「芸術を生むために日々努力をしている人に感謝します。僕は芸術なしでは生きられない」(S・ソダーバーグ監督、アカデミー賞受賞式にて)
「人間性への信頼を失ってはならない。人間性とは大海のようなものである。ほんの少し汚れても海全体が汚れることはない」(ガンジー)
「私は祖国を愛している。だが、祖国を愛せと言われたら、私は遠慮なく祖国から出ていく」(チャールズ・チャップリン)
「後世に残るこの世界最大の悲劇は、悪しき人の暴言や暴力ではなく、善意の人の沈黙と無関心だ」(マーティン・L・キングJr)
「生まれながらに肌の色のせいで他者を憎む者などいない。人は憎むことを覚える。ならば、愛することを学べるはずだ。なぜなら、
愛というものは人の心にとって、ずっと自然なことだから」(ネルソン・マンデラ/獄中27年
「書物が焼かれるところでは、最後には人も焼かれる」(ハイネ)
「“文学者の戦争責任は決して過去のことでなくすでに始まっている。気を抜くなよ、俺は自分を含めとっくに厳しくチェックし始めてるぜ」(いとうせいこう)
「銃よりも即効性はないが対話こそが平和への道」(映画『インタープリター』)
「私は貴方の意見には反対だ。しかし、貴方がそれを言う権利を、私は命にかけて守る」(ヴォルテール)


米首都ワシントンDC 2013.12
文芸ジャンキー・パラダイス
http://kajipon.com
since 1999.5.12


オヌシは 番目の旅人でござる
※2014.12.1/5000万件Hit!  ★English Version

天安門1989.6.4

文芸ジャンキー・パラダイス(文ジャン)へようこそッ!!
このサイトは映画、文学、音楽、マンガ、絵画等あらゆる芸術ジャンルと、偉人たちの『お墓』情報を、ド根性文芸研究家カジポン・マルコ・残月(48)が、鬼神の如く
全世界へ紹介しまくる、愛と狂気と執念の電脳空間!旅&墓関連の掲載画像は怒涛の6000枚、総コーナー数は100ヶ以上、容量22ギガの暴発HP!
うっかり足を踏み入れたのも何かの縁、この超ド級・文芸天国にトコトンつきあってもらいましょう!そう、毒を喰らわば皿までッ!ビバ、アート・サンダー!!
この世は芸術であふれ返っている!人間に他者への共感力があるからだ。芸術は人類が分かりあえる証拠!人間は国籍や文化が違っても、相違点より
共通点の方がはるかに多い
。常にこれを忘れちゃいけない!他人と自分の中に“違うところ”を見るのが「戦争」、“同じところ”を見るのが「芸術」!
芸術は難しくない!敷居を少しでも低くして全人類が親しめるものにする事が、このHPの主旨ッス!


(名言救命ロープ) (恩人墓巡礼) 日本人/外国人/地域国内海外 ダウンロードして使ってネ♪(徒然日記) (ジョジョ総目次) ダウンロードして使ってネ♪(育児blog)/Twitter (お絵描き) (掲示板) (リベラルリンク)




アジア大気汚染速報(リンク)
150有害/200深刻/300危険
毎日更新・人類恩人カレンダー(食前に彼らを讃える杯を!)※記号説明&年間分※1872年以前は旧暦
5月 29日 1944ヘルムート・バーガー生(役)&池上遼一生(マ)、1942与謝野晶子命1917ジョン・F・ケネディ生
1937美空ひばり生、1953ダニー・エルフマン生(S)、1904グレッグ・トーランド生(撮)
1967ノエル・ギャラガー生(M)、2010デニス・ホッパー命(役)、2012新藤兼人命(監)
5月 30日 1431ジャンヌ・ダルク命1640ルーベンス命(画)1778ヴォルテール命(思)1868沖田総司命
1920安岡章太郎生(文)、1909ベニー・グッドマン生(J)1912ウィルバー・ライト@兄命(飛)
2006今村昌平命(監)
ダウンロードして使ってネ♪なぜ芸術はスゴイのか!?〜初来訪の方へ

〔おすすめ番組表〕★番組はイチオシ ※過去の番組 ※YouTube ※アマゾン ※musictonic ※翻訳 ※海外 ※映画 ※サーチナ ※乗り換え ※東京新聞 ※地図 ※首相動静 ※護憲運動 ※画像検索
【5月29日のおすすめ番組】 【5月30日のおすすめ番組】
●7時民放アニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096(9)』…日曜の朝7時からユニコーンガンダムがスタート。
●12時BSプレミアム『大河ドラマアンコール 武田信玄(9)女のいくさ』…信濃の武将、真田幸隆が領地をかけて囲碁の勝負。
●18時NHKBS1『COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン/300回SP』…今までに出演した外国人に大アンケート。
●20時NHK大河『真田丸(21)戦端』…北条氏政は上洛の条件に真田が治める沼田を要求。昌幸は激怒する。
●21時NHK『廃炉への道2016 核燃料デブリ 迫られる決断』…最大の難関“核燃料デブリ”の取り出しに向け、大きな岐路。
★22時50分Eテレ『宇宙を奏でた作曲家〜冨田勲 84年の軌跡』…今月他界した作曲家・冨田勲をしのんだ特番。グラミー賞候補になった「月の光」、「宇宙人ピピ」や「ジャングル大帝」「新日本紀行」などテレビの世界で親しまれた曲を振り返る。
●24時BSプレミアム『アンナ・ネトレプコ インタビュー』…オペラ界のスター、アンナ・ネトレプコが3月に行った待望の東京公演。「21世紀の歌姫」とも呼ばれる彼女の充実の歌声をオンエア。曲目は蝶々夫人、オテロ、トロヴァトーレ他。
★深夜1時55分Eテレ『生命大躍進 第3集 ついに“知性”が生まれた』(再)…太古へのタイムトラベルCGで描く“知性の誕生”。
●5時BSプレミアム『クラシック倶楽部 美しい日本を歌う〜日本の合唱曲』… 曲目は「春に」「筑後川」カンタータ「土の歌」。
●7時Eテレ『シャキーン!』…朝から頭をフル回転!幼児も大人も楽しめるクイズが続々と出てくる、充実の15分番組。
●8時NHK『連続テレビ小説 とと姉ちゃん(49)常子、初任給をもらう』…主人公が父(とと)がわりに家族を助けて大奮闘。


3日おきに更新・人生の名言(救命ロープ)
10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては
貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか(ゲーテ)


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
ダウンロードして使ってネ♪ 【お薦めアマゾン 一覧表】ダウンロードして使ってネ♪

★真上&左側のアマゾン検索BOX
ご利用の方へ(管理人より御礼)

サイト内検索 powered by Google

文芸ジャンキー・サイト内検索

〜あの人に会いたい〜
世界恩人巡礼写真館

海外720名 / 国内1334名
ジャンル別
or地域別国内海外
恩人巡礼墓ベスト800

謁見希望者リスト
烈風伝
実録!墓をたずねて三千里
        (胸キュン・イラストつき)
あの人の人生を知ろう
 09夏 15夏
史上最強の超名作
洋画ベスト1000
タイトル編  解説編

監督ベスト80  撮影16
男優ベスト70
女優ベスト40
名画・NG映画の条件
大傑作!邦画ベスト333
タイトル編  解説編

映画音楽作曲家30
シネマ・ジャンキーの掟
映画のひみつ

シネマ・ロケ地写真集
この映画に、もの申す
このサウンドを聴くべしッ!
洋楽ベスト200
邦楽ベスト150
爆発!クラシック作曲家
ジャズJAZZ ●テクノ
ワールド・ミュージック

夭折ミュージシャン表
《文学・絵本・俳句》





外国文学編
日本文学編
特選名作川柳300首
魂の絵本ベスト200
ビバ・俳句!3大俳人
大至急読んで欲しい
オススメの7冊
《マンガ・絵本・アニメ》






傑作マンガTOP100(名セリフ付)
少女マンガ100(ネット順位)

傑作テレビアニメBEST30
熱血解説!ガンダムの魅力
ようこそムーミン谷へ!
ジョジョ・コーナー総目次
松本大洋の世界
《絵画・美術》
黄金の西洋画家70
いぶし銀・日本絵師50
カジポン国際美術館

名作茶器ウットリ展示室
やさしい仏像鑑賞入門
至福!傑作仏像写真館
京都・奈良この寺へ行け!
美形仏像バンド・イケメンズ
《エトセトラ》
新芸術!ゲームBEST50
ミュージカルBEST10

旅先ベスト98ヶ国
超バンジージャンプ
フィギュア・スケート入門
プロレスの芸術
昇天!洋酒78種類ガイド
缶ジュース・ランキング
《エトセトラ2》
びっくり宇宙豆知識
究極の天体写真10選
自分の部屋で宇宙旅行

人類史スペシャル年表
日本の山・面白豆知識
ヤバ過ぎ!紅葉特集
ネット不条理公式50選


《プライベート・ルーム》


カジポン衝撃のプロフィール
カジポン作・ド真剣純文学
若者の悩みQ&A

カジポンの『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック』
過去のオフ会、その他おもな活動
※【 ピック・アップ・コーナー 】にGO!


