒人農夫の心情を歌ったフォスター、歌手がオール黒人のオペラを書いたガーシュウィン、反戦運動に参加しベトナム戦争に反対の演説をしたバーンスタイン。敬意を表します。

●6月29日…明日土曜13:05からNHK『西郷どん(24)地の果てにて』再放送。藩命に逆らい2度目の島流しになった西郷。当時の地の果て沖永良部島の海辺で、吹きさらしの独房(鳥籠みたいな檻)に押し込められ、死ぬのを待つ状態に。このズタボロの男がここからわずか6年で幕府を倒すとは。実話だけに圧巻!

//ワールドカップのどさくさにまぎれて「働き方改革法」が可決。過労死遺族が“過労死促進法”と、座り込みまでして抗議したのを完全無視。

●6月28日…サッカー日本代表、決勝トーナメント進出、2大会ぶりのベスト16!最後の10分、NHKでやってたコロンビアVSセネガルとチャンネルを交互に変えながらのドキハラ・タイム、心臓に悪かった。かつてW杯最終予選でロスタイムに無理をしてカウンター・ゴールを決められた『ドーハの悲劇』があったため、今回パスで時間を潰すのは戦術としてアリと思い、試合終了のホイッスルが鳴ったときに拍手をした。しっかし、世界の評価がこれほどメタクソ(12)とは。「運命を他人任せにするなんて信じられない」という意見は耳が痛い。ネットには「自軍の選手の得点よりコロンビアの守備陣を信じる将って何なんだろう」というのも…。「無理をして追加点を決められ敗退>>自軍でひたすらパスをまわして勝利」、これを学んだ。次(7/3)は世界ランキング第3位のベルギー戦、61位の日本にとって57位差の強敵。歴史的熱戦で今回の外野の声を吹き飛ばしてほしい。
※初戦の日本vsコロンビアで、ハンドで退場になったコロンビア選手の生命が救われて良かった。コロンビアは過去のW杯でオウンゴールをした選手が帰国後に射殺されており、あの選手のことを心配していた。双方が勝ち進んで再戦できるといいな。

●6月27日…W杯、韓国が優勝候補の前回王者ドイツを2-0で破る歴史的勝利。スケートや卓球では強いアジア勢だが、前回ブラジル大会ではアジア勢は一勝もできなかった。今回、好調の日本と逆に絶不調だった韓国だけど、最後にアジアの意地を見せた。おめでとう!明晩の日本VSポーランドも楽しみ。23時キックオフ。

●6月26日…先日のEテレ『マイケル・サンデル白熱教室2018/移民と国境』、見応えがあった。様々な国籍・人種の20人が議論。移民受け入れに反対する声では「移民の数があまりにも多く生活水準を引き下げるおそれがある。社会保障制度を壊しかねないし、全員を受け入れるなんて現実的ではない」というものが多い。これについての議論。
「どの国に生まれつくかは“運”だ。ある者は裕福な国に生まれ、ある者は貧しい国に生まれる。それは自分の行いによって決まるのではなく“運”に過ぎない。たまたま豊かな国に生まれた人が移民は受け入れないと言う権利がそもそもあるのか」
「それを言えば、親の遺産を受け継ぐ権利もなくなる。偶然その親のもとに生まれただけなのだから。国民には国の富を移民よりも受け継ぐ権利がある」
「受け継ぐ権利?私たちの西欧社会がいま豊かなのは、その昔に植民地を持っていたから。それで得た豊かさを“自分のものだ”という正当な権利が私たちにあるのか」。
「自分には先祖が築いた富を受け継ぐ正当な権利はないと思います。過去に西欧諸国が貧しい植民地から奪った富であるなら、なおさらです」
「何かを奪われるのを恐れると、人はアイデンティティーや文化で相手を区別しようとします。でも唯一の解決策は、変化を受け入れ、状況の変化を認めることだと思います。どんな国だって誕生と滅びの歴史を繰り返してきました。古いものを守り続けようとしても破滅が待っているだけです」

「移民の受け入れに不安なのは、移民は私たちと同じ価値観や道徳を共有していない、私たちが大切にしていること、環境問題など気にも留めないから」
「では、多数派の価値観に同意する移民だけを受け入れるべきだと?」
「すべての移民を受け入れるという思想は私も素晴らしいと思います。私だってすべての人が私と同じように自然を大切にしていると思いたい」
「では、もし君の地域社会の中で、環境問題や税制や、その他の問題で意見が合わない人がいたら、彼らは排除されるべきなのだろうか。社会から追放すべき?」
「環境問題を例に出したのは社会の基本的価値と思ったからです」
「でも、自分たちの価値観に同意しない人は入れないという理屈は、同じように価値観に同意しない人々は社会から追放するという覚悟がないと成立しないのでは」
「そうですね…困りました」

愛国心とは良いものか、愛国心は克服すべき良くないものか。
「良くないものと思う。人々を“私たち”と“彼ら”という2つのグループに分断するから。愛国心や特別な帰属意識にウンザリしている。誰かを排除するのは駄目」
「国境を開放することと愛国心を持つことは両立する。ロンドンを素晴らしい都市にしている理由は多様な文化です。アメリカも多文化のお陰で偉大な国となり、長い間移民国家のモデルでした。多様な文化を国の大きな一つの文化と捉えればいいのです」
「移民は経済的にも文化的にも社会を豊かにする。移民が異なる文化を持ち込み、それが移民先の文化も豊かにする。こっちか、あっちか、文化の二者択一を迫られる必要はない
「国に国境を閉ざす権利はない。また、移民に以前の文化を捨てなさいとは言ってはいけない。むしろそれが社会をより豊かにするのだから」
「ただし、移民は文化や価値観は捨てなくていいけど、移住先のルールを理解し尊重する義務はある。違い国なんだからその国の法律は守らなきゃ」
「フランスでは“同化”をめぐって問題がたびたび起きる。バランスが難しく悩んでいる」
「新しい地域社会を創ればいいのさ。君の文化と僕の文化を持ち寄って新しい文化を創るんだ。君が君でいられて、僕が僕でいられる文化をね」
最後にNASAの宇宙開発技術者の発言「宇宙から見れば地球は小さな星に過ぎません。僕たちはみんなでうまくやっていくしかないんです」

議論を聞いて、経営者が賃金削減目的で移民推進するのは反対だけど、「生まれた場所はただの運」という言葉に同意せざるを得ず、移民希望者を断る権利はないと思った。

●6月25日…ステージ4の癌患者で、国会に参考人として呼ばれて意見を述べた日本肺がん患者連絡会・長谷川理事長(47)が、自民・穴見議員(大分一区)から「いい加減にしろ」と野次られた件。長谷川さんには喫煙歴はなく、受動喫煙の対策強化を訴えていた。参考人というのは、法案審議の参考にするために国会側が「お願いをして」わざわざ来て頂いた人。長谷川さんは闘病中の身体をおして出席したのに、「いい加減にしろ」とは…。穴見議員はファミレス「ジョイフル」(約760店舗)の創業者一族で現・代表取締役相談役。年間収入が全議員で2位になるほどジョイフルから多額の寄付を受けている。穴見議員は飲食店での喫煙規制に猛反対しており、「喫煙者を差別するなという気持ちから」野次をしてしまったとのこと。だが、そこには目の前にいるステージ4の癌患者への配慮がまったくない。
長谷川さんは「野次は3、4回はあった。他の議員は穴見議員に振り返り呆れたような感じだった。(議場は)“すごいことを言う人がいるな”という雰囲気だった。私は野次が来るというのは想定しておらずなんでだろうという思いが最初に起き、その後に、悲しいなと…」「私は喫煙者を差別しているのではなく、日常生活の上での健康の大切さを病気になって初めてわかったと伝えている。この法律(受動喫煙対策)は国民を守る法律。議員は国民を代表して決めていく方々、その責任を深く感じて仕事をまっとうして頂きたい」。
過去にも議員同士の野次は何度か問題になってきたけど、今回は一般人への議員からの野次であり、前代未聞。体調不良をおして懸命に発言している姿を見てよく暴言が吐けるなと。穴見議員は安倍首相と同じ細田派、いわゆる総裁派閥に属している。もう、派閥内の空気がユルユルなのではないか。政治家の劣化、極まれり。議員の資格なし。ほんと、「いい加減にしろ」と言いたいのはこっちの方だ。
※そもそも、長谷川さんへの野次は数回あったというのだから、議長がその場で厳重注意し、それでもやめなかったら議場の外へ強制退出させるべきだった。他の議員もなぜ「穴見さん、それはいけない」と制止しなかったのか。このあたりも国会が“学級崩壊”状態に見える所以だ。

  自民・穴見議員の野次

●6月24日…W杯の日本VSセネガル、2度も得点を先行されて追いついたのがスゴイ。高速でフィールドを駆け巡るセネガル選手を相手に、日本の選手は運動量で負けていなかった。ドリブルも良い感じ。残すはポーランド。引き分け以上で二次リーグに行ける!28日キックオフ。

●6月22日…今週末は法事で北陸に帰省。次回24日夜に更新します。

//僕の学生時代は、人体の細胞は60兆個と教科書に載っていたけど、5年ほど前から最新学説は37兆個になっていたのか。えらい大変化だな。

●6月21日…なんとぉおおお!『ジョジョアニメ第5部』『大阪JOJO展』が同時にキタァアア!ギャース!アニメ放送は秋から、大阪JOJO展は2018.11.25-2019.1.14、年明けまで!ジョジョ第5部は“生きる姿勢”を描いたもの。生きていく力と、前進する勇気を与えてくれる真に美しく力強い作品!人生は結果より過程!!

 

●6月20日…1年以上も雲隠れしていた加計学園の加計理事長が、愛媛県への嘘つき問題(「首相が獣医学部新設にいいねと言った」等)で、昨日ついに会見。だが、会見は当日の朝7時に「今日やろう!」と決まり、9時に「岡山で11時からやる」とマスコミに発表、在京メディアは岡山に間に合わず、大阪の記者は震災取材でそれどころじゃない。それでも何とか現地に着いた記者に対して、加計氏の判断は「地元記者以外は取材お断り」。なんだそれ。
加計氏の会見内容は「部下が勝手に嘘をついた」「私は無関係」と、もはや日本では風物詩となった“忖度”示唆。25分で質問を打ち切り、強制終了。安倍氏と40年来の親友で、第二次安倍政権になってから19回も食事・ゴルフを共にしているにもかかわらず、加計氏は悲願の獣医学部新設について一度も安倍氏に話したことはないという。で、行政に嘘をついた学園ナンバー2は懲戒解雇されることもなく、「半年の給与10%減額」との大甘処分。
夜7時のNHKニュースは地震、天気、サッカー他に続いて6番目に短く報道。9時のニュースはW杯でそもそも放送自体がない。翌朝7時のニュースでも一言も触れず。次は虚偽答弁に罰則のある国会証言で同じ話をして下さい。

//昨夜のサッカーW杯、強敵コロンビアをよく制した。専門家の予想は“よくて引き分け”が多かったから、大金星といえる。後半の本田選手のコーナーキック、絶妙のパスだった。それにしてもコロンビアの攻撃は速い、相手はレッドカードで10人しかいないのに、13人に見えた。次のセネガル戦は24日。セネガル、欧州得点王がいるあのポーランドに勝ったんだよなぁ。

●6月19日…今回の大阪の地震に関するツイート、いろいろ共感するものが。天災の多い国に暮らす僕らは、働き方その他もろもろ変えるときに来ていると思う。

ハッピー@Happy11311
震度5弱と5強では体感が全然違う。今回の大阪は震度6弱。震度6以上のアラートだったら会社や学校なんて行かずに避難や安全確保を第一に考えるような社会にならないと駄目なんじゃないのかなぁ…。

月見ねぎとろ@tukimi_negitoro
いつも思うけど、いい加減日本は「通勤中に災害にあったら、直ちに出社を中断し、公共交通機関の復旧の妨げにならないよう余震津波等の安全が確認されるまで最寄りの避難所等に退避」とかのルール作った方が良いのでは…。地震多い上、長距離通勤が普通なのに…無理して身動き取れなくなる一方じゃん…

全力卿@ZENRYOKUKYOU
大阪の知人に地震大丈夫?と連絡したら別の問題が新卒7人が一斉に辞めたらしく、原因は部長だとか。電車が止まり出勤できない旨を伝えたら、何が何でもこいと指示を出され、非常時に社員を守れない会社は嫌だと連名で退職届でたそうだ。
なおその事が人事部長と社長にバレて、部長の首話が出てると

佐藤正子@SATOMasako
大阪万博より学校の耐震やってくれよ…

吟味するスタンス@outdated22
日本人はどうして地震で電車止まっていても会社に行くのか。どうして雨が降ったくらいで選挙に行くのをやめるのか。

●6月18日…大阪の中北部に住んでおり、今朝の地震は本当に怖かった。立っていられないほどの強震で、阪神淡路大震災の恐怖が甦った。夜になってもガスが止まってると思ったら、ガスメーターの自動停止機能が作動していたので手動で復旧。19時になってもまだJR線は動かず。これが前震でないことを心から祈る。

●6月16日…是枝裕和監督の『万引き家族』。昨日書いた感想とは別に、話題になっている「文科大臣からの祝意辞退騒動」について所見を。
カンヌで最高賞を受賞した是枝裕和監督(56)を、林文科相が文化庁に招いて祝意を伝えようとしたところ、監督がその面会を辞退。これは林文科相が会見で明らかにした。その後、監督はブログに拒否理由を公開
映画がかつて、「国益」や「国策」と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、大げさなようですがこのような「平時」においても公権力(それが保守でもリベラルでも)とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないかと考えています」
このコメントの重要な部分は、「公権力とは潔く距離を保つ」という言葉に「それが保守でもリベラルでも」と注釈が入っていること。
是枝監督は過去に何度も安倍政権を批判してきたが、右派が政権をとれば右派と、左派が政権をとれば左派と距離を置く、そう宣言している。そこを見ずに、公権力という部分だけを抜き取って「中国・朝鮮の犬」がごとき言いようで監督をバッシングしているネット右翼の多いこと。