【勝手に支援】リベラル系・外部サイト最新記事【絶滅危機】
※一段目のみ、業者がジャンル無関係に自動表示(消せない…)

外部リンク 全国の戦争法案反対デモ&抗議日程一覧
日本国憲法第98条…この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
日本国憲法第99条…天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


前回の衆院選で民主と共産の合計票が自民を上回っていた選挙区は44カ所もあり、協力していれば自民は公明を足しても3分の2に達しなかった!共産の共闘の呼びかけを断り、この期に及んで選挙協力できない民主党議員は、「共産と組むくらいなら安倍内閣が続く方がマシ、違憲立法、戦争法を認めた方がマシ」と言ってるのと同じ。合計票で勝っていながら共倒れというあの愚行を忘れたのか
“時代に合わない”から憲法を変えるのではなく、憲法がうたう理想の方に時代を変えていかなくちゃならない。非戦を誓った憲法は国民が目指すべき旗。旗を降ろしたときに理想は遠ざかる。僕はこの旗を掲げてきた日本という国が好きだ。

          
【ジョジョラーMAP】(2013.4.21-)              【墓マイラーMAP】(2013.7.5-)
【旗はリアルタイム】★左の地球儀はジョジョコーナー閲覧者/★右の地球儀は墓巡礼コーナー閲覧者/★両方に表示されている人はこのトップを見ている人です


   残月徒然日記(最新文芸情報) ★ほっこり更新!日々前進!笑門福来!★



『ハチョ〜ッ!皆様の御訪問をお待ちしておりました〜ッ!ガルルルル…
(体調やペース配分を考えて、ごゆっくりどうぞ)』
 ダウンロードして使ってネ♪ 当サイト紹介記事!(アスキー)



●5月28日…昨日のオバマ大統領のヒロシマ演説、素晴らしかった。取り急ぎ、全文を紹介。

71年前の明るく晴れ渡った朝、空から死神が舞い降り、世界は一変しました。閃光と火の壁がこの街を破壊し、人類が自らを破滅に導く手段を手にしたことがはっきりと示されたのです。
なぜ私たちはここ、広島に来たのでしょうか?
私たちは、それほど遠くないある過去に恐ろしい力が解き放たれたことに思いをはせるため、ここにやって来ました。
私たちは、10万人を超える日本の男性、女性、そして子供、数多くの朝鮮の人々、12人のアメリカ人捕虜を含む死者を悼むため、ここにやって来ました。
彼らの魂が、私たちに語りかけています。彼らは、自分たちが一体何者なのか、そして自分たちがどうなったのかを振り返るため、本質を見るように求めています。
広島だけが際立って戦争を象徴するものではありません。遺物を見れば、暴力的な衝突は人類の歴史が始まった頃からあったことがわかります。フリント(編注・岩石の一種)から刃を、木から槍を作るようになった私たちの初期の祖先は、それらの道具を狩りのためだけでなく、自分たちの同類に対して使ったのです。
どの大陸でも、文明の歴史は戦争で満ちています。戦争は食糧不足、あるいは富への渇望から引き起こされ、民族主義者の熱狂や宗教的な熱意でやむなく起きてしまいます。
多くの帝国が勃興と衰退を繰り返しました。多くの人間が隷属と解放を繰り返しました。そして、それぞれの歴史の節目で、罪のない多くの人たちが、数えきれないほどの犠牲者を生んだこと、そして時が経つに連れて自分たちの名前が忘れ去られたことに苦しめられました。
広島と長崎で残酷な終焉へと行き着いた第二次世界大戦は、最も裕福で、もっとも強大な国家たちの間で戦われました。そうした国の文明は、世界に大都市と優れた芸術をもたらしました。そうした国の頭脳たちは、正義、調和、真実に関する先進的な思想を持っていました。にもかかわらず、支配欲あるいは征服欲といった衝動と同じ衝動から、戦争が生まれたのです。そのような衝動が、極めて単純な部族間同士の衝突を引き起こし、新たな能力によって増幅され、新たな制限のないお決まりのパターンを生んでしまったのです。
数年の間に、およそ6000万人もの人たちが亡くなりました。男性、女性、子供、私たちと何ら違いのない人たちがです。射殺され、撲殺され、行進させられて殺され、爆撃で殺され、獄中で殺され、餓死させられ、毒ガスで殺されました。世界中に、この戦争を記録する場所が数多くあります。それは勇気や勇敢な行動を綴った記念碑、言葉では言い表せないような卑劣な行為の名残でもある墓地や空っぽの収容所といったものです。
しかし、この空に立ち上ったキノコ雲の映像を見た時、私たちは人間の中核に矛盾があることを非常にくっきりとした形で思い起こすのです。
私たちの思考、想像力、言語、道具を作る能力、そして人間の本質と切り離して自分たちを定めたり、自分たちの意志に応じてそうした本質を曲げたりする能力といったものを私たちが人類として際立たせること――まさにそうしたことも類を見ない破滅をもたらすような能力を私たちに与えられることによって、どれだけ悲劇をもたらす誘発剤となってしまうか。
物質的な進歩、あるいは社会的な革新によって、どれだけ私たちはこうした真実が見えなくなってしまうのか。
より高い信念という名の下、どれだけ安易に私たちは暴力を正当化してしまうようになるのか。
どの偉大な宗教も、愛や平和、正義への道を約束します。にもかかわらず、信仰こそ殺人許可証であると主張する信者たちから免れられないのです。
科学によって私たちはいろいろなコミュニケーションをとります。空を飛び、病気を治し、科学によって宇宙を理解しようとします。そのような科学が、効率的な殺人の道具となってしまうこともあります。
現代の社会は、私たちに真理を教えています。広島は私たちにこの真理を伝えています。技術の進歩が、人類の制度と一緒に発展しなければならないということを。科学的な革命によって色々な文明が生まれ、そして消えてゆきました。だからこそいま、私たちはここに立っているのです。
私たちは今、この広島の真ん中に立ち、原爆が落とされた時に思いを馳せています。子供たちの苦しみを思い起こします。子供たちが目にしたこと、そして声なき叫び声に耳を傾けます。私たちは罪のない人々が、むごい戦争によって殺されたことを記憶します。これまでの戦争、そしてこれからの戦争の犠牲者に思いを馳せます。
言葉だけで、そのような苦しみに声を与えるものではありません。しかし私たちには共有の責任があります。私たちは、歴史を真っ向から見据えなけれなりません。そして、尋ねるのです。我々は、一体これから何を変えなければならないのか。そのような苦しみを繰り返さないためにはどうしたらいいのかを自問しなくてはなりません。
いつの日か、被爆者の声も消えていくことになるでしょう。しかし「1945年8月6日の苦しみ」というものは、決して消えるものではありません。その記憶に拠って、私たちは慢心と戦わなければなりません。私たちの道徳的な想像力をかきたてるものとなるでしょう。そして、私たちに変化を促すものとなります。
あの運命の日以来、私たちは希望を与える選択をしてきました。
アメリカ合衆国そして日本は、同盟を作っただけではなく友情も育んできました。欧州では連合(EU)ができました。国々は、商業や民主主義で結ばれています。
国、または国民が解放を求めています。そして戦争を避けるための様々な制度や条約もできました。
制約をかけ、交代させ、ひいては核兵器を廃絶へと導くためのものであります。それにもかかわらず、世界中で目にする国家間の攻撃的な行動、テロ、腐敗、残虐行為、抑圧は、「私たちのやることに終わりはないのだ」ということを示しています。
私たちは、人類が悪事をおこなう能力を廃絶することはできないかもしれません。私たちは、自分自身を守るための道具を持たなければならないからです。しかし我が国を含む核保有国は、(他国から攻撃を受けるから核を持たなければいけないという)「恐怖の論理」から逃れる勇気を持つべきです。
私が生きている間にこの目的は達成できないかもしれません。しかし、その可能性を追い求めていきたいと思います。このような破壊をもたらすような核兵器の保有を減らし、この「死の道具」が狂信的な者たちに渡らないようにしなくてはなりません。
それだけでは十分ではありません。世界では、原始的な道具であっても、非常に大きな破壊をもたらすことがあります。私たちの心を変えなくてはなりません。戦争に対する考え方を変える必要があります。紛争を外交的手段で解決することが必要です。紛争を終わらせる努力をしなければなりません。
平和的な協力をしていくことが重要です。暴力的な競争をするべきではありません。私たちは、築きあげていかなければなりません。破壊をしてはならないのです。なによりも、私たちは互いのつながりを再び認識する必要があります。同じ人類の一員としての繋がりを再び確認する必要があります。つながりこそが人類を独自のものにしています。
私たち人類は、過去で過ちを犯しましたが、その過去から学ぶことができます。選択をすることができます。子供達に対して、別の道もあるのだと語ることができます。
人類の共通性、戦争が起こらない世界、残虐性を容易く受け入れない世界を作っていくことができます。物語は、被爆者の方たちが語ってくださっています。原爆を落としたパイロットに会った女性がいました。殺されたそのアメリカ人の家族に会った人たちもいました。アメリカの犠牲も、日本の犠牲も、同じ意味を持っています
アメリカという国の物語は、簡単な言葉で始まります。すべての人類は平等である。そして、生まれもった権利がある。生命の自由、幸福を希求する権利です。しかし、それを現実のものとするのはアメリカ国内であっても、アメリカ人であっても決して簡単ではありません。
しかしその物語は、真実であるということが非常に重要です。努力を怠ってはならない理想であり、すべての国に必要なものです。すべての人がやっていくべきことです。すべての人命は、かけがえのないものです。私たちは「一つの家族の一部である」という考え方です。これこそが、私たちが伝えていかなくてはならない物語です。
だからこそ私たちは、広島に来たのです。そして、私たちが愛している人たちのことを考えます。たとえば、朝起きてすぐの子供達の笑顔、愛する人とのキッチンテーブルを挟んだ優しい触れ合い、両親からの優しい抱擁、そういった素晴らしい瞬間が71年前のこの場所にもあったのだということを考えることができます。
亡くなった方々は、私たちとの全く変わらない人たちです。多くの人々がそういったことが理解できると思います。もはやこれ以上、私たちは戦争は望んでいません。科学をもっと、人生を充実させることに使ってほしいと考えています。
国家や国家のリーダーが選択をするとき、また反省するとき、そのための知恵が広島から得られるでしょう。
世界はこの広島によって一変しました。しかし今日、広島の子供達は平和な日々を生きています。なんと貴重なことでしょうか。この生活は、守る価値があります。それを全ての子供達に広げていく必要があります。この未来こそ、私たちが選択する未来です。未来において広島と長崎は、核戦争の夜明けではなく、私たちの道義的な目覚めの地として知られることでしょう。

●5月27日…本日午後、オバマ大統領が広島の原爆慰霊碑に献花する予定。現職大統領では初。米には反対世論もあるのに、よく来てくれた。どんな言葉を広島から発信するのか注視。

●5月26日…好評オンエア中のジョジョ四部アニメ。ブルーレイの発売日程などを見ていると、前後期に分けて放送された第3部と異なり、4部は一気に最終回までいくっぽい。
ジョジョ友のDOR君がコミックスを参照しながら、今後のオンエア日程を表にまとめてくれたので以下に紹介。あくまでも“予想”なのでズレるかもしれないけど、基本的にはこの流れでいくと思う。ジョジョラーの方、参考にどうぞ!

  年内終了、来年は5部!?

//今夜(26日)22時50分からNHK『SONGS』でプリンスの追悼特集。貴重なライブ映像や日本初公開インタビュー、スティービー・ワンダーの追悼インタビューを通してプリンスの実像に迫るとのこと。人種差別や音楽業界と闘った「孤高の天才」、25分間にその魅力を凝縮。

●5月25日…恐怖小説「キャリー」「シャイニング」などで知られるスティーブン・キング氏(69)ら米国の作家が、米大統領選をめぐって、ドナルド・トランプ氏が共和党の候補となることに「良心の問題として断固反対する」との声明を昨日発表。声明は「米国民への公開書簡」と題され、トランプ候補が「わざわざ社会の最も暴力的な部分に訴えかけ、支持者が攻撃的になるよう仕向け、反対を封じ、女性や少数派を中傷している」などと批判。
欧米の作家は自らの政治的立場を明確にし、信念を持って発言している。日本の作家も、ビビってないで、どんどん政治について発言して欲しい。日本の異常とも思える投票率の低さは、政治と国民の日常生活との間に距離が開きすぎている事が原因のひとつ。職場での政治話はタブーとか。この悪しき風習をいい加減変えないと。
※投票率60%以下の選挙は無効という法律を早急に作るべき。無効になると選挙費用の巨額の税金がパー&再選挙になるので、“それはマズイ”と多くの人が投票所へ向かうだろう。

●5月24日…東京で2日間にわたって墓マイラーと交流。めっさディープな2日間だった(初日池上本門寺、翌日青山霊園)。懇親会では未墓参の墓の情報を交換。普通、居酒屋では空気を読んでなかなかお墓の話が出来ないけど、墓マイラー飲み会だと、どんなにお墓LOVEを叫んでも「そうだぁ!」となるのでホーム感がハンパない。みんな、人間が好きだから歴史はもちろん墓石まで好きになるわけで、いろんな意味でポジティブ&健康的。足繁く墓地に通う=自分もいつか死ぬこと何度も認識するため、日々を大切に生きようってなる。
青山霊園には朝8時から夕方6時まで滞在。15時半まで茨城の石材屋さんを案内し、その後は墓マイラー有志で明治初期に活躍した人物を中心に巡礼した。現代の人物では、沖縄の普天間基地返還への道筋を最初につけた元首相の橋本竜太郎氏(1937-2006)。厚相・蔵相等を歴任後、1996〜98年まで総理を務めた。墓前には名前の竜にちなんだお供え物が…。


付近には北里柴三郎や宮沢喜一元首相も “竜”太郎ゆえか首長竜がいっぱい!

※家に泊めてくれた友人夫妻にも感謝。オリーブオイルを入れた小皿にクレイジーソルトを振りかけ、冷たいお豆腐をつけて食べたら最高のおつまみになることも知った。豆腐だからヘルシーでいいね。スモークチキンをつけても美味しかった。自分でも作ってみよう。教えてくれてありがとう。

●5月20日…日曜、月曜と東京で仕事や墓巡礼があるため、次回の更新は24日(火)になります!番組情報をまとめてアップしておきますね。
※管理人参加予定 2016.5.22東京巡墓会「池上本門寺編」

●5月19日…テレビでは東京ローカルのMXテレビだけが、パナマ文書に踏み込んだ内容を放送している(8分43秒)。パナマ文書リスト記載者の言い訳は全部同じ。以下の7つを繰り返しているだけであり、番組内で企業や投資家の弁明を論破していた。

「ビジネスのためで租税回避(脱税)目的でない」
→租税回避(脱税)目的以外で租税回避地は使われない

「投資先の依頼で」
→投資先の租税回避(脱税)に協力、さらに自分も租税回避、言い訳にならない

「損したから租税回避ではない」
→国内で課税対象の元本の租税回避であり、投資後のゲイン(利益)の話ではない。
 租税回避への投資そのものが税逃れ行為。

「租税回避地と認識していなかった」
→契約書に登記地明記。プロとしてあり得ない。

「金額が小さい」
→大小の話ではなく国民の当たり前の義務を回避したということ

「政治家でないから節税は問題ではない」
→節税ではなく脱税。政治家でなくても犯罪。

「みんなやっている」
→子供の論理

 
大手メディアがひた隠しにする“ほんとうのリスト(一部)”







「電通、東電、JALの社名を一切出さない
日本のメディアはジャーナリズム失格、
国会で取り上げない政治家たちも同罪」

//沖縄で米軍基地に勤務している元米兵が、20歳の女性を殺害する痛ましい事件が。春に別の暴行事件があったばかり。これは個人の犯罪ではあるけれど、1972年の本土復帰以降、米兵・軍属による犯罪は5896件。うち、殺人・強姦など凶悪犯罪は574件も起きている。こういう事実も本土の人はちゃんと知っておくべきだ。

●5月17日…国会中継、民進・岡田代表が安倍氏に「消費増税を3年延期せよ、ただし3年後は必ず増税断行」と迫っているのを見て、めっさ違和感。
年々増大する社会保障費を考えると、税収を増やす必要があるのは分かる。でも、貧困者ほど深刻な打撃を受ける消費増税は、特別会計の無駄金削減、天下り根絶、公務員給与の民間平均化など、出来ることを全てやった後の、最後の最後に持って来るもの。
まして、日本の大企業・富裕層がタックスヘイブンで世界第2位の巨額な税逃れを行っていることが明らかになったのに、なんで消費増税の実施を前提に自民も民進も討論するかね。毎年、何十兆円も海外に流れていることが発覚したのに、それがなかったことのように国会が進んでいる。まずは大企業や超富裕層の隠れ貯蓄に課税だろう。優先順番がおかしい。
マスコミは(スネに傷があるせいか)積極的に伝えないけど、問題になっているパナマは決してラスボスなんかじゃない。租税回避地(脱法脱税地)は無数にあるけど、政府は最低でも以下9カ所の日本からの利用状況を徹底的に調べ上げるべき。