芸術家やジャーナリストが何か政治的な主張をおこなった際に、普段から首相に飲食・接待を受けていればどうなるか。「あいつは政権と親しいから」などと、本来注目してほしい「何を言ったか」という部分ではなく、「誰が言ったか」がクローズアップされてしまう、そのように“色眼鏡”で見られることを防ぐ為に、海外の表現者は細心の注意を払っている。例えば英国BBC放送の局員は、政治家の記者会見に出されるコーヒーさえ飲まない。ましてや会食すれば役員でさえ退職させられる。アメリカの場合は、メディアの人間が政治家と会う時は「コーヒー1杯」が上限で、それ以上の飲食は「癒着」「ジャーナリズムの腐敗」見なされる
海外の報道陣から「日本のメディアの意識は、世界で最低レベル」と言われる理由の一つが、新聞社による与党政治家への献金。コーヒー1杯どころか、マスコミの方から政治家に献金している狂気。首相と会食したことを一流と認められたかのごとく自慢気に話すワイドショーのコメンテーターは、海外だと誰にも相手にされない。過去の映画で何度もカンヌのレッドカーペットを歩いている是枝監督が、国際的なメディアのモラル(常識)に立ち、「公権力とは潔く距離を保つ」と語った言葉が、1人でも多くの日本マスコミ関係者に届くことを願っている。

/是枝監督が『万引き家族』制作に文化庁の助成金を受けていたことについて、「公権力と距離を置くなど大見得を切るなら、税金を受け取るな」と非難の声が保守の一部で上がっている。日本の文化的活動=日本映画の国際的評価に貢献しているのに、訳が分からない。各界から続々と監督擁護のツイートが上がっている。

ラサール石井@lasar141
補助金は元々国民の税金だろうが。政府のポケットマネーじゃないんだよ。

松尾 貴史@Kitsch_Matsuo
芸術家に対する補助金とは「政権の都合の良い態度を取るものにのみ支給されるべきだ」という、歪んだ奇妙な考えの市議が、それを隠しもせず自ら拡散する臆面の無さ。安倍氏や林氏のポケットマネーと勘違いしているのか。国民が納めた税金だよ。この人の給料も、市役所ではなく市民が出してやっている。

tee_B@tee_BeeK
助成金を貰ってるから政府批判できないなんてこと言い出したら、国からの交付金で成立している義務教育を受けてきた我々国民は全員政府批判できないことになり、北朝鮮みたいな国ということになりますが。

松井計@matsuikei
『万引き家族』の助成金。是枝監督に出たわけではありませんよ。同映画はCX、AOI Pro、ギャガの共同製作で、幹事社はCX。是枝監督は製作会社からのオファーに基づき、ギャランティを得て、同映画を撮ったわけですよね。なので、助成金は是枝監督に出たのではなく、製作会社に出たのですよ。今、是枝さんを〈映画を見ずに〉批判してる人は、2000万円の助成金を武器にしてるようですね。それなら心配いらないって。同作は大ヒット間違いなしなんだから。助成金は利益が出たら戻すことになってるんですよ。興行成績ベスト10に入ること、疑いようもなく、必ず、戻ってきますよ。
【管理人追記】公開わずか一週間で『万引き家族』の興行収入が10億円を突破!これは今年公開された実写邦画の中で最速。

/僕はいろんな角度から現代社会を切り取った名作が観たいから、アクション娯楽巨編と異なり、興行収入が見込めない硬派な作品こそ文化庁に支援してほしいと思ってる。その方が、多様性が生まれ文化も豊かになる。カンヌ映画祭の最高賞パルム・ドールを獲得した本作は、見事に映画芸術の振興という助成金の目的を達したものと思ってる。

●6月15日…是枝裕和監督の『万引き家族』を初日2日目に観賞。超満員。当初は「このタイトルは反発を感じこそすれ、積極的に観る気持ちにはならない」と身構えていたけど、カンヌ映画祭の審査員たちが「私たちはこの映画を抱きしめたくなった」「いわゆる『見えない人々』に声を与えた」「審査員全員が恋に落ちた」「チャーミングだが胸が張り裂ける映画」と評したことで、その理由が知りたいと俄然観たくなった。
是枝監督いわく「日本は血の繋がりを重視する傾向があり、多様な家族の形が広がらない。そんな中で、血縁にこだわらず家族になろうとする人、産んでないけど親になろうとする人の話をやってみようと思いました」。
物語が始まってすぐに分かることだから書くけど、この映画は一部ネットで言われているような「貧困を理由に万引きを擁護する映画」などではなく、近年問題になっている「児童虐待」を正面から描いている作品だった。東京の痛ましい結愛ちゃん事件があったばかりであり、この映画のリンちゃんが同じ5歳であったため、映画と現実がリンクし動悸が速くなった。「好きだから叩くなんてのは嘘。好きだったらこうするの」と抱きしめる姿や、某所での大人同士の「暖かいね」の抱擁は、言語や文化の壁を超えて世界の人々の心に響いただろう。印象的な花火のシーンや海辺の一日は、あの家族と共に特別な時間を過ごしている気がした。
安藤サクラさんは役者が演技をしているというより、役柄そのものだった。すべてのセリフが生きていた。作品の根底に流れているのは「血が繋がっていない方が絆は強い」。ここに深くは書けないけど、予告編に出てくる「捨てたんじゃない、拾ったんです」には強い説得力があった。

とはいえ、多くの人はどんなに貧しくても、犯罪だけは手を出さず真面目に生きている。日本の万引き被害額は年間4000億円以上と言われており、店舗関係者にとって万引きシーンは見るだけでも苦痛だろう。途中で車上荒らしのシーンもあり、僕はフランスで墓巡礼中にレンタカーの車上荒らしにあい、荷物を根こそぎ盗まれ、旅が中断に追い込まれ3ケタの借金が残った悪夢が蘇り、車の窓ガラスが割れるシーンは本当にキツかった。こういう観客のモヤモヤは、ほったらかしにはされず、物語の進行と共に映画の後半で解決されていく。弱者視点だからといって犯罪行為の代弁に終わらない、ある種の絶妙なバランス感覚がこの作品にはあり、そこもカンヌで評価された一因だろう。
エンドロールが終わった後も、この映画に出てきた子ども達の幸せを祈らずにいられない、そんな作品だった。
是枝監督の言葉を再掲。「日本は経済不況で階層間の両極化が進んだ。政府は貧困層を助ける代わりに失敗者として烙印を押し、貧困を個人の責任として処理している。映画の中の家族がその代表的な例だ」。
日本社会はネットの普及と共に、強者の側について社会的弱者を執拗に叩く人でいっぱいになった。一年中、毎日鉄道に飛び込み自殺がある国は世界で日本だけ。社会のセーフティネットが機能していない。どこかで国全体の雰囲気、弱者叩き路線を修正しないといけない。この映画は鑑賞後に考えさせられ、議論のきっかけとなる内容。社会やメディアが“見えないふり”をしていた人々に光を当てた是枝監督に敬意を表したい。

●6月14日…立て続けに起きている児童虐待の事件。中でも東京で殺された船戸結愛ちゃんは、朝4時に起きて書かされたひらがなノートに「ゆるしてください おねがいします」など長い文を書き残し、全文を読んで胸を押し潰されそうになった。
日本で虐待で亡くなる子どもは年に約350人、つまり毎日1人が殺されている。だが、日本の虐待防止予算の対GDP比はアメリカの「130分の1」しかなく、行政が子どもを守るために行う親権停止はドイツの「150分の1」の年間約80件(ドイツは約1万2000件)にとどまっている。予算不足を理由に児童相談所の人員を増やさず、東京では職員1人あたり120件(欧米の6倍)ものケースを担当しており、まったく人手が足りていない。一時保護所の数も不足しており、施設の老朽化も問題になっている。また、結愛ちゃんの事件では、このネット時代にあって、転居した不明児童を児童相談所はFAXで探していることが分かった。各地の児童相談所を結ぶ電子連絡網や情報データベースがないんだ。児童相談所に寄せられた虐待情報が警察と全件共有できているのは、愛知・高知・茨城の3県だけ。再発を防ぐためには若年妊娠のサポートも必要。もはや、目先の気持ち程度の予算増額ではなく、劇的に増やす必要がある。

僕らは“国家予算”と聞くと年末に国会で審議されている約98兆円の一般会計予算をイメージするけれど、実にその約4倍となる約400兆円の特別会計予算(重複計上額を除いた「純計額」は約200兆円)が組まれている。その膨大なお金が官僚の裁量で予算審議もなしに、官僚の天下り先=33の特殊法人や約2万5千もの公益法人等に補助金等の名目で湯水の如く使われている。
僕らは一般会計だけを見て、「予算不足だから仕方ない」と行政サービスを諦めているけど、国家予算の主役、本丸はあくまでも特別会計予算。僕らの税金は一般会計に歳入として納められたあと半分以上が特別会計に繰り入れられる。予算不足を理由に児童相談所の人員を増やしてこなかったこの国の政治、それを許している僕らは間接的に被害児童の加害者となっていることを自覚しないと。
「国家予算は大赤字」と言いながら軍事費や議員の給料は“聖域”として毎年のように増額し、不祥事を起こした官僚に退職金5千万円、マスコミ対策(世論操作)の官房機密費が十数億円、特殊法人・公益法人の無駄金を洗い出そうとした事業仕分けも中途半端に終わり、安倍政権下で天下りは復活。児童相談所の職員を増やすために裏予算の特別会計を削減することは、国民的同意が得られるはず。この国は、税金の使い道がおかしい
※2002年にこの特別会計予算の闇に斬り込もうとした民主党(当時)の石井紘基議員は、白昼、路上で暗殺された

●6月13日…傑作SF小説『銀河英雄伝説』が再びアニメ化。第5話で国防委員長の“愛国演説”に起立喝采しない主要キャラが、上官から「貴官はなぜ起立せぬ!」と糾弾され、こう答える「この国は自由の国です。起立したくない時に起立しなくてよい自由があるはずだ。私はその自由を行使しているだけです」。ほんと良い作品。
このセリフの後、彼は極右・憂国騎士団の襲撃を受ける。“起立しなくてよい自由”を行使しただけなのに。君が代不起立教師の処分に感じる違和感もここ。自虐史観とか公務員とか関係ない。なぜ「ああ、この人は歌わない人なんだな」で終わらず“厳罰を与えよ”になるのか。国を愛するからこそ立たぬ人もいる。
新シリーズの『銀英伝』、当初は総イケメン化に戸惑ったけど、旧版未見の人が今回の放送をきっかけに数々の名セリフと出会ってもらえると嬉しいな。今はこういうリベラル思想に貫かれたアニメは少ないし。BGM、旧作はクラシックがドハマリ。今回は意識して避けたのかな。またクラシックでもいいのにな。

●6月12日…今夜のNHK-BS『アナザーストーリーズ その時、市民は軍と闘った〜韓国の夜明け 光州事件』、永久保存版だった。泣けた。軍事独裁政権に対する、文字通り命懸けの市民の戦い。戦後の韓国は長く軍部支配が続き、権力が私欲にまみれ腐敗しても、逆らう市民には「北朝鮮のスパイ」のレッテルを貼り、ことごとく弾圧してきた。やがて市民から「選挙で大統領を選ばせろ」と声が上がり、南部の光州市が民主化運動の中心地となった。1980年5月、前年にクーデターで権力を握った軍トップの全斗煥(チョン・ドファン)が光州市に軍を派遣、民主化を求める市民たちに無差別発砲を行った。韓国には徴兵制があり、市民側も銃を扱えるため、武器庫を襲って市民軍で対抗。軍との市街戦に勝利して、いったんは光州市から軍を追い出した。だがその後、軍は大規模な包囲戦を展開し、光州市は陥落した。政府側が発表した死者数は170人(民間人144人・軍人22人・警察官4人)だが、市民側は240人が殺され409人が「行方不明」になっていると主張。これは軍が密かに市民の遺体を証拠隠滅で埋葬したからだ(番組で現場にいた元軍人が証言)。
「ここの住民を皆殺しにする気か!」 多くの市民が軍に殺害された
街を守る市民軍が結成される 1人の大学生の葬儀に100万人が参列

それから7年後、ソウル五輪を前に再び民主化運動が過熱、ソウルで行われた民主化デモの先頭で仲間を守っていた大学生が、催涙弾の水平発射で殺された(通常、催涙弾は空に向けて撃たれる)。死んだ学生は光州出身の若者で、彼は光州事件で幼い子どもまで殺された事実にショックを受けて立ち上がったのだった。その大学生は民主化運動の象徴となり、ソウルで行われた葬儀には100万人もの市民が参列した。1人の学生の追悼に100万人!もはや国民を抑圧することは不可能と判断した軍事政権は、選挙によって大統領を選ぶ直接選挙の導入を発表した。

いま韓国の人々が大統領の言動を徹底的に厳しくチェックする背景を理解。1時間の番組だけど、この番組を見た人と見ていない人では、韓国という国に対する印象が大きく異なると思う。多くの血を流しながら、命懸けで民主化させた韓国の人々、その勇気と行動力に、僕は心からの敬意をおぼえた。そして、本来は他国から国民の命を守るべき軍隊が、国民の命を奪う目的で無差別発砲する光景に絶句した。
先年、韓国のパク・クネ前大統領が身内びいきで退陣させられたとき、日本の一部保守派に「韓国の国民はヒステリック」「あんなに国民がデモするのはやりすぎ」という人がいた。それは、戦争後にアメリカから棚ぼたのように民主主義を与えてもらった日本人と、多くの流血と引き換えに民主主義を勝ち取った人々との、政治に対する責任感の差と感じた。韓国の人には「この政治腐敗を許せば、民主化運動で犠牲になった先人に申し訳ない」という思いがある。
日本のネットには韓国のことを上から目線で嘲笑する保守ブログが山ほどあり、感化されて同じように振る舞う人も多く、そういう人にこそ放送を見て欲しかった。凄いものを見た。
※再放送は6月18日23時45分からBSで。

●6月11日…史上初の米朝首脳会談。共同声明は具体的な内容に欠けるものの、昨年の軍事衝突寸前の空気を考えると、よくぞここまで状況が改善したと思う。拉致被害者の家族は高齢化が進んでおり、日本政府はこれを機に、今までのようにアメリカに交渉を依存するのではなく、自分から直談判する気合いを見せて欲しい。経済的圧力はもはや北朝鮮には効かず、米韓合同演習すら中止が語られている今、拉致被害者の奪還は話し合いしかないのだから。

//明晩21時からBSプレミアムで『アナザーストーリーズ その時、市民は軍と闘った〜韓国の夜明け 光州事件』オンエア。1980年5月18日、韓国・光州で市民と軍が衝突した。戒厳令の名の下に繰り返された軍の暴力。怒った市民は銃を奪い、バスやタクシーに乗り込んで押し寄せ市街戦となった。当時、韓国政府はその事実を隠蔽。孤立した街でいったい何が起きたのか。韓国に「民主化」の夜明けをもたらした光州事件、38年目の真実。

●6月10日…新潟知事選、野党連合は僅差での敗北。池田ちかこ候補は50万票以上を集め、ホントよく戦った。支援者の皆さん元気出して下さい。「立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足もとはおぼつかないかもしれない。けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる」(ガンジー)

//一方、首都圏で注目されていた東京・中野区の区長選挙は、立憲民主党、国民民主党、自由党、社民党が推薦する無所属の新人・酒井直人氏(46)が、自民、公明、維新の推薦を受けて5期目を目指した現職の田中氏を破り初当選。現職を4期も務めた与党候補に野党新人がやや余裕をもって勝利(約3万7千票VS約2万8千票)したのは心強い動き。

●6月9日…明日は新潟知事選挙。東電柏崎原発のお膝元であり、僕はハッキリと脱原発、情報公開、子どもの貧困対策を明言しているリベラル系の池田ちかこ候補に当選して欲しい。彼女はこの選挙期間中、「拉致被害者を侮辱した」「もうすぐ不倫報道が出る」など、様々な酷いデマに晒された。そしてそういうデマを流した人は、いまツイートを削除している。姑息すぎる。

自民・公明が推す元高級官僚の花角候補は、地元の商工会長から応援演説を受けた際、「新潟県には女性の知事は必要がない」と女性蔑視・前時代的な発言しているのを、真横に立っていながら咎めることもなく、記者がそのことを質問すると「誰の発言ですか。私、知らないのですよ」「男女の性別ではなく能力で知事を選ぶべきと言ったのではないか」と、事実を認めるどころか、内容の改ざんに近い見解を示した。加計問題で官邸訪問の記憶をなくした柳瀬元首相秘書官と同様の記憶喪失状態。
それだけではない。花角氏はツイッターで「除鮮」「支那壊滅!」叫ぶヘイト・スピーカーをフォローしているほか、応援演説に入った国会議員は「男女平等は、絶対に実現しえない反道徳の妄想」と国会で言い放った杉田水脈議員、デマを流して朝日をバッシングした和田政宗議員、森友学園の教育方針を絶賛しながら手の平返しで籠池氏を糾弾した青山繁晴議員など、これでもかというネット右翼系の議員が結集。逆に小泉進次郎議員が応援演説に来ることは最後までなかった。



●6月5日…保存したツイッターの声をテーマ別に紹介その3

★国政全般

そ@cloudgrabber
「いつまでモリカケ問題を追及するのか」って言う人に、「ところでウォーターゲート事件が発覚からニクソン辞任までどのくらい時間が経ったか知ってるか」って聞いてみたとしたら、正解率は1割にも満たないんじゃないだろうか。答えは2年2ヶ月なんだけどね。

KOMIYA Tomone@frroots
なんかもう「安倍首相以外のすべての人が嘘をついていたということになったとしても、安倍首相が嘘をついていないことになればそれでよい」みたいなことになってませんか。

弁護士 小口 幸人@oguchilaw
もうモリカケじゃないんですよ。国有地が安く払い下げられたとか、友達を不当に優遇したとかのレベルですらない。スキャンダルを逃れるために、国会で山ほど堂々と嘘がつかれ、文書の改ざんと、文書の廃棄が組織的にされた。その過程で自殺者まで出た。なぜ総理も担当大臣も責任をとらない

弁護士 太田啓子@katepanda2 ・ 5月30日
メディアが内閣に辞任を迫るメッセージを明確に出すべきだ。「野党は決め手を欠く」なんて言う態度をメディアがとることの責任はあまりに重い。もう事実は出尽くしていてあとは有権者の評価の問題。総理や麻生大臣の意味不明な弁明をダダ流すんじゃなくて「これは辞任相当」と意見つけて報じるべき局面

スカラ@kurofmarry
これだけの資料が出てきたのは森ゆうこ議員や山本太郎、辰巳孝太郎議員など野党の方々が資料室に連日行き、公僕にあるまじ官僚の篭城や抵抗にもめげずヒヤリング重ね真実を追究してくれた賜物だ。なのに横からきて今さら一緒に官僚はけしからんと言ってる与党は恥を知れと思う。本来あんたらがやる事だろ

異邦人@Beriozka1917
これからの日本は、歴史を形作る事実の積み重ねであるべき公文書が決裁後に改竄されても、起訴便宜主義を最大限悪用してくれる検察の後ろ盾により、誰一人として刑事責任を負わずともよく、責任者として将来に範を示すべき大臣さえ辞任しなくてもいい国になるのか。愛国心どころか羞恥心しか育たんわ

香山リカ@rkayama
国会中に突然、官僚たちが公文書を改ざんし始めたり、首相補佐官の記憶が消えたり戻ったり、学校法人の事務局がふと「総理と理事長は会った」と事実ではないことを言ってしまったり、もうこの国、宇宙人からの電波で操られてるとしか思えない。

mipoko@mipoko611
CSのヒトラーのドキュメント見てたら、ヒトラーはユダヤ人虐殺に自分が関与する書類は残させず、その方針は常にナチス幹部との私的な食事会で話されたと。また「やれ」とは言わず「根絶されるべきだ」などと言い、その先は部下達に考えさせ実行させたと。似たような構造の「忖度」集団あるよね。

umekichi@umekichkun
東京新聞・望月記者「300ヶ所の改ざんが罪に問われないとなると、あらゆる公文書で偽造や変造が起こり、国民が検証できなくなる。今回の様な事案が罪に問える様な公文書管理法が必要だという認識は?」ポンコツ「いずれにしろ、検察の判断」。何にも答えないなら、官房長官会見いらねぇじゃん、菅。

HOM55@HON5437
「副総理兼財務大臣」なんて大層な肩書を持ってる麻生大臣だけど、一体何をしたの?デフレ脱却できず、森友問題を収拾できず、財務省の失態はどんどん露呈するばかり。改竄発覚後に提出した文書が改竄されてたとか、もう理解できない状態に。それで責任すら取らないって、一体なんのための大臣なの?

菅野完事務所@officeSugano
今日の国会で安倍晋三が見せた姿って、「僕は組織のトップだけど、組織で起こった不祥事は全て担当者個人の責任であって、トップである僕に聞かれても困るんだけど」で一貫してる。これ民間企業なら、ネットで一番嫌われる「腐れ外道ブラック企業のトップ」の姿と全く一緒よね

菅野完事務所@officeSugano
去年一年間の国会での政府答弁は、全部嘘やったわけ。「野党は審議拒否して仕事してない」とかいう主張するんなら、「与党は虚偽答弁で国会を無駄にしてた、仕事してない」って言わんと、ダブスタになるで。仕事してないのがあかんのやろ?

★北朝鮮

polarbear@polarbear
すげー、オノデラ(小野寺防衛相)・アメリカでスピーチ『北朝鮮は嘘つきである、異次元圧力の継続が必要!』だって。世界で一カ国だけ米国を支持するのではなく、ついに世界でただ一カ国だけ異次元圧力をかけるどこまでもグロテスクなアベジャパン

Cooper@gonshoken2012
実は今知ったのですが小野寺防衛相の発言の後、韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防長官が以下の様に発言されたそうです。「今まで何度も騙されたと言って今後も騙されるという考えで、どうやってこれから交渉を進め、どうやって平和を創出させていくというのか

●6月4日…保存したツイッターの声をテーマ別に紹介その2

★森友問題

K.Ohki(大木啓司)@ichikazeroka
今日(5/23)わかったこと。(1)佐川氏の国会答弁がすべて「虚偽」であった(2)小学校名を「安倍晋三記念小学校」と把握(3)安倍総理夫人→谷氏という経路で減額照会があった(4)「いい土地ですから、前へ進めてください」と言われたと伝えられた(5)森友学園・関係政治家が安倍首相や昭恵夫人の名前を出して交渉

やがて空は晴れる...。@masa3799
サンモニ。“森友”38人不起訴に落合弁護士「単に改ざんだけが行われたというのではなくて、国民をだまし、国会をだます、そういう非常に悪辣な企みの中で行われたんだと。積極的に罪を問うていくということをきちんと行っていかないと、特捜部の存在意義というものがどこにあるんだということになる」と。

俵 才記@nogutiya
麻生大臣、ボケてきた?森友文書改ざんは「組織的にやっていたわけではない」。銀行員が預金者のお金を横領し、頭取が組織的でないと言うのなら理解出来るが、近財と理財局が組織ぐるみで改ざんし、首相官邸の関与も指摘されている。これがどうして組織的ではないんだろう

★加計問題

きっこ@kikko_no_blog
安倍晋三は愛媛県の文書について「伝聞の伝聞だ」などと言って信憑性に疑問を呈したが、それを言うなら森友学園問題について安倍昭恵の証人喚問にいっさい応じず、「昭恵は知らないと言っている」「昭恵は記憶にないと言っている」とお前が代弁してきた数々の証言だってぜんぶ「伝聞」じゃねえかよ。

冨永 格(たぬちん)@tanutinn
加計学園の発表通り、同学園が「安倍首相との面談結果」なるものを捏造したのだとすれば、まずは名前を勝手に使われた安倍晋三氏が抗議すべきだろう。獣医学部を新設したいあまり、一国の首相をいいように使い「そういう考えはいいね」とコメントまで創っているのだ。しかも、それは実現している。

山崎 雅弘 @mas__yamazaki
加計孝太郎理事長は、教育機関の常務理事兼事務局長としてありえない行動をとった彼を叱りもせず、まだ常務理事兼事務局長という要職に留めている。部下に「謝る芝居」をさせるだけで、自分は謝罪しない。責任をとらない。日大も酷いが、加計学園という教育期間の腐敗ぶりは度を超している

やがて空は晴れる...。 @masa3799
サタデージャーナルで参院予算委。小池晃「(愛媛県文書の面会が嘘だとしたら)総理はカンカンに怒らなきゃいけない。利用されたんですから。それなのに平然としている」安倍「私は常に平然としておりましす」小池「野党から指摘されたらカンカンになってこの場で血相変えて反論してるじゃないですか」

盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社 @product1954
(加計)渡邉は「嘘を吐いたのは面会の箇所だけ」と説明したが、辻褄が合わない。メモには「理事長と首相との面談結果について報告したい」との学園の申し出で開催されたとある。面会がなかったなら、開催理由そのものが虚偽

但馬問屋 @wanpakutenshi
(報ステ)後藤謙次氏「呆れてものも言えない。謝罪にしても、県知事が台湾に出張中だったと。そもそも大学の一事務局長が、安倍総理の名前をかたって、これだけ大それた嘘をつけるのかどうか。こういう嘘をついた上に多くの人を巻き込んだ。にもかかわらず加計理事長は一度も公の場に出てきていない」。

Tetsuya Kawamoto @xxcalmo
加計孝太郎「彼(安倍)とゴルフに行くのは楽しいけど、おカネがかかるんだよな。年間いくら使って面倒を見ていると思う?」(「週刊新潮」2017年3月16日号)「(安倍氏に)年間一億くらい出しているんだよ。あっち遊びに行こう、飯を食べに行こうってさ」(「週刊文春」2017年4月27日号)

//6月4日は天安門事件の慰霊日。あれから29年。昨年獄中で病死したノーベル平和賞受賞者、反体制派の劉暁波(リウ・シャオポー)さんの言葉は「6月4日の魂はいまだ安息せず」。合掌。

●6月3日…保存したツイッターの声をテーマ別に紹介その1

★笑点
5月27日の『笑点』で、耳を塞いだ人に「どうしたの?」と聞くお題が出た。円楽さん「安倍晋三です、トランプ氏から国民の声は聞かなくていいと言われました」。たい平さん「麻生太郎です。(威圧した声で)やかましいィイイ」。木久扇さん「(米軍機が)うるせーなぁ、沖縄から米軍基地がなくなるのはいつなんだろーねぇ」。圧力に屈しないベテラン落語家たちの心意気に会場から拍手。これに対してネット右翼から“売国番組”など批判が出た。それを受けてのツイート。

立川談四楼@Dgoutokuji
『笑点』メンバーが政権批判をしたと騒ぎ、パヨク(左翼)認定する向きがあるが、国策落語を強いられた過去を持つ落語家にはナンセンスである。政権批判は日常業務で、ツイッタランドにおける炎上案件を彼らは日毎夜毎繰り広げている。落語の黎明期には幕府を批判して島流しを食らった先達もいるくらいなのだ

風のワー@8ZMadgArqUT8IeB
落語は人情話があるから、庶民派なんです。権力に対しては笑って茶化す。いい文化だなあと思います。特に小三治は堂々と庶民の味方をしてくれます。

小田嶋隆@tako_ashi
メインストリームのお笑いの人たちの言う「勝負してる」「ギリギリの」「トンがってる」笑いが、反権力ではなくて反ポリコレ(正しい言葉遣い)だというのは、もう20年も前からはっきりしてる話で、「アブないネタ」も、単に放送コード的にハズレな、残酷だったり不謹慎だったりする鬼畜な話だよね。

★働き方改革

福山和人@kaz_fukuyama
何度でも言う。高プロ(高度プロフェッショナル制度)は成果に応じて払う制度ではない。条文にそれはない。あるのは時間規制の除外だけ。使用者は勤務時間を自由に決められ新たに設けられる上限時間規制も除外される。1日24時間勤務や1年360日勤務も合法化される。廃案にするしかない。

友弘 克幸@ktyk_TOMOHIRO
「座り込み」までして総理との面会を求めた過労死遺族の会からの面会要請を断った安倍総理。その数時間後に、経団連の歴代会長と料亭で会食。いくらなんでも、このタイミングで、これはないんじゃないでしょうか。過労死家族の会の皆さんどう思うでしょうか。

参議院議員 川田龍平(立憲民主党)@KawadaOffice
「え?高プロって一部の高給専門職だけでしょ?」…違います。適用年収1075万円は議会を通さず変更可能、計算次第では年収357万まで入ります。健康診断だけ受けさせれば長時間労働が合法に。命に関わる法改正が当事者の多くが知らないうちに明日採決予定です。

雇用のヨーコ@koyounoyooko
高プロ制度の導入にあたり、政府は「労働者からも聞き取りをした」と言う。でもその人数は12人。しかも、いずれも企業が選んだ人で、中には企業側が同席したケースもあった――。こんなの、やらせでしょ?「働き方改革」法案はデータがねつ造だらけ。通しちゃいけない。

中林 香@kaokou11
「働き方法案、懸念残したまま 野党、撤回に追い込めず 衆院委、異例の追加審議:朝日」→この見出しも本当に醜悪。野党が追い込めないんじゃなくて、法案の危険性が一般に周知されないので世論が動かないからでしょう?メディアの皆さんのおかげで。

大神@肉球新党@T_oogami
高プロ制度について「嫌なら断ればいい。自由に選択出来るんだから」と言う竹中平蔵には、過労死遺族の「現実に現場で働く人間にとっては自分から"もう無理です”とかは決して言えない」という言葉を突き付けたい。日本の企業って、従業員が雇主の依頼を簡単に拒否出来るような空気じゃないだろう。

★ZOZOタウン炎上
ZOZOTOWNの運営会社のコミュニケーションデザイン室長・田端信太郎氏が「過労死は自己責任、自分で自分に危険タックルしてるようなもの」と断言。また自分の子どもが過労死やいじめ自殺したときのために“リスク分散”で3人作ったと暴言。

シュナムル@chounamoul
ZOZOの人、また「過労死は自己責任」とか言って叩かれてるけど、そのツイの前の「(自分の子供が自殺したら)しょうがないなー、と思うだけです。そういうときのために3人も子供作ったのよ。リスク分散。」が地味にきつい。何でこういうこと言っちゃうんだろうな。

布施祐仁@yujinfuse
KAROSHIと国際語になるほど社会問題になっているのに自己責任で片付けたら何も解決しない。こんな認識で高プロが導入されたら過労死が増えるのは間違いない。

mipoko@mipoko611
炎上を利用するこういう人物は、人々の感情の疲弊に巣食ってるようなもので寄生虫と言ってもいい。商売に手を貸さないのが一番と思う。粛々とZOZOを退会し出版物などは買わない。

★セクハラ
長谷川三千子・埼玉大名誉教授が「セクハラはチンパンジーでは常識ですよ」と擁護。女性でありながら被害者バッシングをするこの人物、なんと現役のNHK経営委員。こんな人物に僕らの受信料から年間2200万円以上も報酬が出ている。220万じゃなく2200万。NHKサイトには「世界に向けて説得力のある発信をすることが、今の日本にとって必要」とコメントしているけど、安倍政権が閣議決定した「セクハラ罪という罪はない」を国際放送で発信したいのか?