ケイマン諸島※ここだけで日本から約60兆円が流れている。人口5万人の島に。
ヴァージン諸島
ルクセンブルグ
モナコ
香港
シンガポール※本命といわれている
バミューダ
スイス
リヒテンシュタイン

消費税率1%で税収2兆円分とされている。ケイマン諸島の約60兆円に今の法人税率が適用されれば、約14兆円もの税収になる。つまり、ケイマンだけで消費税7%相当。他のタックスヘイブンを合わせたら、天文学的な金額になる。今回膨大なデータが漏れたパナマの法律事務所は、あくまでも世界第4位。さらに上に、モンスターのような3社がいる。

/タックスヘイブン利用企業や資産家に適切に課税していれば(日本累計100兆円以上)、
・小学校から大学までの教育費無料(2兆7900億円)※北欧では既に実現。奨学金地獄から解放
・保育士、介護士の賃金の大幅アップ
・消費税(17兆1120億円)は増税ところか撤廃が可能
世界第3位の経済大国だからこそ、出来ることが山ほどある。

●5月16日…週末のTBS『情報7daysニュースキャスター』の一週間のニュースワードランキング。パナマ文書が10日に公開されたのでぶっぎりの第1位になると思いきや、1位はベッキー復帰、2位舛添都知事、3位大相撲夏場所、以下はプロ野球、蜷川幸雄訃報、三菱自動車が日産傘下、北朝鮮パレード、イケメンアスリート、伊勢志摩サミット、フィリピン大統領選で、パナマ文書はトップ10に入らず、なんと18位だった。なんだそりゃああああ!?国民生活全体に関わる大問題よりベッキー復帰が重要だなんて…。だがしかし、超富裕層はアンダーコントロールが成功したとほくそ笑んでいるだろうけど、絶対に鎮火は無理。日本だけの問題じゃないし、なんせコトが大きすぎる。今週はアンコン成功したとしても、この問題だけは絶対に風化なんてしない。

●5月15日…よっしゃあ!遅くなりましたが、1月に東京で開催した当サイトの読者交流会(お薦めアート・プレゼンまつり)のレポートを5/7−5/11の日記にドッカーンとアップしました!画像は計48枚!文学、漫画、画集、映画、クラシック、ロック、自然アート、格闘技、数学アート、様々なジャンルの読者の“お気に入り”が紹介された、朝10時から夜10時までの文芸トライアスロン・イベント。次回は年末(or年始)に大阪で開催しますので、皆さん是非ご参加下さいませ!お薦めアートを教えてつかーさい!(*^o^*)

●5月14日…カレーライスに厚揚げを入れると意外にうまい。

●5月13日…前回のオフ会レポートを鋭意執筆中。

●5月12日…日本を代表する舞台演出家、蜷川幸雄さんが他界。享年80。大阪日本橋の近鉄劇場で観た『マクベス』、素晴らしかったです。哀悼の意を表します。

//わずか1日が経たっただけで、各ニュース番組はパナマ文書のパの字も出さなくなった。おかしいだろ、連日トップニュースにすべき問題なのに。少なくとも新しい税制や罰則が成立するまで報道を止めるべきじゃない。

●5月11日…読者交流会(お薦めアートまつり)レポ・その5/ラスト

挿絵家エロール・ル・カインはシンガ
ポール出身。グーグルで画像検索する
と、美しい挿絵がいっぱい出てくる
47歳の若さで没したのが残念
こちらは仏のイラストレーター、ジョ
ルジュ・バルビエ(享年50)の画集。
バレエやオペラの舞台衣装を多くデザ
イン。アール・デコ調(画像検索
※エロール・ル・カインの絵に音楽をつけた動画(6分)がYouTubeにあった!
スピッツの歌詞を啄木や俵万智の短歌と
比較しながら研究。草野マサムネは天才
管理人のプレゼンは「ベートーヴェン
第九はなぜ素晴らしいか」。全力解説!


第一部のトリは松本大洋『ピンポン』
の漫画とアニメ版の比較。アニメは
脇役の出番が増えており、プレゼン
で「隠れ主役は江上」と断言
『ピンポン』のクライマックスを語り
ながら、感極まって熱い涙がしたたり
落ちるFさん(ここはボカシ画像で)
※松本先生にこの滝泣を見せてあげたい!
10時にスタートした第一部がここで終了。時計を見たらもう17時!夕方じゃん!参加者のAさん「まさかお昼時間がカットされるとは…」。
トイレ休憩タイムに皆が持参した
画集やCDの歌詞カードを閲覧

遅れて参加した方が新作マッドマックス
(怒りのデスロード)の美術や裏設定の
作り込みがハンパないと力説


第2部で、アートを鑑賞する側から
生み出す側にまわるべく、人体アート
の極致、バレエ『ボレロ』に皆で挑戦
今後のオフ会で、毎回ボレロを練習
して完成度をあげていこうと胸に誓う

※『ボレロ』は基本となる6種類の振り付けを最初に特訓し、その後、ジョルジュ・ドンの舞台を見ながら踊った。

第3部は恒例のサイトQ&Aや、映画、
ゲーム、硬派な社会問題まで何でも
語り合う懇親会。22時までしゃべった!


番外編:最年少6歳のプレゼンは
サンダーバードの発進シーンの
魅力など。オフ会未参加の方、
ぜひ、次回は貴殿のお気に入り
アートを教えて下さいね〜♪
(オフ会レポ・完)

●5月10日…読者交流会(お薦めアートまつり)レポ・その4

戦隊ヒーローに登場する怪人のデザイン
画集「百化繚乱」。男子の大好物
個性的なデザインの怪人たちを
みんなで鑑賞&楽しいツッコミ
全米一の黒人専門書店を作ったルイス・
ミショーの伝記『ハーレムの闘う本屋』。
黒人差別が激しかった頃、ミショーは
「知識こそ力」と信じ本屋を開店。「黒人は
本を読まない」と言われても、人々の
意識を目覚めさせるべく奮闘した
この日一番大ウケだったプレゼン、映画
『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』。
「僕が取り上げなかったら皆さん一生
見る機会ない」に爆笑。映像美はすごい
のにフェニックスがヘタレとか、壮大な
ネタ映画として強烈なインパクトを残した
※ミショーの本屋は開店当初5冊しかなかったけど、35年後に地方の図書館に匹敵する22万5千冊にもなっていたとのこと。サッチモやマルコムXも来店した。
故アルフレッド・ベスターの傑作SF
『虎よ、虎よ!』。加速装置の原型が
登場するなど、後世に多大な影響!
同書は文字配列で視覚効果を出す
タイポグラフィを導入。ベスターいわく
「読書は全感覚的な知的体験であるべき」
Perfumeのライブはサイバー炸裂空間、
デジタルワールドに圧倒された(動画)。
近未来でライブを見ているような感覚
小さな娘さんを抱っこして中村一義の
「永遠なるもの」を紹介。世界を優しく
見つめる、良いお父さんを持ったね
北海道の旭川から参加!北の大地の
花畑や雪まつりをアートとして紹介
なんと旭川駅前には冬になると市民スケ
ートリンク
が!靴も入場料も無料!!
(つづく)

//マトモに報道されないパナマ文書。報ステでさえ放送開始から30分後にようやく取り上げ、“違法ではない”と大企業の言い分ばかり報道。違法じゃない枠組みの中で、これだけの課税逃れが起きてることが大問題なのに、そこを突っ込まない。古舘アナや立野解説委員がいたら、こんなヌルい内容じゃなかったはず。報ステは番組スポンサーのユニクロ柳井氏の名も出さなかった。
2015年時点で世界の0.1%の大金持ちがパナマを含むタックスヘイブンに持つ未申告の金融資産は、最低でも24兆〜36兆ドル(3750兆円)。日米GDP合計を上回る天文学的数字。
/舛添都知事の高額出張費と公私混同の浪費、三菱自動車のデータ不正、トドメは東京五輪の2億円ワイロ疑惑…日本はどうなった。