ナウちゃん@nauchan0626
長谷川三千子埼玉大学名誉教授は、慰安婦の女性が一日何十人もの男性と相手をさせられたことに対して「チンパンジーなら全然OK」などと発言しました。人間として余りに酷い発言だと思います。この発言を掲載した雑誌「正論」の編集者共々、人間というのは、ここまで卑しくなれるものかと愕然とします。

三明治@lilienliebe
長谷川三千子・竹内久美子『セクハラ?チンパンジーでは常識ですよ』(正論7月号・産経新聞社)、表紙の文言が話題(誌面での題は上記の通り)の対談、興味半分で実物を読んでみたが、笑い事ではないひどさだった。性差別、セクハラ正当化、セクハラ被害者への二次加害が煎じ詰まった、吐気を催す内容

★NHK不当人事
NHKは森友問題でスクープを続けてきた大阪放送局の記者を、取材現場から外して考査部へ不当異動。

yukinokakera@yukinokakera
国民から受信料を取っている「みなさまのNHK」の、この体たらくは何事か。東大名誉教授の「大阪地検が財務省職員38人全員を不起訴。メディアの森友報道がいよいよ重要になってくる場面で、スクープ記者を現場から外すというのは、視聴者への背信行為だ」という批判は当然だ。

※弁護士らNHKに申し入れ「森友報道記者の異動は背信行為。」…醍醐聰東大名誉教授や澤藤統一郎弁護士ら「研究者・弁護士有志」は1日、NHKを訪れ、権力報道現場の萎縮克服を求める文書を提出した。上田良一会長宛ての文書では、NHK幹部の番組責任者に対する「昭恵さんの画像は使うな」などの圧力を伝える内部通報や、森友問題でスクープを続けてきた大阪放送局記者の考査部への不当な異動を非難。「権力を監視し、国民の知る権利に応える放送」を求めている。

●6月2日…東京新聞に載った東電原発作業員の告発。凄まじいほどの派遣会社による中抜き。フクイチの現場で働いている人は、日本一高給であっていいはず。国は何をしているのか。民間会社に委託するのはやめて、国が直接雇うべき。そうすれば中抜きなんてなくなる。

 

//4日22時25分NHK『プロフェッショナル仕事の流儀〜かこさとし最後の記録』。「からすのパンやさん」絵本作家かこ氏の最後の創作の現場に密着。遺作『だるまちゃんとキジムナちゃん』の後書き→「戦中戦後、今なお続いている沖縄の方々のご苦労に対しての、ささやかな謝意と、同志的応援のつもりです」。

●6月1日…「日本の政治から、恥の文化は失われたのかもしれない」「国家=首相と勘違いしている人がいる」。毎日新聞地方紙に月に一度、芥川賞作家・中村文則さん(40歳)が『書斎のつぶやき』というエッセイを書いている。4月、5月、6月と、森友加計の政治腐敗が明らかになるにつれ、文章も変遷、問題の本質を作家ならではの分かりやすい言葉のチョイスで綴っている。特に5月、6月分はペン先が冴え渡り、自民支持者の心にも現状の深刻さが伝わるのでは。炎上を恐れて沈黙する作家が多いなか、中村文則さん素晴らしいな。(以下一部抜粋)

【6月】
今の日本は、こういう国になっている。
(1)何か問題が起きた時、過去の記録を調べようとすれば、その記録は破棄・改ざんされている可能性がある。
(2)法案を作成するための資料も、政権の都合のいいようにデータが捏造されている可能性がある。
(3)万が一、文書が発見された場合、その文書に記載されている人物は記憶を失うことがある。
そして今、一国の首相が、国会で何度も嘘をついたのか、そうでないのかが問われている。2017年1月20日に獣医学部の事業者が加計学園と初めて知ったという、あの連発されている答弁である。
仮に首相が嘘をついていた場合、この国はさらにこう表現される。
※一国の首相が、立法府である国会で、嘘をつき続ける国であるということ。国民に対し、嘘をついているその口で、嘘をつきながら、信頼回復に努めると発言する国であること。
首相が本当に、1月20日まで知らなかった場合、この国はこう表現される。
*首相周辺の組織が、地方行政に対し「この件は首相もいいねと言っている」などと嘘をついたとしても、当の首相が抗議どころか、軽い不満の姿勢すら取らない国であること。
今日から、何かの事業を計画する者たちが、一斉に首相の名前を使えばどうなるか首相は加計学園だけをひいきしていないと何度も言っているので、他の事業者が同じことをしても、抗議しないことになるこれは相当まずい。国がおかしくなる
首相という立場は、国民により選ばれた、国民を代表する特別な地位の一つである。首相という立場は、だから安倍晋三氏だけのものではない。首相はこの件について、抗議や不満の意を示さないとおかしい。
そして森友問題について「私や妻が関係していたら辞める」などと言った答弁は、首相自身が「訂正」してしまっている。お金をもらってそういうことをしたわけではないという意味だと、今ごろ、突然、言い始めている。度胆を抜かれたが、この突然としか思えない「訂正」を、私たちはどう受け止めればいいのだろう
ここで思い出すのは、アドルフ・ヒトラーが「わが闘争」で言及した「嘘の原則」についてである。ヒトラーは、国民大衆は小さな嘘より大きな嘘の犠牲になりやすいと書いている。なぜなら人々は小さな嘘なら自分でもつくが、大きな嘘は気恥ずかしくてつけないからだと。大きな嘘をつくという途方もない厚かましさが、他人の場合でも可能だなどと人々はなかなか思えないと。だから人々は、大きな嘘にだまされやすい。
この国はいま前代未聞の状態にあり、嘘に覆われている。さらに首相までが嘘をついているのなら、つまり1月20日より前に知っていたのなら、それはこの国が、こともあろうに首相から完全に愚弄されたことを意味する。もしそうなら、とても悲しい。首相を心から信じた人たちまで、愚弄したことになる。しかし以前の文部科学省の文書も含め、あらゆる文書が首相の答弁と食い違っている
今私たちが見ているのは、真実や道理が崩壊した国の荒野なのだろうか。誰もが納得できる説明を望みたい。

【5月】
日本の政治から、恥の文化は失われたのかもしれない。
恥には周囲の目を気にする概念と、自分で自分を見つめた時にどう思うか、の概念があるが、今の政治には二つともないのかもしれない
森友問題にしろ、加計問題にしろ、首相や首相周辺を守るために役人がうその答弁を国会で吐き続け、文書を隠し、時に改ざんしていると多くの人にみられている。そんな状態の国会へ、首相は一体どんな気持ちで行くのだろうか。昔の日本人なら、周囲の目を思い、また自分自身を顧みて潔く辞任しているように思う。一番驚いたのは、最近首相が連発する「膿(うみ)を出し切る」というフレーズを、財務省の文書改ざん、さらにはこともあろうに、加計学園の愛媛文書でも使ったこと。首相を守るために、元首相秘書官は記憶がないと何度も言ったのではないか。それを「膿」と呼んでいるのだろうか。自分は関係ないという印象操作発言なら、それこそ恥は極まってしまう。そうでないことを望む。
国家=首相と勘違いしている人がいる。首相は国家の一部に過ぎない。首相は保守を自任していると思うが、国の統治機構をこれほど損ない、自分の長年の友人をひいきし、加計学園の計画を「2017年1月20日に知った」などなど、誰も信じることができない言葉を「国会で」何度も何度も言うのであれば、国家機構に対する敬意も謙虚さもないと思えてしまう。政権が国家をないがしろにする、底が抜けたものすごい事態となっている。
今の日本の状態は、首相主権の国と思えてならない。実際、首相を批判するだけで売国奴と呼ぶ者もいる。「選挙で選ばれた首相を支持するのは国民主権」などの意見を聞くが、この国は、一度選挙で選ばれた政治家は、次の選挙まで何をしてもよく、批判してはならない国なのか。日本はそんな三流国家ではない
あの歴史的な南北首脳会談に対しても、首相は産経新聞によるインタビューで、途中までは別に普通だったのに「まさに日本が国際社会をリードしてきた成果ではないですか」と「余計な一言」をつけてしまった。日本がリード? さすがにそれはない。こんな失言を、せめて中枢で今動いている米中韓の首脳に直接言わないことを切に願う。日本の外交が不安で仕方ない。
当時の財務事務次官のセクハラ問題(ああいうセクハラ男性は多く、恥の概念が欠如している)の財務省の対応も無残だった。ああいう時、どう対処するのが最善かも分からないくらい、もう既に劣化しているのだろう。セクハラに関し愚かな発言をし、取り消して謝罪した政治家もちらほらいる。全ては政治の劣化が根本原因と思えてならない。
でも人は絶対変わることができる。そして国も変えることができる。この国は今緊急事態だ。

【4月】
自民、このままでいいのか。
森友学園に関して、首相夫人も証人喚問すべきだ、という声をかなり聞く。必要だと思うが、僕が一番疑問なのは、なぜ首相夫人は、そもそも記者会見すらしないのだろうという点だ。
人前に出るのが苦手なら記者会見も大変だが、首相夫人はこれまでに何度もさまざまな講演会を行い、これまでに何度もさまざまなインタビューを受けているなのに、この問題だけは表に出てこない。疑惑がないなら堂々と、開かれた形で説明すればいい。後ろめたいことがないなら、会見を開けない理由はゼロだ。もうこの時点で、答えは出ているのではないだろうか。
加計学園の理事長も、獣医学部新設の問題に対し、記者会見を開かなかった。あれだけ疑問が噴出し、そして開校には税金も膨大に使われているのだから、教育に携わる学校法人の長として、社会にきちんと説明する責任があったはず。ジャーナリストの伊藤詩織氏から、強姦被害を受けたと訴えられた山口敬之氏も、ジャーナリストなのに記者会見を開いていない。それどころか、伊藤氏から民事で訴えられた初回の裁判すら欠席している。3件に共通するのは、どうも「隠れている」イメージだ。
財務省の文書改ざん問題を見ながら、防衛省の日報隠ぺい問題、厚生労働省の労働に関する虚偽データ問題が頭にちらついた。もうこの国は、相当まずい状態にまで来てしまった。政権にとって都合の悪い書類が、隠ぺいや改ざんされる国。もう、政府発表のあらゆる社会データ、その数値も、本当にそうなのか、政権が気に入りそうに改ざん・捏造されたものなのか、信用できなくなった。これはあまりに典型的な独裁政権で、ものすごい。佐川氏の証人喚問の後、こともあろうに財務大臣が、森友問題ばかりでTPPの記事が新聞に載っていなかったと堂々とうそをついてしまった。この国はもう、事実も責任もどうでもよくなったらしい。事実より、安倍政権が気に入るかどうかが重要な国になったらしい。政治的公平性を記した放送法4条まで、変えようとする動きがある。もう来るところまで来た。
安倍政権を何でも擁護する人たちにとっては、そもそも都合の悪い文書もデータも見たくないから、それでいいのかもしれない。政権もニコニコし、支持する人たちもニコニコしながら、実際の事実はないがしろにされ続け、この国はどんどん劣化していくだろう。私たちは今、国家というものが私物化されていく、めったに見られない歴史的現象を目の当たりにしている

●5月31日…先日のNHK『日本人のおなまえっ!』で目からウロコ。将棋の駒「歩」の裏側に書かれている文字は、今まで「と」って思っていたけど、あれは「今」を崩した文字だった!確かに「今」は古“今”和歌集のように「きん」って読むもんなぁ。

//一昨日、NHK第一放送「ラジオ深夜便」に出演した際の放送が、6月6日の午後6時までリンク先で再放送が聞けます!よろしければ移動中orおやすみ前にどうぞ。4分15秒付近から登場し(早送り可能)、15分間トークしてます!僕の後のコーナーの睡眠トリビアの話も面白かったですよ。早寝=肌に良い、これは科学的根拠がないとのこと。

●5月30日… 大阪地検特捜部による財務省職員全員「不起訴」に耳を疑った。改ざん300箇所やで?自殺者が出てるんやで?内容の影響が大きいか小さいかで判断するなよ…。どんな内容でも決算文書を改ざんしたらアカンのよ。なんちゅう前例を作ってくれたんや…。

●5月29日…ラジオの放送終了。久々の生放送で緊張した。担当さんに「生放送は苦手なので事前に録音しませんか」と提案したけど却下となり、今日を迎えた。最初はガクプルだったけど、途中から夢中トーク。やっぱ誰かに偉人の墓&生涯の話をするのは楽しい。
→今夜NHK第一放送『ラジオ深夜便』に出演します(23時20分前後から15分程度)。来年1月までの4回シリーズ『世界偉人伝・お墓編』の第1回です。31年をかけて訪れた偉人2300人のお墓から、ゴッホ、ショパンなど心に残ったエピソードを紹介します。

●5月27日…昨日のNHK『チコちゃんに叱られる!』に感動した。雑学トリビア番組なんだけど、番組スタッフが冒頭に持ってきたネタ「なぜラーメンと呼ばれるようになったのか?」がいい。こちらが調べた他の情報と合わせて紹介。

〔時系列で説明〕
・1894年、日清戦争勃発。翌年に日本は勝利し、中国のことを見下すような表現として「支那」と呼ぶ日本人が増える。
・1931年、満州事変。中国北東部を占領し、ますます日本は増長。
・1936年、北海道・札幌の中華料理店「竹家」にて北海道大学に通う中国人留学生たちに細い牛肉と竹の子の炒め物がのった「(チンジャオ)ロースー麺」が人気となる。このロースー麺を目当てに日本人客も増えたが、日本人は店内に留学生がいるのに「支那そばひとつ」と注文。店の女将(おかみ)さんが「ロースー麺ですね」と言っても「支那そば!」と言われ、女将さんは中国人留学生たちのかわいそうな状態をなんとかしたいと思うようになった。
女将さんはロースー麺にかわる新しい名前を考える中で、中国語の「ハオラー(料理ができたよ)」の「ラー」と「ロースー麺」をくっつけて『ラーメン』という名前を思いつく!