●5月9日…読者交流会(お薦めアートまつり)レポ・その3

“数学とアートの交差点”と題された
プレゼン!手元をビデオカメラで投影
メビウスの輪に切り込みを入れると
どうなるか実験。チビッコも楽しめる
なんとチェーンみたいになった!文系の
参加者が多い為、理系アートが実に新鮮
民俗音楽とプログレが融合、透明感の
ある“ZABADAK”の音楽世界を味わう
結成30年で念願の武道館ライブを実現
したロックバンド「怒髪天」。熱い歌声
※「大人は最高、人生を背負って
大はしゃぎ」の歌詞が好き(MV
こちらの方はVincent De Moorの
トランス音楽を紹介。様々なジャンルの
音楽に出会えるのも文芸オフ会の魅力。
※YouTubeにCrystal Cloudsがあった!
ものすごい熱量で迫稔雄先生の漫画
『嘘喰い』を解説。ギャンブル+暴力の中
で人間の本質を描きつつ、生を強く肯定
画力が初期から猛烈にアップ。
「もはや別人」に会場が沸いた(笑)
※確かにこの進化は目からウロコ
(つづく)

●5月8日…読者交流会(お薦めアートまつり)レポ・その2

ドラえもんはなぜ大人が読んでも
面白いのか、様々な切り口から力説。
“ひみつ道具”が現実になった例も
藤子先生は「ドラえもん」とは別作品と
なるSF短編を112作品も発表している。
当日は衝撃作「ミノタウロスの皿」も登場
※アニメのドラえもんは声優が変わってもう10年。今の子どもは旧声優の方に違和感があるんだって。確かにウチの子もそういうことを言ってたわ。
戦国時代で“正しい方の味方をする”と
いうのび太に「どっちも自分が正しいと
思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ」

お薦めミステリーの紹介では、読者の
先入観を利用して誤った解釈を与え、
文章上の仕掛けでミスリードを誘う
“叙述トリック”の魅力について解説
※紹介されたミステリーは「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午、「イニシエーション・ラブ」乾くるみ、「○○○○○○○○殺人事件」早坂吝。“衝撃度”“忍耐力”など5項目で評価。
ジャン=ピエール・ポネルのオペラ演出を
50代の方が解説。「演出が音楽を!音楽
が演出を引き立てるッ!」とジョジョ的な
荒木節が出て、会場からどよめき!
ロッシーニの喜劇オペラ「チェネレン
トラ」(シンデレラ)を題材に、シンメ
トリーの美学にこだわった演出を堪能

ここでサプライズというか、僕とレンタカー
で欧州巡礼に行った2人が、「カジポン」
を作品として紹介。緊張で冷や汗が出た
道に迷ったら…
一般的には→地図を見る
カジポンさん→太陽を見る
ブラジルの格闘技カポエイラ(カポエラ)
をやっている方が、身体アートとして紹介
打楽器のリズム演奏にのせ、踊るように
足技を繰り出す。勝敗はつけないんだって
※YouTubeにたくさんカポエイラの動画がある。身体能力の高さに驚く!
(つづく)

●5月7日…今年の1月11日に東京文化会館(上野)で開催された当サイトの読者交流会。“お薦めアートまつり”と題して、一人当たりの持ち時間15分で、参加者各自が“これはアート”と思ったものを互いに紹介しました。午前10時スタートで、すべてプログラムが終了したのが22時という、濃密な12時間イベントとなりました。参加者は43名(定員40名ですが部分参加者と3名交代)。男性33名、女性10名。本州だけでなく、北海道や四国という遠路からの参加も。
お薦めアートを紹介したプレゼンターは23人(6歳〜50代)。紹介内容のラインナップは次の通り→
夏目漱石の講演「私の個人主義」/ジャン=ピエール・ポネルのオペラ演出:「チェネレントラ」にみるシンメトリーの美学/松本大洋『ピンポン』の漫画とアニメ比較/ドラえもんはなぜ大人が読んでも面白いのか/数学とアートの交差点(実験:メビウスの輪)/エロール・ル・カインとジョルジュ・バルビエの画集/神サイト:絶版漫画図書館/アルフレッド・ベスター『虎よ、虎よ!』/迫稔雄『嘘喰い』/Perfumeのライブ演出/ザバダック(Zabadak)の音楽/伝記『ハーレムの闘う本屋〜ルイス・ミショーの生涯』/石ノ森章太郎の百化繚乱(怪人デザイン画集)/ミステリー推薦「葉桜の季節に君を想うということ」(歌野晶午)、「イニシエーション・ラブ」(乾くるみ)、「○○○○○○○○殺人事件」(早坂吝)/映画『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』/北海道の自然や雪まつりアート/トランス音楽:Vincent De Moor「Crystal Clouds」/中村一義『永遠なるもの』/スピッツの歌詞と音楽/ロックバンド“怒髪天”/新『サンダーバード ARE GO』の魅力。他に番外編というか、体感系として、ブラジル武道のカポエイラと、ジョルジュ・ドンのバレエ『ボレロ』全員チャレンジ。
今年のオフ会の特徴は、何と言っても“パワーポイント”。従来のオフ会と異なり、過半数のプレゼンターが事前にパワポに資料をまとめていた。以下、フォト・レポートを綴ります。

会場の東京文化会館。上野駅の真横 祝日の朝9時半から集合
1人目は四国からのMさん。漱石の
講演『私の個人主義』(リンク)をお薦め
キルケゴールやサルトルの実存主義を
絡めつつ近代日本の自我の目覚めを語る
※先見性のある漱石は講演の後半で国家主義の危うさについても語っている。
漱石は生き方に勇気を与える言葉を
残した。ブチャ(ジョジョ)の「自分の信じ
られる道を歩いていたい!」とリンク

世の中には絶版となった漫画を無料で
公開する神サイト「絶版マンガ図書館」
存在する!広告収入が出版社を通さず
著者へ渡るため“無料”で閲覧が可能!
参加者に大ウケだった応援団漫画
『男旗』。「自分はゴミの中のゴミです…
ゴミにもいろいろあります。自分は
燃えるゴミでありたいです!押忍!」
ラインナップには『ハイスクール!
奇面組』など意外なメジャー作品も。
無料で公式に全巻読めるので
海賊版がすたれる!良いことだらけ!
(つづく)



●5月6日…今世紀最大の事件ともいわれるパナマ文書の全面公開は日本時間の5/10午前3時。あと数時間まで迫っている。情報提供者は“超富裕層の腐敗が資本主義を崩壊させ、革命を引き起こす可能性がある”と庶民の革命を予見。100年後、200年後の歴史教科書に載るであろう、運命の一日。

●5月5日…日本人で初めてグラミー賞にノミネートされた、シンセサイザー音楽の第一人者・冨田勲さんの訃報。享年84。80年代にレンタルレコードを借りに自転車を立ち漕ぎ…我が青春でした。合掌。冨田サウンドをきっかけに、原曲のクラシックを聴き始めた人も多いと思う。
※これらを作曲したのが同一人物とは思えない!→NHK『きょうの料理』(42秒)、『ジャングル大帝』(2分6秒)、『リボンの騎士』(1分43秒)、『新日本紀行』(4分23秒)。
そして冨田さんといえば、クラシック音楽を編曲した宇宙的スケールの壮大なシンセ演奏!1974年に発表されたドビュッシー原曲『アラベスク第1番』(4分2秒)は、42年も前の作品とは思えないサウンドで、現代の作品と言われても違和感ゼロ(コメント欄の追悼メッセージは圧倒的に外国人が多く、そこからも世界的人物だったことが分かる)。寝る前のオススメは『亡き王女のためのパヴァーヌ』(7分16秒)、
※シンセサイザーで重厚な弦楽セクションを表現する際、100回以上も弾き直してダビングして(重ねて)いったという。「一度録音した音をコピーしてもいいのだが、一回一回手で弾いて重ねた方が音に厚みが出る」(冨田)
※70年代前半、モーグ(シンセ)を輸入しようとして、日本の税関が楽器と信じず軍事機器と疑い、検査場で数ヶ月間止められたうえ、保管料まで請求された。楽器の証明のために演奏写真を送ってくれとメーカーに頼むと、キース・エマーソンの演奏写真が送られてきたという。
※なんと、訪日したマイケル・ジャクソンが冨田さんのスタジオを表敬訪問している映像が。これは珍しい!
※平沢進(ツイッター)→「ウェンディ―母さんと並び、若きヒラサワに現在への道しるべを示してくださった電子のお父さんでした。心よりご冥福をお祈りいたします」(カジポン注/ウェンディー・カーロスはシンセ版バッハ『スイッチト・オン・バッハ』や映画『時計仕掛けのオレンジ』サントラで有名)
※YMO細野晴臣「冨田勲さんの『月の光』って作品がすべてコンピュータとシンセサイザーでできているって聞いて、その出来がよくてショックだったんですよ。それはもう、自分の音楽史上一大事件でした。大げさに言えば、それまでの自分のパラダイムが変わるほど」
※匿名掲示板「シンセサイザーといっても、冨田勲が使っていたような初期の奴は、発信器が生成する波形をパラメーターいじったり、ケーブル抜き差ししたりしながら複雑に合成する音作りだけでも途方もない手間がかかるような代物。無論、打ち込みなんて概念すらない時代。しかも生まれて間もない楽器だからプリセットとかなくて、自分で音色を1から作り出さないと、音すら出ない。つまり、初期のシンセサイザー奏者や作曲家は、本当に無から有を生み出すような錬金術士みたいな超人だった」
※興味を持たれた方にフルアルバム・リンク→1974『月の光』(40分21秒)、1975『展覧会の絵』(37分16秒)、1976『惑星』(52分40秒)、1980『ラヴェル』(48分7秒)、1984『ベスト』(76分19秒)。僕は冨田さんの1984『ドーン・コーラス』(42分51秒)で初めてブラジルの作曲家ヴィラ・ロボスの存在を知った(冒頭の曲)。

●5月4日…サッカーのイングランド・プレミアリーグ、創設132年目にしてレスターが初優勝!英サッカー界では歴史的快挙とお祭り騒ぎ。日本代表の岡崎慎司選手はチームのムードメーカーとしても高く評価されているとのこと。レスターは1884年に創設され、昨季はプレミアリーグに再昇格して14位で残留という低成績。それが、マンチェスターUなど強豪ひしめくリーグ戦を制覇しての優勝。あまりに劇的な展開であり、映画化されるのでは!?