1943年、戦局の悪化と共に国内は食糧難となり、「竹家」は食材を調達できず閉店。だが、ラーメンという言葉は語感の良さ、発音のしやすさから札幌に広まっていった。
1954年、敗戦の混乱期に雑誌『暮しの手帖』を創刊したことで知られるジャーナリスト、花森安治(朝ドラ『とと姉ちゃん』で唐沢寿明が演じた)が『週刊朝日』に記事「札幌〜ラーメンの町」を掲載し、ラーメンという言葉を世に知らしめる。
1958年、日清食品の安藤百福が世界初のインスタントラーメンを開発、「チキンラーメン」と名付けて発売し、テレビCMでラーメンを連呼、これが決定打となり日本国内に一気に「ラーメン」の名が普及した。
結論。ラーメンのラーは中国人留学生を思いやった女将さんの優しさだった。差別主義者の言動が問題になるなか、NHKがあえてこのネタを番組冒頭に持ってきたことに敬意を表したい。

  まさか優しさが背景にある造語とは!

●5月26日…新城市の講演から帰宅。現地で出会った方は親切な方ばかり。素晴らしい時間を有難うございました。講演後に豊川市一帯の史跡・墓所を案内して下さったお坊さんのMさん、お陰で前から訪れたかったところにたくさん行けました。
地元の方との史跡めぐりはほんと楽しい。ガイドブックに書かれていないことを教えてもらえる。鳳来山の鳳来寺から見える山々の眺望も心に残った。
〔備忘録〕
鳳来寺…家康公の親がここで祈願して家康を授かったといい、安産の祈願寺となっている。絵馬の真ん中に鏡が入った全国に2例しかない「鏡絵馬」が境内に。音楽家・喜多郎さんが境内でコンサートした際のサインが本堂にあった。鳳来山東照宮(三大東照宮のひとつ)は江戸城から運ばれてきた祠に家康の木像が収められている。井伊直政が幼少の頃にかくまわれていた寺でもある。
長谷(ちょうこく)寺の山本勘助の墓…軍師勘助が出家する際に故郷の当寺で頭を剃り、その時の髪が遺髪として五輪塔に収められている。首級は川中島で見つからなかったとのこと。
長篠合戦古戦場の馬防柵 鳳来寺の境内からハート山が
今川義元の胴塚。桶狭間で家臣が
胴体を取り返し当地に埋葬(大聖寺)
山本勘助の墓(長谷寺)
勘助の供養塔は複数ある

●5月24日…数々の美しいアメリカ民謡を作曲しながら、37歳の若さで非業の死を遂げたスティーブン・フォスター。『おお、スザンナ!』『草競馬』『ケンタッキーのわが家』『故郷の人々』は有名だけど、僕は『やさしいネリー(ネリーはレディ)』をイチオシに。この歌はアメリカ南部の黒人奴隷の男が亡き妻を想う追悼歌。この時代、白人たちは黒人を人間扱いしてなかったけど、フォスターは奴隷制度に反対し、歌の中で奴隷の男に妻を「レディ」と呼ばせている。黒人奴隷の妻にレディ、これは当時の白人社会の感覚と大きく異なっていた。だが、フォスターは共感を込めてこの歌詞を書いた。
「♪ネリーはレディだった 彼女は昨晩死んでしまった 愛するネルのために鐘よ鳴れ 私の黒いヴァージニアの花嫁のために」
リンク先に素晴らしい訳が載っているので、是非コチラを聴きながらフォスターの世界に…!

//発売中の『音楽の友 6月号』に「世界音楽家巡礼」第15話を寄稿しています。今回は2人の伝説のチェリスト、パブロ・カザルスとジャクリーヌ・デュ・プレの墓参レポです。音色の素晴らしさはもちろんのこと、人物も実に魅力的な2人です。

//詳細は21日の日記に書いていますが愛知県新城市で25日に講演するため、次回のサイト更新は26日になります。せっかく新城市に行くので、長篠合戦の史跡や、豊橋の山本勘助と今川義元の墓を訪れるつもり。

●5月23日…気がつかないうちにサイトの開設記念日である5月12日を過ぎていた(汗)。いつの間にか19年目!来年で20年になるなんて嘘みたい。当サイトを大学生の頃に見始めた人はもう40歳になるということか…。我ながらよく更新が続いていると思う。開設時は、スマホはもちろん、デジカメすらまだ普及してなかった。グーグルも上陸前。嗚呼、光陰矢のごとし!(ちなみに当サイトは15年前に発売されたIBMホームページビルダーV8をいまだに主力で使ってます、笑)

//『安倍首相、過労死遺族と面談せず』。「命に関わることだから」と面談を申し入れていた遺族と会わないとは。信じ難い対応。「厚労省でうかがう」との理由だけど、同様のケースで電通事件のときは面談している。高度プロフェッショナル制度に反対する遺族から逃げるのか。
与党案の高プロは年収1075万円以上を対象にしているから、自分は関係ないと思っている方、甘いです。非正規派遣は当初限定された職種だったのに、なし崩し的にほぼ全業種に拡大された。今回も同じことが起きる。実際、2015年に経団連榊原会長は「(高プロの)年収要件を緩和し、対象職種を徐々に広げていく方向で、範囲を出来るだけ広げていって頂きたい」と語っており、“小さく産んで大きく育てる”計画。
今の法案は、年収の引き下げは法律の改正が必要だけど、職種は国会審議を経ずに拡大することが可能。この法案が通れば、会社は労働時間を記録する義務がなくなり、労災認定も困難に。これ、すべてのサラリーマンに関わる大問題なのに、国民の間でほとんど議論されていない。報ステやNEWS23は危険性を訴えているけど、見てない人がたくさんいる。どうしたものか…。

【追記】リテラの記事によると年収300万にも解釈次第で適用可能とのこと(汗)。
→「労働問題に詳しい佐々木亮弁護士(ブラック企業被害対策弁護団代表)が指摘してきたことだが、まず「年収1075万円」というのは「見込み」でしかない。そして、高プロによって労働時間の規制がとっぱらわれることで、たとえば理論上、1日の労働時間を17時間に設定して、労働者の休憩時間を「欠勤控除」として給料から差し引くなどすれば、実質的には年収300万円代の労働者も「年収1000万円超の見込み」にすることができるのである。」

//廃棄されたはずの財務省と森友学園の交渉記録4000ページが新たに出てきた。そこには、思いっきり「安倍晋三記念小学校」の名前が。やっぱりこの名前で土地の価格交渉してたじゃん!

 

●5月22日…ネット掲示板『5ちゃんねる』(旧2ちゃんねる)は、この10年ほどずっとネット右翼が大暴れし、在日の方への差別的な書き込みがあふれていた。そしてYouTubeも、いつ頃からか黄色い文字でヘイトをまき散らす冷笑系動画ばかりヒットするようになった。ネット右翼は、「韓国は反日国家だから日本人を嫌っている」と吹聴する。確かに現地の世論調査では、竹島や慰安婦の件もあって日本に対する好感度は低い。だが、あくまでも日本政府の政治姿勢に対する反発であって、日本人そのものを憎悪している訳ではない。現に日本を旅行先に選ぶ韓国人は爆発的に増えている。日本のアニメもヒットしている。一方、日本では韓国を民族丸ごと見下し、嘲笑する人がネットを蹂躙している。
先日、『5ちゃんねる』に警鐘を鳴らす2種類のYouTube画像が貼られた。1枚は「日本語で“韓国”と検索した画像」、もう1枚は「ハングルで“日本”を検索した画像」だ。その結果は驚くべきもので、日本側は韓国に対するヘイト動画のオンパレード、韓国側は日本のアイドルやバラエティ番組の動画がヒットした。この日本側の「憎悪煽動」動画に閉口した5ちゃん住民の一部が、YouTubeに差別的な内容の動画を利用規約違反として報告。その結果、状況が劇的に改善され始めた。たとえば「平昌五輪」で検索すると、以前は黄文字、赤文字のヘイト文字で埋まっていたのが、五輪の感動シーンなど名場面になっている。たった2週間でこうも変わるのかと感嘆。
この日記で5ちゃんのスレッドにリンクを貼るのは初めてだけど、エールを込めて貼っておこう。今は自称元皇族の竹田恒泰氏が「ヒトラーは虐殺したくてしたわけじゃない、理想のため仕方なく殺しただけ」と主張している動画が問題になっている。竹田動画は既に2本がYouTubeから「この動画は次のポリシー違反のため削除されました: 悪意のある表現の禁止」と判断され消された。3本目でアカウント停止になる。本丸は、慰安婦をひとまとめにして売春婦呼ばわりしているKAZUYAチャンネル(登録数48万人、日本最多)か。
※宮内庁からも竹田恒泰氏に苦情を言った方がいい。明治天皇の玄孫を売りにしている人物が、YouTube本社からヘイト動画をアップしているとして2本削除された事実は、皇室の名誉を酷く傷つけている。まして父親は日本オリンピック委員会の会長竹田恒和やで…。
【5/24追記】竹田チャンネル、差別発言等の規約違反でアカウント凍結。このスレの30番さんと177番さんのおかげ。「悪意のある表現」を行い、ヘイトスピーカーとして認定された人物をテレビ局はまだ使い続けるのかな。
※5ちゃん掲示板に「韓国にだって日本ヘイト動画があるのにそれを放置か」と書いた人に対するレス→「韓国側のヘイト動画は韓国人がなんとかしろよ。なんでワイらがそっちまで掃除してやらなあかんねん」。ちょっと目からウロコだった。

日本語で韓国を
検索。ヘイト全開
ハングルで日本を
検索。バラエティが
先月の「平昌
五輪」検索画像
現在の「平昌
五輪」検索画像

※いつもなら、5ちゃんの該当スレはネット右翼から猛反発をくらうはずなのに、意外なほど静か。おそらくこれは、ネットで今大きく注目を浴びている、人権派弁護士軍団VS“懲戒解雇申請”ネット右翼軍団のバトルが訴訟沙汰の騒ぎになっているので、それどころじゃないのかもしれない。これまで匿名でヘイト発言を繰り返してきたネット右翼960人の名前と住所が裁判で発覚する一歩手前。

// 日大アメフト部の20歳の選手の会見、反則タックルについての誠意ある謝罪姿勢に見入った。選手「顔を出さない謝罪はない」。一方、反則はコーチ&監督のパワハラ指示と判明したこの期に及んでも、日大側は「監督の言葉を選手が違う意味に受け取った」とまだ言ってる。選手の勇気ある会見の後でさえだ。
「日大は学生を守る気がない大学」、そんなイメージを持たれていいのか。会見した選手が真摯な態度であっただけに、逃げ回る大人たちの卑怯さ、醜悪さが余計に際立つ。内田前監督はアメフト部の監督は辞任したけれど、日大の人事部のボス。日大関係者いわく「人事権を握っているため、今回の問題で大学職員は誰も意見を言えない」。
まるで社会の縮図。内閣人事局に人事権を握られ、官邸に何も言えない今の官僚たちと重なる。

●5月21日…25日(金)の11時から愛知県新城市の「山びこの丘研修室」で講演します(無料)。テーマは「お墓が教えてくれたもの」。墓巡礼スライドとトークの70分。参加されるのはお坊さんや総代の方ばかりですが、一般の人が聞いてもOKとのことなので近隣の方、よろしければ是非!

//テレビの番組表を見て目を疑った。22日(火)13時からBSプレミアムで伝説のカルト映画、娯楽時代劇『ジャズ大名』をオンエア!監督は鬼才・岡本喜八。幕末に漂流してきた黒人たちと音楽好きの大名がジャズセッションを展開、そろばん(マラカスの代わり)、鍋、三味線、琴との異次元セション最高っす。

●5月20日…世界三大映画祭のひとつ、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに是枝裕和監督(55)の『万引き家族』が輝いた。日本映画のパルムドール受賞は21年ぶり5作目。ケイト・ブランシェット審査員長「パルムドールの受賞作品は演技、演出、撮影などが絶妙に織り交ざっている必要がある。『万引き家族』は全ての要素が素晴らしかった」「いわゆる『見えない人々』に声を与えた」。ドゥニ・ビルヌーブ監督「審査員全員が恋に落ちた」。海外評には「チャーミングで、胸が張り裂ける映画」というものも。是枝監督の授賞式スピーチ「対立している人と人を、隔てられている世界と世界を、映画がつなぐ力をもつのではないかという希望を感じます」。

パルムドール受賞が発表される3日前に是枝監督は中央日報の取材に答えている。
--物語の着眼となった契機は。
「数年前に、日本では亡くなった親の年金を受け取るために死亡届を出さない詐欺事件が社会的に大きな怒りを買った。はるかに深刻な犯罪も多いのに、人々はなぜこのような軽犯罪にそこまで怒ったのか、深く考えることになった」
「日本では今も家族は『血縁』というイメージが固定化されている。特に、2011年大地震以降、このような家族の絆を大げさに強調する雰囲気について疑問を感じていた。国際的な状況もある。カンヌで会った多くの人々が、私に『私は里子なんだ』『私には養子がいる』と打ち明ける」

--主人公は社会のセーフティネットから疎外されている。
日本は経済不況で階層間の両極化が進んだ政府は貧困層を助ける代わりに失敗者として烙印を押し、貧困を個人の責任として処理している。映画の中の家族がその代表的な例だ」
--経済不況が日本をどのように変えたか。
「共同体文化が崩壊して家族が崩壊している。多様性を受け入れるほど成熟しておらず、ますます地域主義に傾倒していって、残ったのは国粋主義だけだった。日本が歴史を認めない根っこがここにある。アジア近隣諸国に申し訳ない気持ちだ。日本もドイツのように謝らなければならない。だが、同じ政権がずっと執権することによって私たちは多くの希望を失っている」
--本当の家族とは。
「永遠に一緒にいられなくても、共に過ごした時間がそれぞれの人生の中に深く刻印されること、それ自体が家族なのではないかと思う」

/政治に口をつぐむ表現者が多いなか、是枝監督はこれまでも、秘密保護法、安保法制、共謀罪に明確な反対声明を出しており、堂々と安倍政権を批判してきた。2014年2月15日の朝日のインタビュー『二分法の世界観』から印象に残った言葉を紹介。

Q.(秘密保護法の反対運動は)政治的な「色」がつくという懸念はなかったですか。
そんな変な価値観がまかり通っているのは日本だけです。僕が映画を撮ったりテレビに関わったりしているのは、多様な価値観を持った人たちが互いを尊重し合いながら共生していける、豊かで成熟した社会をつくりたいからです。だから国家や国家主義者たちが私たちの多様性を抑圧しようとせり出してきた時には反対の声をあげる。当然です。これはイデオロギーではありません」

「安倍政権を支持している私たちの根っこにある、この浅はかさとはいったい何なのか、長い目で見て、この日本社会や日本人を成熟させていくには何が必要なのかを考えなくてはいけません」
「昔、貴乃花が右ひざをけがして、ボロボロになりながらも武蔵丸との優勝決定戦に勝ち、当時の小泉純一郎首相が『痛みに耐えてよく頑張った。感動した!』と叫んで日本中が盛り上がったことがありましたよね。僕はあの時、この政治家嫌いだな、と思ったんです。なぜ武蔵丸に触れないのか、『2人とも頑張った』くらい言ってもいいんじゃないかと。外国出身力士の武蔵丸にとって、けがを押して土俵に上がった国民的ヒーローの貴乃花と戦うのは大変だったはずです。武蔵丸や彼を応援している人はどんな気持ちだったのか。そこに目を配れるか否かは、政治家として非常に大事なところです。しかし現在の日本政治はそういう度量を完全に失っています

「例えば得票率6割で当選した政治家は本来、自分に投票しなかった4割の人に思いをはせ、彼らも納得する形で政治を動かしていかなければならないはずです。そういう非常に難しいことにあたるからこそ権力が与えられ、高い歳費が払われているわけでしょ? それがいつからか選挙に勝った人間がやりたいようにやるのが政治だ、となっている。政治の捉え方自体が間違っています。民主主義は多数決とは違います

「政治家の『本音』がもてはやされ、たとえそれを不快に思う人がいてもひるまず、妥協せずに言い続ける(強い)政治家が人気を得る。いつから政治家はこんな楽な商売になってしまったのでしょう。『表現の自由』はあなたがたが享受するものではなくて、あなたが私たちに保障するものです。そのためにはあなたの自己表出には節度が求められるはずです」

「世の中には意味のない勝ちもあれば価値のある負けもある。もちろん価値のある勝ちが誰だっていい。でもこの二つしかないのなら、僕は価値のある負けを選びます。そういう人間もいることを示すのが僕の役割です。武蔵丸を応援している人間も、祭りを楽しめない人間もいる。『4割』に対する想像力を涵養(かんよう)するのが、映画や小説じゃないかな。僕はそう思って仕事しています」

「同調圧力の強い日本では、自分の頭でものを考えるという訓練が積まれていないような気がするんですよね。自分なりの解釈を加えることに対する不安がとても強いので、批評の機能が弱ってしまっている。その結果が映画だと『泣けた!』『星四つ』。こんなに楽なリアクションはありません。何かと向き合い、それについて言葉をつむぐ訓練が欠けています。これは映画に限った話ではなく、政治などあらゆる分野でそうなっていると思います」

「ロシア人の記者に『君は気づいてないかもしれないが、君は遺(のこ)された人々、棄(す)てられた人々を描いている。それが君の本質だ』って言われたことがあります。で、確かにそうだった。ずっと『棄民』の話を撮りたいと思っていたから。翻って日本では多数派の意見がなんとなく正解とみなされるし、星の数が多い方が見る価値の高い映画だということになってしまう。『浅はかさ』の原因はひとつではありません。それぞれの立場の人が自分の頭で考え、行動していくことで、少しずつ『深く』していくしかありません」

「ブラジルの日系移民の話をいつか劇映画でやりたいと思っています。彼らは国に棄てられた『棄民』ですが、第2次世界大戦が始まるとむしろ日本人として純化していく。情報遮断状態におかれた移民たちは日本の敗戦を知らず、うわさを聞いても信じない。そして負けたと主張する仲間を『非国民だ』と殺してしまう。似ていませんか?いまの日本に。国に棄てられた被害者が加害の側に回る、そこに何があったのかを描いてみたいんです」

「精神科医の野田正彰さんは、加害の歴史も含めて文化だから、次世代にちゃんと受け渡していかなければならないと指摘しています。その通りです。どんな国の歴史にも暗部はある。いま生きている人間は、それを引き受けないといけません。だけど多くの人は引き受けずに、忘れる。東京電力福島第一原発事故もそうでしょう。『アンダーコントロール』だ、東京五輪だって浮かれ始めている。どうかしていますよ」

「いまの日本の問題は、みんなが被害者意識から出発しているということじゃないですか。映画監督の大島渚はかつて、木下恵介監督の『二十四の瞳』を徹底的に批判しました。木下を尊敬するがゆえに、被害者意識を核にして作られた映画と、それに涙する『善良』な日本人を嫌悪したのです戦争は島の外からやってくるのか?違うだろうと戦争は自分たちの内側から起こるという自覚を喚起するためにも、被害者感情に寄りかからない、日本の歴史の中にある加害性を撮りたい。みんな忘れていくから。誰かがやらなくてはいけないと思っています」

−−ほんと、是枝監督には長生きしてほしい。今の日本に必要。超必要。

●5月19日…うーむ!古代ギリシャの大哲学者にして万学の祖アリストテレス(B.C.384-B.C.322)の墓が発見されたと海外で報道があったんだけど、肝心の住所がどこにも載っていない!画像から判断するに、北部ギリシャのスタギラ付近の海岸線沿いの山の中っぽい。アリストテレスはプラトンの弟子で、アレクサンドロス大王の師。晩年、エウリポス海峡の海流変化を前に「エウリポスよ私を呑み込め、私はお前を理解できない」と入水した。そしてエウボイア島(現エビア島)のカルキスに引き揚げられ、後に遺灰が集められて故郷のスタギラに運ばれたとされている。
 この3枚の画像から
 グーグルマップの衛星画像の
 ギリシャ・スタギラ近隣を探して
 アリストテレスの墓を特定された方
 メールで連絡して頂けると助かります(汗)
 僕は発見できませんでした…
 こちらのブログには「ビザンティン時代
 の塔」の近くで墓が発見されたと記述

//20日(日曜)朝11時BS日テレ『NNNドキュメント 南京事件U』再放送。地上波を見逃した方必見。圧巻の取材力、この10年でトップレベルの内容。前半は捕虜1万人以上を機関銃で処刑するCGムービーに戦慄。後半は「虐殺ではなかった論」が戦犯逃れのデマである事を取材で明らかに。思想の右派左派に関係なく、すべての日本人が知っておくべきもの。

●5月18日…前回の『西郷どん(18)流人菊池源吾』、神回だった。これまで幕末の薩摩藩ドラマでは、なぜ薩摩に財力があるのか描かれることは少なかった。人気大河『篤姫』の放送年に沖縄を訪れた際、ある年配の島民の方が「篤姫ブーム、複雑な気持ちです。薩摩藩の活躍が描かれる一方、琉球がどれだけ薩摩の重税で苦しんでいたかが描かれていません。琉球を犠牲にしての薩摩の繁栄なんです」とおっしゃっていたのが強く印象に残っている。
だが、今回の『西郷どん』は薩摩が主役にもかかわらず、薩摩のダークサイド、南の島々に対する横暴さ、代官の腐敗などを逃げずに正面から描いていた。奄美大島を武力で支配した薩摩は、シマンチュ(島民)に砂糖を年貢として納めさせた。年貢の取り立ては苛烈極まり、島民は野菜畑をサトウキビ畑に変えさせられ飢餓に苦しむ。
奄美大島に流人として流されてきた西郷は、当初島民に横柄な態度をとっていた。だが、病に伏した際に島民が親身になって介抱してくれたことで変化していく。
島民の女性「ヤマトンチュ(本土の人)は好かん!とりわけ薩摩の侍はもっと好かん!」
西郷「おはんに言われた通り、おいは、こん島のことを何も知らん。こん島の砂糖のおかげで薩摩は大藩ち言われるようになった。じゃっどん、おいはこん島の人たちの暮らしも、砂糖のことも何も知らん。おはんらの苦労を何一つ知らんまま、おいは藩の金を湯水のように使ってきた。(頭を下げ)おいにこん島のこと教えてくいやんせ。頼みもす」。
舞台は奄美大島だけどそのまま沖縄の現状とだぶる。いまだシマンチュの暮らしに関心を持つことなく、ネットに差別発言を書き込むヤマトンチュの言動、上京した翁長知事と面談するより芸能人との会食を優先する首相の姿を見るにつけ、西郷どんがシマンチュの心に寄り添おうとする場面をよくぞ描いたと制作スタッフに敬意を表したい。

●5月17日…日本大学アメフトチームの悪質タックル、試合映像を見るとマジでやばい。体から力を抜いている選手に後ろから激突。足を負傷したけど、ヘタしたら脊髄にダメージがあってもおかしくない危険な行為。普通なら日大の内田正人監督がすぐに選手を交代させて叱りつけ、試合後に相手チームに謝罪に行くべきもの。その後、悪質タックルをした選手は「監督の指示があった」と証言。ところが、当の監督は「言ってないし、選手が勝手にやったこと」。報ステの取材では、複数の日大選手が反則は監督の命令と認識。自分の教え子の選手をかばうどころか、罪を選手になすり付ける監督、そして「調査に時間がかかる」とのらりくらりしている日本大学。「官僚が勝手に文書を改ざんした」と答弁する現政権とそっくりすぎて閉口。

//作家・柳美里さんのツイートを3つ転載。
柳美里@yu_miri_0622
(1)ツイッター社へ。凶悪事件が起きると、日本では必ず「犯人は在日韓国人」だというデマがツイッターで拡散されます。非常に危険です。事件が起きた地名と「在日」のキーワードで検索をかけると、いくらでも、デマ、流言蜚語、差別発言が出てくるので、毎回先手を打って削除をしてください。対応が遅い

(2)通名をやめて、本名を名乗れ、という罵声を浴びせられていますが、柳 美里は、通名でもペンネームでもなく、本名です。柳は、日本にも朝鮮半島にも在る姓です。美里は日本にも朝鮮半島にも在る名で、読みも同じ。祖父が、名前で苦労しないように、と両国で同じ読みの名を探してくれたそうです。

(3)そもそも、私は本名を名乗り、自宅の住所と電話番号をオープンにした上で、ネットや紙媒体やテレビやラジオで発言している。何故、匿名アカウントの人に、通名を使うな、本名を名乗れ、と見当はずれな罵声を浴びせかけられなければならないのだろうか?あなた、匿名ですよね?

●5月16日…西城秀樹さん訃報の速報。享年63。若い…。ヤングマンがヒットした1979年は僕が小学6年生のとき。クラス中でYMCAのポージングが流行った。追悼で『ブルースカイブルー』(5分)を聴く。お悔やみ申し上げます。

●5月15日…米国務長官を解任されたティラーソン氏が学生に演説。「指導者が真実を隠し、国民が事実に基づかない『もう一つの事実』を受け入れれば、国民は自由を放棄する道をたどる」「倫理観や誠実さを失った指導者に市民が立ち向かわなければ、米国の民主主義は衰退していく」と訴えた。現政権の体質を痛烈に批判。米国を日本に置き換えてもそのまま通用。

●5月14日…ローマ法王庁のフランシスコ教皇がイスラム(パレスチナ)側に立ってイスラエル政府を批判したことに感動した。米国大使館のエルサレム移転に抗議するパレスチナ人のデモにイスラエル軍が発砲し、2日間で60人以上も殺害されたことに言及。「中東は、平和と公正を必要としている」「戦争と武力の行使が平和につながることはない。それどころか、暴力を拡大するだけだ」。

/世界各国の反対を押し切って大使館移転を強行したトランプが殺したも同然だけど、当のトランプは「俺は行動力あるだろ」とドヤ顔するばかりで、引き金をひいた当事者感が皆無。こうなることが分かっていたのに、ほんと最悪。

●5月13日…お笑いネタで政治を扱う。海外では普通だけど日本では勇気がいること。昨夜ジョジョネタライブでブチャラティに扮した芸人さんが、財務省佐川元理財局長の答弁をネタに「この汗は嘘をついている味だぜ」、セクハラ福田前事務次官の発言に呆れての「質問は既に拷問に変わっているんだぜ」。胸熱&敬意。

●5月12日…16日24時からのEテレ『ETV特集 長すぎた入院』再放送、必見です。日本の精神医療の状態は「深刻な人権侵害にあたる」と国連やWHOから何度も勧告を受けている。他国の平均入院期間は28日、日本は約10倍の270日と突出。世界の病床の2割が集中し、5年以上も入院している人は約10万人もいる。
番組後半に、23歳から77歳まで精神科に入院し、54年ぶりに退院した爺ちゃんが。退院の1カ月後に取材班が再会すると、入院中に見せたことがない笑顔で「自由はいいな、自由は…感激です」。肌のツヤも別人に。管理されず、好きな時に外出でき、好きなものを食べられる。
別の退院患者の、次の言葉が胸に響いた。「病院にいるよりいいです。明日が見えますから。1日1日前が見えるっていうことは、病院ではなかったことですから」。


 ※これ以前は『最新文芸情報バックナンバー』へ!