●5月3日…憲法は、国民から権力への命令書であり、権力から国民への命令書ではない。あくまでも、国民が権力を縛るものだ(近代国家の常識)。この大前提を分かっていないのか、分かっていて知らん顔をしているのか、軽視したり無視する政治家は信用できない。

●5月2日…明日は憲法記念日。憲法の公布からちょうど70年。“時代に合わないから”と憲法を変えるのではなく、憲法の掲げる理想へ向けて時代を変えたいもの。

●5月1日…世界が良い方向に変わるきっかけになるパナマ文書の全文公開まであと9日。

●4月30日…昨日は大分で震度5強。5強はかなり大きい。駅舎のガラスが割れていた。ほんと早く収まって欲しい…。

●4月29日…5月1日は“映画の日”でチケットが格安。ディズニーの『ズートピア』が高評価で楽しみ。マーベルの『シビルウォー』と合わせて2本鑑賞予定。

●4月28日…うががが、X線天文衛星「ひとみ」が操作ミスで分解!初期プログラムの不具合で衛星が回転し始め、それを止める為に逆回転させねばならぬところ、回転方向へさらに加速させてしまい、遠心力で太陽光パネルが機体から分離してバラバラに!310億円がパーになったのも痛いけど、次の天文衛星の打ち上げ計画が10数年先というのが辛すぎる。せっかく衛星軌道上に送り込めたのに、まさか使用不能とは…。これで宇宙解明の歴史は10年遅れてしまうのか…。ヒューマン・エラーというのがやり切れない。なぜもっとチェックを重ねなかったのか…。

●4月27日…タックスヘイブンのスクープ情報は5/10にネットで全世界に公開されるとのこと。日本国内で得た利益を、社会に還元せず、海外に隠す。法律の盲点を突いた節税=富裕層の課税逃れは、それが違法でなくとも、倫理的には許されないというのが世界の流れ。※把握されている日本企業は270社以上、個人は約400名とのこと。だんだん、UCCコーヒーや楽天・三木谷会長など名前が出てきた。

 

●4月26日…ジョジョ4部アニメのED曲、サヴェージ・ガーデン『I Want You』(3分51秒)、癖になって何度も聴いてしまう。

●4月25日…三菱自動車、かつて2度のリコール隠しで死傷者を出す惨事を引き起こし、今度は燃費データの悪質すぎる(詐欺レベルの)改ざん。なぜ企業体質を改善できなかったか。1991年から25年も世の中を騙し続けていた。フォルクスワーゲンの改ざん事件は対岸の火事ではなかった。日本ブランドの信用失墜。他メーカーは切磋琢磨して頑張っているため、同業者も心底怒っていると思う。
〔三菱と他者の比較@ネット掲示板より〕
トヨタ…ホンダの初代インサイトを目標にプリウスを作る→現行モデル燃費をリッター40kmでダントツの燃費
ホンダ…トヨタのアクアを目標にフィットHVを作る→初代アクアの燃費を上回る
マツダ…トヨタ、ホンダのHVに対抗する為にスカイアクティブエンジンを開発→CX-5のスカイアクティブDのディーゼルエンジンがヒット
日産…HVやスカイアクティブエンジンに対抗する為に電気自動車リーフを実用化させる
スバル…衝突安全性を向上させる→アイサイトが高評価され各メーカーが取り入れる
ダイハツ…軽自動車のエンジンの見直し→ミライースでリッター30kmを実用化
スズキ…ミライースを目標にワゴンRやアルト等にエネチャージを搭載
三菱…ダイハツムーブを目標に頑張るがすぐに諦めて誤魔化す→軽自動車の開発に着手した日産にOEM供給してる車で、日産が「燃費が出ない」と問い合わせされ不正発覚
更に→リコール隠し発覚後からやってました→大炎上→「燃費なんて誰も気にしてないだろ」→火に油を注ぎ三菱グループにまで飛び火。

//明日、チェルノブイリ原発事故から30年。

●4月24日…衆院選補選の結果を分析中。僕は言われるほど酷い結果ではないと思う。

●4月23日…〔緊急事態条項〕大災害や戦争が起きた時、政府の権限を強化し、国会議員の任期延長を可能にする規定。現憲法にはなく、基本的人権を制約する可能性あり。自民は改憲草案に当条項の新設を盛り込んでいる。首相が緊急事態を宣言すれば→
(1)内閣は法律と同じ効力を持つ政令を(国会抜きで)制定できる
(2)首相は必要な財政支出や地方自治体への指示ができる
(3)何人も(国民の生命・財産を守る為の)国や公の機関の指示に従わねばならない
−などと規定。首相は条項新設について「極めて重く大切な課題」と意欲を示している。(1)がナチスの全権委任法とダブって問題になっている。

立て続きに大きなニュースがあり、あまり伝えられていないけど、僕は18日に行われた宮城県の村井嘉浩知事の定例記者会見で、知事の勇気に胸を打たれた。安倍政権が新設を目論む「緊急事態条項」は、“大災害”と“武力攻撃”がセットになっているため、一般国民は“災害対応を迅速に行うためなら権限強化もいいかな”と思ってしまいやすい。だけど、東日本大震災で大きな被害を受けた村井・宮城県知事(自衛隊出身)は、緊急事態条項の新設に慎重姿勢を表明した
知事は「緊急事態と捉えるかどうか、時の内閣が判断できるのは一歩間違うと大きな誤りにつながる可能性もある」と指摘。
そして「国家的な危機のとき、臨機応変に政権が対応できるようにすべきだという趣旨は分かるが、法律や手続きにのっとって対応するのは重要だ」と強調した。
村井知事は元自衛官だからこそ、強大な権力が暴走した際の懸念を持っているんだと思った。

/これに関連するものとして先月以下の記事が東京新聞に→
『緊急事態条項「むしろ被災地に権限を」7首長、否定的な声複数』
…東日本大震災で大きな被害があった岩手、宮城両県沿岸部の七首長に、自民党が改憲テーマの一つに挙げる緊急事態条項の必要性などを聞いたところ、条項が必要としたのは一人だけで、「むしろ現場に権限を下ろしてほしい」など否定的な回答が複数あった。緊急事態条項は、大災害や有事の際、内閣に権限を集中し、財産権など個人の権利を制限することなどを定めるもので、党改憲草案に盛り込まれている。
「条項が必要か」という問いに、菅原茂・気仙沼市長と奥山恵美子・仙台市長は、「自治体の権限強化が大事だ」などとして、不要と明言。菅原市長は、草案発表後に災害対策基本法が改正され、災害で道路をふさいだ車両の撤去などが可能になった点を挙げ、「緊急事態条項があれば、人の命が救えたのか。災害対策基本法の中にある災害緊急事態条項で十分だ」との考えを示した。
戸羽(とば)太・陸前高田市長も「震災時は、国に権力を集中しても何にもならない」とし、否定的な見方を示した。
佐藤信逸(しんいつ)・山田町長は「小さな町の場合、県や国に全体を俯瞰(ふかん)してもらう必要はある」として一定の理解を示したが、実際の被害食い止めや救出には「起きてからではなく、事前に必要な政令などを作っておくべきだ」と主張。
佐々木一十郎(いそお)・名取市長は「未曽有の大災害があれば、トップダウンが必要な局面がある」として「必要」と書面で回答し、亀山紘・石巻市長と阿部秀保・東松島市長は条項の必要性について回答を避けたとのこと。