 
日本だけ労働者は涙目。もう自民政権ではこの構造を変えることは出来ない。固定化してしまっている。電力会社などの企業献金に支配されて、他国のような労働者保護の政策がとれない。
戦後1000兆円も借金を作ったうえに(同じ敗戦国のドイツは借金ゼロ)、少子化問題を放置、タックスヘイブンも野放し、過労死多発でもサービス残業を取り締まらない(独仏の労働者は残業なし、夏4週間・冬2週間の休み。現政権は憲法破壊の安保法制強行、不必要な原発再稼働、財源がなくても議員や公務員の給料はアップ実施、もうめちゃくちゃだ。


昨年、安保法制の強行可決後、安倍氏がNYの
国連本部に行った際に出迎えた反戦市民グループ。
画像はコラじゃなくガチ。
「宗主国へようこそ・お土産は戦争法制」
宗主国(そうしゅこく)とは植民地の主。“日本は米国のポチ、
主権なんかない”という皮肉MAXの言葉。
そして左の女性が持っているプラカード、ここには『1984年』
に登場する以下の有名な洗脳スローガンが書かれている。

「戦争は平和なり
自由は隷従(れいじゅう)なり
無知は力なり」

★YouTube『新型学問 はまる!ツボ学/ジョジョ立ち学』(12分)



討論の相手が普通の自民支持者なら会話が成立するけど、新興宗教の信者だと本当に骨が折れる。あまりに教祖がすべて過ぎ、話が一向に進まない。疲れる。真言宗、天台宗など昔からある宗派は反戦・非暴力が信条だし、日本の古いカトリック教会や修道会もリベラル。秘密保護法、安保法制などタカ派の安倍内閣を支持、或いは協力しているのは幸福の科学、統一教会、創価学会という3大新興勢力。創価には知り合いがいる(しかも良いヤツ)からあんまり批判したくないけど、立憲主義を踏みにじってはカルトと言われても仕方がない。安保法制が絶対に必要なら、ちゃんと憲法改正すればいいのに、それをやろうとしない。僕が持っている釈迦やキリストのイメージは、秘密保護法や戦争法を容認する人物じゃない。むしろ真逆。

 
 
 ★動画リンク→「安保法制採決、山本太郎議員の渾身の叫び」(60秒/YouTube)
--------------
【緊急声明】憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に断固反対。安倍政権は憲法に基づく政治という近代国家の立憲主義を否定している(2014.6.9)
「やられたらやりかえす」のは個別的自衛権。これは問題ない。集団的自衛権は日本が「やられていないけどやりかえす」こと。中国や北朝鮮と不測の事態になれば個別的自衛権で対応できる。

〔安倍氏から日本を取り戻す〜時事まとめ〕 集団的自衛権 / 秘密保護法 / メディア /
自民憲法草案の条文解説

●サイトで自分の思いを語るということ
HPで意見を発表すると、自分の「間違った知識」や「一方的な思い込み」を指摘され、初めて誤りに気づけます。これは本当に有難いことです。勘違いしたまま一生を終えるところを、真実に気づくことが出来るからです。自分が独りよがりな誤った考え方をしていないかを確認する為にも、勇気を出して積極的に意見を発表していきますネ!!(*^v^*)
僕は過去の反省と愛国心は両立すると考えている。
むしろ、過ちを反省できぬ国なら情けなくて愛せない。


歴史認識問題に決着!…日本と韓国 /中国 /台湾 / 東南アジア / 米国
・昭和天皇かく語りき / 靖国問題 / 愛国心 / 君が代起立強制 / 消費税 / 残業問題
・安倍首相は原発事故を防げなかった責任を感じて欲しい
・集団的自衛権の問題点
●二次加害者にならないために〜日本人慰安婦の話(美輪明宏)と元日本軍慰安婦に関する正確な知識

・日本軍の記録に残る南京大虐殺(軍命令により実施) http://urx3.nu/ouPU (7分)
・残念だが南京事件はあった〜当時の陣中日記から(2008) http://goo.gl/d2fGMA (32分)
・当時の一次史料『南京事件・兵士たちの遺言』(2015) http://goo.gl/K0U1Ef (45分)
・南京大虐殺の証拠〜当時の記録映像と生存者の確実な証言(32分40秒)

(愛国心を強制することは、「国民には愛国心がない」「法律で“愛せ”と命令せねば愛してもらえない国」と世界に公言してるのと同じ)
「生活」「社民」「共産」は小異を捨て大同団結すべし。リベラル大連合を作り、EU、北欧のように残業ゼロの社会を!EU、北欧に可能なら日本でも可能なはず。日本人に人間らしい生活を!
日本には過労死するほど仕事があり、自殺するほど仕事がない。
※一般市民が他人の財布からお金を盗めば、すぐ警察に捕まる。だけど、経営者が従業員の財布からお金を盗んでも処罰されない。これが「残業代未払い」。他国では許されない。

●『アイヌ、琉球は縄文系=本土は弥生人との混血』…国立遺伝学研究所(遺伝研)や東大などの研究チームが過去最大規模の細胞核DNA解析を行った結果、日本人を北海道のアイヌ、本土人、沖縄の琉球人の3集団に分けた場合、“本物の日本人”は縄文人に起源があるアイヌと琉球人が近く、本土人は中国大陸から朝鮮半島経由で渡来した弥生人と縄文人との混血(弥生人7〜8割、縄文人2〜3割の混血)と判明。国籍や人種にこだわる人はこれで冷静になるだろう。

●『なぜ当サイトは原発再稼働に反対するのか

●YouTube『メディアは沈黙・3分でわかる日米原子力協定の闇
“時代に合わない”から憲法を変えるのではなく、憲法の理想の方へ時代を変えて行かなきゃならない。「人に無理強いされた憲法だと云うが、拙者は戦争はいたしません、というのはこの一条に限って全く世界一の憲法さ」(坂口安吾/作家1906-1955)

「多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。(略)だますものだけでは戦争は起らない。だまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。「だまされていた」といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でも既に別の嘘によって、騙され始めているに違いないのである」(伊丹万作/1946年8月「映画春秋・創刊号」)

//ルイ・アームストロングが歌いあげる『ホワット・ア・ワンダフル・ワールド』(2分15秒)を聴きまくり。この全てを包み込む優しい笑顔がたまらない。目を見てるだけでウルウルくる。歌詞も最高!『♪僕は緑の木々や赤いバラを見る/それは僕らのために花開く/僕はしみじみ思うんだ/なんて素晴らしい世界かと/僕は青い空や白い雲を眺める/明るく喜びに満ちた昼、暗く神聖な夜/そして僕はしみじみ思うんだ、なんて素晴らしい世界なのかと/七色の虹が空にかかり、行き交う人々の顔を染めている/僕は友人たちが「ご機嫌いかが」と挨拶しながら握手を交わす姿を見る/彼らは心から告げる「アイ・ラヴ・ユー」と/赤ん坊の泣き声が聞こえる。僕はあの子らが僕よりも多くのことを学び成長していくのを見守ろう/思わず感動してしまう/なんと素晴らしい世界じゃないか/そうさ、僕はしみじみ思うんだ/嗚呼、この世はなんて素晴らしい世界なのかと!」。2分チョイの短い曲なのに、胸がジワ〜と温まり、歩き続ける力をくれる素晴らしい作品っすね。※影絵とのコラボAmazing Hand Shadow(2分21秒)も泣かせます!


●特選レポ&動画…命の環の話//サービス残業問題//普天間基地は国外へ//チェ・ゲバラ巡礼レポ//アフガン伊藤和也さんを悼む//パレスチナについて//暴力団について//2008 南極・スコット巡礼 //チベット問題について//障害者自立支援法の問題点//『YouTube Classic』//静止画像と思えないヘビの回転テントウ虫//ミルクとパンダの赤ちゃん(53秒)//ウーマン・イン・アート(2分52秒)//『世界一周ダンス』(3分42秒)世界7大陸・39カ国をダンスで巡る。見終わって何とも言えない幸福感に包まれる動画。地球最高!※最新版もスゴイ!(4分半)//『SF名文句集』//ボブ・マーリィ巡礼レポ//人体の免疫効果を調べている阪大の研究チームによると、「1日に8回以上笑うことでガンに対する免疫があがる」とのこと。
宇宙はこんなに美しく、
そして果てしなく広大!
究極の天体写真10選
をアップ!美の極致ッス


 

ミレーとゴッホの『種まく人』〜負け戦が続いても、死後に実る麦の種を撒いたと信じて今日頑張る


東京ローカルのMXテレビがパナマ文書に踏み込んだ内容を放送(8分43秒)。パナマ文書リスト記載者の言い訳は全部同じ。
以下の7つを繰り返しているだけ。番組内で企業や投資家の弁明を論破していた。

「ビジネスのためで租税回避(脱税)目的でない」
→租税回避(脱税)目的以外で租税回避地は使われない

「投資先の依頼で」
→投資先の租税回避(脱税)に協力、さらに自分も租税回避、言い訳にならない

「損したから租税回避ではない」
→国内で課税対象の元本の租税回避であり、投資後のゲイン(利益)の話ではない。
 租税回避への投資そのものが税逃れ行為。

「租税回避地と認識していなかった」
→契約書に登記地明記。プロとしてあり得ない。

「金額が小さい」
→大小の話ではなく国民の当たり前の義務を回避したということ

「政治家でないから節税は問題ではない」
→節税ではなく脱税。政治家でなくても犯罪。

「みんなやっている」
→子供の論理






大手メディアがひた隠しにする
“ほんとうのリスト(一部)”

「電通、東電、JALの社名を一切出さない
日本のメディアはジャーナリズム失格、
国会で取り上げない政治家たちも同罪」


(言葉の世界遺産)魂の救命ロープ・人生の名言101おすすめ!
(続・人生の名言101)   (暗黒地獄名言ベスト50)
【アマゾン・ジャンル別BEST】 DVDトップ100 本のベストセラー100 音楽CDトップ100 玩具のトップ100/(GAME)
★マイ・ブックマーク/最近の期待DVD(レンタル開始日)&本&玩具
●3月…シン・ゴジラ(3/22)宇宙戦艦ヤマト2202:愛の戦士たち1(3/24)

【最新版アマゾンTOPランキング 一覧表

●08年の名品ベスト3…(ブルーレイ版)ブレードランナー・ファイナルカット/超像・承太郎(黒ver)/グレン・グールド限定BOX
●09年の名品ベスト3…イデオン総音楽集/ザ・ビートルズBOX/EX合金ウルトラホーク1号/スター・トレック&エンタープライズ号
●10年の名品…美女と野獣スペシャル・エディション/トイ・ストーリー3/フィギュア・次元大介
●11年の名品…岸辺露伴ルーブルへ行く/戦国無双3 Z/アメトーーク17・ジョジョ芸人/奇妙なホラー映画論
●12年の名品…オペラ座の怪人・25周年ロンドン公演
●13年の名品…レ・ミゼラブル/ハッシュパピー/荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟
●14年の名品…ゼロ・グラビティ/ガンダムUC(7)/アナと雪の女王/日本鬼子・元皇軍兵士の告白
●15年の名品…インターステラー/荒木飛呂彦の漫画術

【 各種リンク※クラシックは「ユング君」
PART1(71個) お笑いフラッシュ他(44個)
★2014年のお薦め展覧会&美術館リンク集

文芸ジャンキー版・東京探訪MAPを作成!
北海道 東北 愛知・岐阜 四国 奈良 九州
 東京2
 静岡 北陸 北関東 大阪・三重 京都・滋賀 山陽・山陰 神奈川

アメリカ自然史博物館(NY)が制作した『The Known Universe』はヒマラヤ発→宇宙の果て→ヒマラヤ着を6分半で表現しており、美麗映像とコスモな音楽がめっさ心地良い!現世から遊離したような、神さま目線の浮遊感覚を味わった。ぜひ最大画面で壮大な旅を味わって欲しい。時々画面の下に出ているのは“光年”などの距離情報。地球の周囲の無数の軌道は人工衛星のもの。その後の軌道は月。70光年離れると青い光で包まれるけど、あれは人類の電波が現時点で届いている距離(つまりそれより遠い惑星に異星人がいても、UFOで来ない限り人類の存在に気づけない)。さらに離れると宇宙が扇状に見える。ホントは球形だけどまだ未観測部分があるため扇状に表示されているんだって。なんちゅう、贅沢なひととき!


(STOP THE HATE!! 国連本部前のオブジェ)
「科学と芸術は全世界に属する。それらの前には国境など消え失せてしまう」(ゲーテ)
「あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日」(趙 昌仁)作家
「人間の先祖は本人の血族ばかりでなく、文学の内にも存在している」(オスカー・ワイルド)作家
「人を憎んでいる暇はない。わしにはそんな時間はない」(黒澤監督の映画『生きる』から)
「私は殺されることはあっても、負けることはない」(ヘミングウェイ)作家
「僕が最もウンザリするもの、それは無知による憎しみだ」(マイケル・J・フォックス)俳優
「船は港にいる時、最も安全であるが、それは船が作られた目的ではない」(パウロ・コエーリョ)作家


●『戦争絶滅受合法案』 (原案は第一次世界大戦の終結後、1929年にデンマーク人フリッツ・ホルムが起草したもの)※長谷川如是閑の創作説もあるけど、ウィキに原文=1928年11/16発表があり、やはり本物のようだ。
戦争開始後、10時間以内に次の行動をとること。以下の者を順番に“最下級”の兵士として召集し、できるだけ早くこれを最前線に送り、敵の砲火の下で戦わせること。
1.国家元首。君主も大統領もこれに該当。ただし男子に限る。
2.国家元首の男性親族で16歳以上の者。
3.総理大臣、及び各国務大臣、並びに次官。
4.国会の男性議員。ただし戦争反対の投票をした者は除く。
5.キリスト教や仏教のほか、あらゆる宗教関係者の高僧で、公然と戦争に反対しなかった者。
付記.該当者の妻、娘、姉妹等は、戦争継続中、看護婦または使役婦として召集し、最も砲火が接近した野戦病院に勤務すること。
(後年の妙案)
※有権者の責任…戦争に賛成した議員を選んだ選挙区の有権者から順番に徴兵せよ。
※戦費について…戦費は戦争に賛成した議員の資産、及びその議員を選んだ選挙区の財政でまかなうべし。