//熊本地震に対する官邸の動きが不可解すぎ。なぜゆえ、こうも激甚災害指定をためらうのか。14日に最初の大きな地震が発生した後、翌日には既に蒲島熊本県知事が「激甚災害の早期指定」を求めていたのに、安倍氏はそれを一週間以上無視したあげく、今日ようやく「25日に閣議決定する」と表明。激甚災害に指定されると、被災自治体の財政負担が緩和され、道路や橋などの土木施設の災害復旧事業の約9割を国が補助してくれ、被災者に助成が入る。
東日本大震災の場合は民主政権が2日後に激甚災害指定を行い、自民政権でも新潟中越地震の際に小泉首相が発生3日後に現地視察&激甚災害を閣議決定。っていうか、安倍政権だって13年夏の山口と島根の豪雨災害時には、発生4日後に激甚災害の指定を表明している。山口は安倍氏のお膝元だから豪雨からすぐに激甚災害と認め、熊本は地元じゃないから10日近く認められないのかと首を傾げてしまう。
生存者救出は時間との戦いなのに、政府は当初、自衛隊2000人のみを派遣し、16日になって増派を決定。歴代首相は素早く被災地を訪問して現状把握に努めていたけど、安倍氏が現地入りしたのは9日も経った今日。そして、現地で最初に向かったのは、避難生活を強いられている被災者ではなく自衛隊。もちろん、自衛隊員は頑張っており、感謝と激励は大切なこと。しかし、順番が違うだろう。避難所訪問を優先しない首相など過去に聞いたことがない。
なぜゆえ、今日になって安倍氏は被災地を訪問したのか。言い方を変えると、どうして今日でなければならなかったのか。こんなことは考えたくないけど、僕は心の隅で、“明日の衆院補選に向けたものでは”と疑ってしまう。選挙の前日に現地入りし、テレビカメラの前で激甚災害指定を表明、“頑張ってる首相”の映像をお茶の間に流すという。そうでなければ、過去の自民政権の対応と比べて、災害指定も現地入りも遅すぎる…。とはいえ、死者が出ているのに、いくら官邸でもそこまでするか?激甚災害に指定すると衆参同日選挙が出来なくなるから?僕の思い過ごしと信じたい。

●4月22日…昨日、革新的な音楽を創造し続けたカリスマ・ミュージシャンのプリンス(本名プリンス・ロジャー・ネルソン)が自宅で急死。まだ57歳であり衝撃を受けた。プリンスは作詞作曲のみならず、27種類の楽器を演奏できた音楽の申し子。20歳でレコードデビューした後、ロックにファンク、ソウル、ジャズ、ヒップホップなどを取り込み昇華させ、ワン&オンリーのサウンドで独自世界を切り開き、日本のファンからは“殿下”と慕われていた(僕は1996年の来日公演に足を運び、濃厚な音空間に圧倒された)。レコード、CDの売り上げは1億枚以上でグラミー賞を7度にわたって受賞、04年には46歳で「ロックの殿堂」入りを果たしている。「パープル・レイン」は全米アルバムチャートで24週連続1位を記録し、アカデミー賞も受賞した。各界から追悼コメントが出ている。

オバマ大統領「世界中のファンとともにプリンスさんの突然の死を悼みたい。彼ほどポピュラー音楽に大きな影響を与え、その才能で多くの人たちを魅了したアーティストはいない。すばらしい演奏家、卓越したバンドのリーダー、そしてしびれるようなパフォーマーだった」
ミック・ジャガー「プリンスは革命的なアーティスト、偉大なミュージシャン、作曲家、すばらしい作詞家であり、驚くべきギタリストだった。しかし、最も重要なのはあらゆる面で本物だったことだ。プリンスの才能には限界がなかった」
マドンナ「彼は世界を変えた。真の先見性があった。なんという喪失か、大きなショックを受けている」
ポール・マッカートニー「悲しい。新年を一緒に迎えられたのを誇りに思うよ。元気そうで、最高にファンキーに演奏してた。偉大なクリエイターに神のご加護を。プリンス、ありがとう」

/個人的にプリンスの才能に初めて驚嘆したのは『バットダンス』を聴いたとき(可能な限り大ボリュームで聴いて欲しい)。6分57秒の曲に、普通の音楽3曲分のメロディーが入っており、音とリズムのカオスにノックダウン。そして『スノウ・イン・エイプリル』(6分49秒)の美しさに泣いた。4月に殿下が亡くなり、この曲の儚いSnowが殿下のイメージとかぶる。
/ちなみにプリンスは「歴史上最も過小評価されている25人のギタリスト・第1位」(ローリング・ストーン誌07年11月号)に選ばれている。まっこと、ギターの名手。ビートルズのジョージ・ハリスンの名曲『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』をライブ演奏している映像があり、是非そのギターをかき鳴らす勇姿を!一緒にステージに立っている顔ぶれは、トム・ペティ、スティーヴ・ウィンウッド、ジョージの息子など超豪華!

●4月21日…僕はずっと野党共闘を訴え続けてきた。その悲願の共闘が実現した4月24日の衆院補欠選挙。北海道5区、そして京都3区の皆さん、どうか護憲リベラルの候補者をよろしくお願いします!
戦後1000兆円も借金を作ったうえに(同じ敗戦国のドイツは借金ゼロ)、少子化問題をほぼ放置、タックスヘイブンも野放し、過労死多発でもサービス残業を取り締まらない(独仏の労働者は残業なし、夏4週間・冬2週間の休み)、そんな与党の政策はノーサンキュー。現政権は憲法破壊の安保法制強行、不必要な原発再稼働、財源がなくても議員や公務員の給料はアップ実施、九州の大地震があっても消費増税実行の表明など、もうめちゃくちゃ。看板のアベノミクスもGDPマイナス成長で失敗。
北海道では、“あの”頑固な共産党が候補を取り下げて、野党連合の候補者を立てた。北海道5区は野党共闘の象徴であり、これは絶対に負ける訳にはいかない。もし敗北すると、参院選における民進党(民主党)と共産党のスクラム構想に暗雲が垂れ込める。大阪の地から北の大地を注視!

 
日本だけ労働者は涙目。もう自民政権ではこの構造を変えることは出来ない。固定化してしまっている。電力会社などの企業献金に支配されて、他国のような労働者保護の政策がとれない。

●4月20日…「表現の自由」に関する国連特別報告者デービッド・ケイ氏が昨日都内で会見。氏は国際人権法のスペシャリストで11日から訪日していた。報ステと朝日の記事を以下に整理。
最終日の結論は「特定秘密保護法や、『中立性』『公平性』の名の下に政府の圧力がメディアの自己検閲を生み出している」。権力者が“公平性”を求めると、メディアは微妙な政治問題を萎縮して報道しなくなる。「ジャーナリストの多くが“匿名を条件”に面会に応じた。政治家からの間接的圧力で仕事を外され、沈黙を強いられたと訴えた」。「(メディアが)政府に対して疑問を呈する力が弱体化しているように思う。メディアの独立性に懸念がある。安全保障政策、災害、原発は日本では特定秘密保護法に関わってくる。ジャーナリストが情報源から情報をとりにくくなっており、情報へのアクセスが制限されることで苦しむのは国民だ」。
放送法をめぐっては「政府の規制を許している時点で放送法そのものが問題だ。将来的に放送局の脅威になり得るものであり、政府が放送局を強く規制するということ」「政府に放送局を直接規制する権限を与えた放送法のうち(政治的公平性などを定めた)第4条を廃止し、政府はメディア規制から手を引くべきだ」と提言。高市総務相が番組の公平性を理由に放送局の「電波停止」に言及した発言をめぐって、滞在中に高市氏との面会を何度も希望したが「国会会期中との理由で会えなかった」という。
特定秘密保護法については「原発や災害対応、安全保障など国民の関心が高い問題の政府情報が規制される可能性があり、内部告発者の保護体制も弱い。報道すれば処罰されるのではないかとの恐れから、メディアを萎縮させる効果を生んでいる」と懸念。
ヘイトスピーチ対策については「ヘイトスピーチの法律は悪用の恐れがある(権力者への抗議まで規制されかねない)。まずは人種差別禁止法を作るべきだ」と提言。歴史問題については「戦争中の罪を教科書でどう扱うかについて政府が介入することは、国民の知る権利を脅かし、過去の問題に取り組む力を低下させる。文科省からは政治の影響はないと聞いたが、実際は教科書検定などに影響が直接及んでいるように感じた」と懸念。
記者クラブの排他性も指摘し「記者クラブは廃止すべきだ。情報へのアクセスを制限し、メディアの独立を妨害している制度だ」と批判した。
※高市総務大臣はケイ氏と会うのを最後まで拒み続けた。“国会会期中”が理由とのことだが、会期中でも議員が地方に視察に行くケースもあるし、10日間あって全く会う時間がゼロなどあり得るのか。国連軽視としか思えない。言論弾圧を自分はやっていないと自信があるなら、ケイ氏に面と向かってそう言えばいいし、日本政府の立場を国際社会に伝える絶好の機会だったのに。