  文・糸井重里


●「もともと普通の人々は戦争したいと思っていない。運がよくてもせいぜい無傷で帰って来る位しかない戦争に、貧しい農民が命を賭けようと思うはずがない。だが、国の政策を決めるのは結局指導者であり、反対の声があろうがなかろうが、人々を指導者の望むようにするのは簡単だ。民主主義であろうと、ファシストの独裁であろうと、共産主義であろうとそれは同じだ。『我々の国が攻撃されている。愛国心のない反戦・平和主義者が国を危険にさらそうとしている』と非難しさえすればいい。この方法はすべての国で同じように上手くいく」(ヘルマン・ゲーリング)元ナチス最高幹部/秘密警察創設者
●「(終戦翌年に記す)多くの人が、今度の戦争で騙されていたという。みながみな、口を揃えて騙されてたという。私の知ってる範囲では、“俺が騙したのだ”と言った人間はまだ1人もいない。(略)“騙されていた”といって、平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でも騙されるだろう。いや、現在でもすでに別の嘘によって騙され始めているに違いないのである」(伊丹万作)※伊丹十三監督の父
●「最初にナチスが共産主義者を弾圧した時、不安に駆られたが、私は共産主義者でなかったので、何の行動も起こさなかった。次にナチスは社会主義者を弾圧した。私はさらに不安を感じたが、社会主義者ではなかったので何の抗議もしなかった。それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、その度に私の不安は増したが、それでもまだ行動に出なかった。ある日、ついにナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。だから立ち上がって行動に出たが、その時はもうすべてが遅かった」(マルチン・ニーメラー牧師)
※結局のところ、武器に頼ろうとする弱虫より、他人を信じて武器を捨てる勇気を持つ人間に、全人類がなれるかどうかということ。たとえ非武装の結果、信じた相手に裏切られようと、僕は弱虫として死ぬより、勇気ある人間として死にたい。これは名誉やプライドの問題でもある。僕はどの戦争であろうと、「侵略」かどうかを決めるのは、「軍隊を送った側ではなく、送られた側」だと思ってマス。これは自虐的云々ではなく当たり前のこと。

高畑勲監督(79)といえば『かぐや姫の物語』の他にも、戦争の悲劇を描いた『火垂るの墓』で知られている。監督は9歳の時に岡山で空襲に遭い、焼夷弾の中を家族とはぐれな がらも逃げのびた。東大卒業後、東映動画で「ハイジ」「三千里」などを演出し、宮崎駿さんとジブリを設立した。2015年の元旦、神奈川新聞に載った高畑監督の メッセージが素晴らしかったので以下に紹介。
→(高畑)原爆をテーマにした「はだしのゲン」もそうですが、日本では平和教育にアニメが用いられた。もちろん大きな意義があったが、こうした作品が反戦 につながり得るかというと、私は懐疑的です。攻め込まれてひどい目に遭った経験をいくら伝えても、これからの戦争を止める力にはなりにくいのではないか。
なぜか。為政者が次なる戦争を始める時は「そういう目に遭わないために戦争をするのだ」と言うに決まっているからです。自衛のための戦争だ、と。惨禍を繰り返したくないという切実な思いを利用し、感情に訴えかけてくる。
「戦争をしたとしても、あのような失敗はしない。われわれはもっと賢くやる。70年前とは時代が違う」とも言うでしょう。本当でしょうか。私たちは戦争中 の人と比べて進歩したでしょうか。3.11で安全神話が崩れた後の原発をめぐる為政者の対応をみても、そうは思えません。成り行きでずるずるいくだけで、 人々が仕方がないと諦めるところへいつの間にかもっていく。あの戦争の負け方と同じです。
再び戦争をしないためには、あの戦争がどのように進んでいったかを学ばなければならないと思うのです。私が戦争中のことをどれだけ知っているかと聞かれれば、大したことはない。でも、安倍晋三首相よりは知っています。
集団的自衛権の行使を認めるということは、海外では戦争ができない国だった日本が、どこでも戦争できるようになるということです。政府は「歯止めをかける」と言うが、あの戦争を知っている者にとっては信じられません。ひとたび戦争が始まれば歯止めなどかかるものではありません。そもそも 日本人は戦前から米国が好きだった。ジャズや野球、映画といった文化に親しんでいた。その国と戦争をするとは誰も思わなかった。やっても勝てないと思っていた。
ところが、真珠湾の奇襲作戦が成功して戦争になってしまったら、あとは日本が勝ってくれることだけを皆が願い始めた。それはそうでしょう。負けたら悲惨なことになるに決まっているんですから。
息子の兵役を逃れさせたり、戦争に反対して逮捕されたりした人もいたが、ごく少数。始まってから反対の声を上げるのは難しい。いやいや戦争に協力させられたのだと思っている人も多いけれど、大多数が戦勝を祝うちょうちん行列に進んで参加した。非国民という言葉は、一般人が自分たちに同調しない一般人に向けて使った言葉です。
「空気を読む」と若者が言うでしょう。私はこの言葉を聞いて絶望的な気持ちになります。私たち日本人は昔と全然変わっていないんじゃな いか、と。周りと協調することは良いことですが、この言葉は協調ではなくて同調を求めるものです。歩調を合わせることが絶対の価値になっている。
日本人は昔から意見の対立を好まない。皆を仲間内にして、和気あいあいとして争いを避ける。寄り合いも全員一致主義で、どうしても駄目なら村八分にする。 個を確立し、意見が異なっている人との違いを認め、その上でうまくやっていくという努力を好まない。議論を戦わせない。古くからあるこの体質によって日本 は泥沼の戦争に踏み込んでいったのです。私はこれを「ズルズル体質」と呼んでいますが、「空気を読む」なんて聞くと、これからもそうなる危うさを感じずに はいられません。
だからこそ憲法9条の存在が大事だと思うのです。これこそが「ズルズル体質」を食い止める最後の歯止めです。
戦後の平和をつくってきたものは何かといえば、9条です。基地の負担を押し付けられている沖縄の犠牲を忘れてはなりませんが、米国が戦争を繰り返す中、9条のおかげで日本人は戦争で命を落とすことも人の命を奪うこともなかった。政権の手足を縛ってきたのです。
これを完全にひっくり返すのが安倍政権です。それも憲法改正を国民に問うことなく、憲法解釈の変更という手法で、です。
隣国との対立が深まり、不穏になっているからといって不戦の理想の方を変えるのはどうかしています。9条を大事にしているということは、武力で解決するつ もりはない、というメッセージになる。東アジアに戦争の記憶が残る中、戦争をしないというスタンスはイニシアチブになるはずです。「普通の国」なんかにな る必要はない。ユニークな国であり続けるべきです。戦争ができる国になったら、必ず戦争をする国になってしまう。閣議決定で集団的自衛権の行使を認めることによって9条は突如、突破された。私たちはかつてない驚くべき危機に直面しているのではないでしょうか。
あの戦争を知っている人なら分かる。戦争が始まる前、つまり、いまが大事です。始めてしまえば、私たちは流されてしまう。だから小さな 歯止めではなく、絶対的な歯止めが必要なのです。それが9条だった。「最小限の武力行使」「戦争をやるとしてもうまくコントロールしてやる」なんて、そん な能力を私たち日本人が持っていると思わない方がいい。安倍首相だけが特別無自覚というわけではないと思います。私たちはこの70年で基本的な体質が変わることはなかったのです。(神奈川新聞2015.1.1より)


奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。
過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、奴隷になっても決してその精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を血祭りにあげた。
現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに気付いてすらいない。
それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの唯一の誇りを見い出しさえしている。
(リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)
※ニュージャージー出身、1934年生。詩人、脚本家、小説家(イスラム名/アミリ・バラカ)

格差拡大・福祉削減路線の政治ではなく、所得再分配・社会福祉拡充路線の政治を切望!!

《最後に、これだけは言わせて欲しいッ!》
〜他人と自分の中に“違うところ”を見るのが「戦争」、“同じところ”を見るのが「芸術」〜

人間は国籍、人種、宗教など、自分と「違うもの」を理由に戦争するけど、芸術を味わうことは他人の中に自分と「同じもの」を見つけることだ。相手(作者)の気持ちに心を重ね共感した時、人は初めて“感動”できる。
僕は確信している、人類は絶対に分かり合えると。そうでなければ、こんなにも多くの作品が、時代や国境を越え残っているはずがない。ここまで世界が芸術で溢れ返っているはずがない。芸術の存在が、国家、民族、文化を越えて人々が分かり合うことが可能だと証明している!
芸術は生き続ける力をくれる。もう人生の選択肢がなくなった、行き詰まって打つ手がない、そう思ったときに文学や映画を通して違う価値観、別の生き方の存在を知ることはいくらでもある。僕は何度もそうやって救われてきた。
こんな時代だからこそ“あえて”叫びたい。この世界は断固生きるに価するとーッ!!

※やたらと「日本人は他民族と違う」と強調している人には「日本人は他民族と異なる部分が多い。ただし共通点はさらに多い」と付け加えて欲しい。
※言葉や口先だけの“人間は素晴らしい”では、僕は納得できない。僕だって“素晴らしい”という証拠が欲しいんです。だからこそ、手当たり次第に音楽を聴き、映画や絵画を見、文学を読み漁るのです。確かな証拠が欲しくて!そして「見つけた!」と思ったものを、このサイトで報告しているのです。

民主主義は「最大多数の幸福を目指す」で思考が止まってはいけない。「最大多数の幸福によって救われない可能性のある少数派をいかに救うか」、そこまで考えるのが真の民主主義

過去の反省と愛国心は両立する:歴史認識問題に決着!…日本と韓国 / 中国 / 台湾 / 東南アジア / 米国 / 昭和天皇かく語りき


日本に誇りを持つ者として、「日の丸を拒否する自由を認ない愛国者」ではなく、個人の内面を大切にし「日の丸を拒否する自由も認める愛国者」で僕はありたい。


愛国心とは他国を憎むことではなく、自国の文化を愛すること


【管理人の雄叫び〜リベラル派は力を合わせてCS専門チャンネル開設を!】NHKが秘密保護法の問題点を伝えず、民放が原発問題を避けるように、大手メディアは政権やスポンサーの顔色ばかりうかがい、時事問題に深く斬り込みません。歴史認識問題についても、一部保守メディアが架空の近代史を広め、ネット上には戦争被害者に対する二次加害の言葉が飛び交っています。保守はCS「チャンネル桜」をフル活用していますが、リベラルでは岩上安身氏の動画配信サイト、IWJが孤軍奮闘している状態。CSに専門チャンネルを持つには多額の資金が必要ですが(“桜”は資本金1億)、リベラル側には宮崎駿氏、坂本龍一氏、大江健三郎氏、山田洋次氏、菅原文太氏、吉永小百合氏といった著名人のほか、ノーベル賞・益川敏英氏などの大学教授がたくさんおり、法曹界にも日弁連の弁護士が大勢います。戦後民主主義が最大の危機に晒されている今、開局資金は集まるかと!池上彰氏や堀潤氏がメインキャスターになれば視聴率も期待可。右傾化が進んでいる若者たちに「リベラルはお花畑」と言われないよう、ちゃんと南京事件の証拠となる一次資料を伝え、慰安婦問題なども保守サイドの認識が国際社会の常識からズレている理由を丁寧に解説すれば、理解してもらえると思うのです資料その2)。権力者は特定の国を敵視させることで内政から目を逸らさせています。若者の義憤は、政治家や官僚の腐敗(天下り、ズブズブの特別会計予算)、生存に直結する労働問題(非正規雇用4割=約2043万人、サビ残・ブラック企業野放し)、原発問題(核ゴミの捨て場なし)、オレオレ詐欺・弱者を苦しめる暴力団、タイミング最悪の増税等々に向けられるべきもの。早急に政権からも企業からも干渉されない、真にジャーナリズム魂・反骨精神のある専門チャンネルを立ち上げましょう。秋には秘密保護法が施行されるため状況は待ったなしです。(2014.3)

 ←安倍氏とベッタリの食事友達(寿司友)の提灯記事に要警戒

ジャーナリズムとは報じられたくない事を報じることだ。
それ以外のものは広報に過ぎない(ジョージ・オーウェル)




★近年公開された激涙・満点レビュー映画!映画ファンで良かった!

善き人のためのソナタ リトル・ミス・サンシャイン ブラッド・ダイヤモンド トンマッコルへようこそ ツォツィ シッコ ※激解説
※画像クリックでAmazonへ



重要なのは行為そのものであり結果ではない。行為が実を結ぶかどうかは、生きているうちに分かるとは限らない。
正しいと信ずることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ(ガンジー)

闇は闇を追い払えない。ただ光だけがそれをなし遂げる。憎しみはヘイトを駆逐できない。ただ愛だけがそれを叶える(マーティン・L・キングJr

「生まれながらに肌の色のせいで他者を憎む者などいない。人は憎むことを覚える。ならば、愛することを学べるはずだ。なぜなら、
愛というものは人の心にとって、ずっと自然なことだから」(ネルソン・マンデラ/獄中27年)

戦前の日本について肯定的に評価する政治家たちは歴史認識が不十分で、見ていて恐ろしい。考えが足りない人たちが憲法に手を付けるようなことはあってはならない(宮崎駿)

Now is the time

★サイトのご意見、ご感想はリンク先のメール・アドレスまで!
※頂いたメールは必ず読んでいますが、非常に件数が多いため返信は難しい状況です。どうかご了承下さいませ (>_<)
※無記名は他の人と混同し、誤解、混乱の原因に。HNや仮名でも結構ですので、必ず記名して送って下さいね〜!
※あまりにスパムメールが多い為、ヤフーメールなどフリーメールは受信できません。ご了承下さい。
※iPadからのメールも差出人やアドレスが表示されないためご遠慮頂いています。  m(_ _)m


当サイトは、一般に難しいもの、堅苦しいものと思われがちな各種文芸作品を、切り口を様々に工夫することで、
より広く紹介することを目的としたものであり、"知的財産権"“肖像権”を侵害しようという意図は一切ございません。
著作権法第32条「公表された著作物は、引用して利用することができる」に基づき、作品の「研究」を主たる目的と
して考察に使用しており、著作権侵害にはあたらないと判断しています。ご理解よろしくお願い致します。
(問題がある場合はお知らせ下さい。すみやかに対処します)

「海外の活動家は自らが自殺しない宣言をする」(フィフィ)。あえて“自殺しない宣言をする”意味は何かあるのか?ある。「自殺に見せかけて消されるジャーナリストや活動家がいるから」。
うおお…。それであれば、僕も宣言しておく。絶対に自殺はしない、と。(2012.12.17)

『ある芸術作品に関する意見がまちまちであることは、とりもなおさず、その作品が
斬新かつ複雑で、生命力に溢れていることを意味している』 by オスカー・ワイルド

 kajipon.com ←バナー
このサイトはリンク・フリーです。確認メールなど一切無用ですので、どしどし
リンクを張って下さいませ。“全人類文芸ジャンキー化計画”にご協力を!

2010.6.8 ツイッター開始



著者近影/ラジオ・墓マイラートーク(48分)