/関連する話題。政権ベッタリ化が進んでいるマスコミ上層部への警鐘になればいいけど…。本日、国際NGO「国境なき記者団」(本部パリ)が2016年の「報道の自由度ランキング」を発表。日本はかつて2010年に180カ国・地域中で11位という高い順位だったが、野田民主の原発事故報道、安倍自民の秘密保護法施行などでどんどん順位が下がり、今回ついに72位まで落ちてしまった
「国境なき記者団」は以前から権力の不正を暴こうとした記者も処罰されかねない特定秘密法に疑問を示し、何より権力が直接手を下さずとも、メディアが「自主規制」に走ることを危惧していた(これが問題の核心)。政府が何もしなくても、メディアが勝手に「こんなことを取材したら逮捕されるかも」と自分で自分に足かせを付けてくれる。そうでなくとも、秘密保護法の導入前から大手メディアの幹部は安倍氏の私的な食事会に参加するなど骨抜きは深刻なレベルであったところ、この秘保法施行で72位まで急落した。
保守論客は「“報道の自由度ランキング”を決めているのは左翼ジャーナリストだから無視して良い」と言い放つけど、その“左翼ジャーナリスト”たちが自民麻生政権(2009)を17位と高評価し、野田民主政権を22位とした事実があることを分かっていない(前年を評価するという意味では2010年の鳩山政権11位は前麻生内閣のものともいえる)。今回の72位という順位は、軍事政権から民主化されて20数年のお隣り韓国(70位)よりも低いものだ。左右の思想を超えて、報道の自由を確保すべき状況にある。
「報道の自由度ランキング(2016)」主要国順位→(1)フィンランド(2)オランダ(3)ノルウェー(4)デンマーク(5)ニュージーランド(16)ドイツ(38)英国(41)米国(45)フランス※米国より下!(72)日本(148)ロシア(176)中国(177)シリア(179)北朝鮮(180最下位)エリトリア

//現時点で熊本の避難民は12万4000人。避難所に指定されている場所ではないところに逃げている人の人数は、まだ正確に把握できていないとのこと。

●4月19日…明石家さんまさんが語る、震災とお笑い芸人の役割、考えさせられた。どちらにしろ賛否は起きると思う。でも“葛藤している”という気持ちを表明するのは大事なことと思った。

//熊本の被災地で車中泊をしていた2人がエコノミー症候群で心肺停止。長時間、同じ姿勢を続けることで血液中に血栓ができ、呼吸困難に陥ったとのこと。他にも7名がエコノミー症候群で入院中。全員が車中泊で発症。年齢にかかわらずこの危険はあり、運動や水分補給で予防する必要が。※車に3連泊すると血栓ができやすくなるので、今後さらに要注意。

●4月18日…14日夜から今日昼までの震度1以上の地震が520回を超え、熊本と大分では震度4以上の大きな地震が計83回にものぼっている。避難者は約20万人に増加。救援物資が届かないという地域、届いた物資が多すぎて裁ききれないという地域、ここの連携をなんとかスムーズにしないと…。

●4月17日…テレビをつけるたびに、震度3や震度4の余震が何度も表示されている。深夜に繰り返し大きな余震が来るのは、現地の方は精神的に相当きついものがあると思う…。一刻も早く、この群発地震が収まって欲しい。

//「地震が大変なのに今は原発の話なんかするな」という意見と「地震が大変だからこそ原発の話をしている」の両者には、埋めがたいほどの認識の違いがあるよね。前者の気持ちも分かるけど、こと原発に関しては、どんなときでも最悪の事態を想定しておくのが、東日本大震災から得た教訓と思う。
−−−
山崎 雅弘氏(文筆家)@mas__yamazakiのツイートから。
・九州電力は昨年8月に川内原発を再稼働する前の審査で、原子力規制委に「免震重要棟を再稼働後に作る」と嘘をつき、12月に「やっぱり作るのを止めます」と発表した。つまり再稼働時に約束した条件が崩壊しているので、止めるともう再稼働できない。
・今までなら、大規模な地震があれば「とりあえず安全に停止」が常識だったと思うが、今回は「意地でも止めない」という態度を貫いているように見える。今止めたら、次に再稼働するハードルがさらに高くなる。だから絶対止めるな、という判断なのか。
・避難に必要なバスが確保できなくても「何かあれば新幹線で逃げられることにする」でその場を取り繕って再稼働(2015年8月11日)したが、それも切れた今、住民は大事故が起きた時に何でどこへ避難するのだろう。川内原発には免震重要棟もない。
※僕は山崎雅弘氏のツイートに以前から共感。フォローを勧めたいのでリンクを貼っておきます。

広河 隆一氏(ジャーナリスト)@RyuichiHirokawa
・メディアは注意深く、言及を避けていますが、中央構造線(巨大断層)が動いたという話がいよいよ説得力を。これは、川内原発、伊方原発を通ります。

  中央構造線の延長線上で川内原発が稼働中

※治安についてネット上で悪質デマを散見するので以下の記者ツイートを。
佐藤 圭氏(東京新聞)@tokyo_satokei
・福島県警によると、東日本大震災が起きた2011年3月11日同年末、福島県では1086件の空き巣が確認されました。300件で容疑者が逮捕されましたが、このうち外国人が関係した事例は2件のみ。「外国人の空き巣はあまり聞かない」と県警。

●4月16日…昨夜の熊本地震の本震について、気象庁がマグニチュードを7.1から7.3に引き上げた。これは阪神・淡路大震災と同規模の大地震。2日弱で震度6以上の地震が同地域で7回なんて、九州の地下で何が起きているのか。そして震源が徐々に東に移っているのも不気味。東には南海トラフがある。
名古屋大の鷺谷(さぎや)教授(地殻変動学)「今回のように、地震活動が飛び火して急激に拡大していく事態は、日本中の専門家にとっても未経験だ。本震、前震という通常の概念を定義として超えている」「1596年、大分県から四国、近畿にかけて、中央構造線に沿って地震が連続した例も、頭の片隅に置いた方がいい。また、南海トラフなどへの影響がないとも言い切れない」。
天気予報、今夜の熊本は豪雨とのこと。土砂災害への最大限の警戒が必要。阿蘇大橋が崩落したので、周辺集落の救援計画を早急に立てないと。
※鹿児島の川内原発は不測の事態に備えて、少なくとも今の群発地震が落ち着くまでは運転を停止して欲しい(制御可能なうちに)。電気そのものは足りている。もう二度と“想定外”があってはならない。専門家は小さな噴火でも火山灰が原発の非常用電源のフィルターに詰まってヤバイと警告(動画)。

ここ数日の震源地 赤い線が中央構造線
不安を煽る気持ちは全くないし、必要以上に恐がることはないけれど、日本最大の断層である中央構造線の位置は、知識として知っておいた方が心の準備が出来る。

●4月15日…九州の余震が止まらない、そう思っていたら、気象庁は14日の大きな地震はあくまでも“前震”であり、深夜の九州全域の地震が本震と発表。14日の地震の約30倍も強力だったとのこと。深夜、大阪でも2分以上もローリングするように揺れた。船に乗っているような気持ち悪い揺れ。
※深夜は緊急地震速報が出て、それをアナウンサーが伝えている最中に、次の緊急地震速報が出るという異常な状態(2カ所の緊急地震速報の同時表示)だった。

●4月14日…熊本が大変なことに。震度7の後も震度6を超える余震が続いている。倒壊家屋に閉じ込められた方が早く救出されますように…。

●4月13日…国際通貨基金(IMF)が昨日発表した最新の世界経済見通しで、日本は2017年の実質国内総生産(GDP)成長率が先進国で唯一、マイナス成長に陥る見通しとなったと発表。政府はいつまで「景気は緩やかな回復傾向にある」と言い続けているのか。これは“勝った!勝った!”と国民を騙し続けて敗戦を迎えた、戦時中の日本政府と同じじゃないか。この20年間、トリクルダウンされるべきお金がタックスヘイブンに逃げているんだから、アベノミクスがうまくいく訳がない。それなのに、菅官房長官は「日本政府としてパナマ文書を調査する考えはない」。理解不能。企業の暴走(過度な節税)を止めるのは政府の役割だし、海外ニュースじゃないっつーの。

//日本に納税すべき税金を日本に納税しないタックスヘイブン。“庶民ばかり負担”というレベルの話じゃなく、大企業や金持ちの節税(脱税)の穴埋めは庶民への増税だったというのがキツい。
バブル経済崩壊から今までの日本経済は、“失われた20年”ではなく“奪われた20年”だったのか。多くの政治家がタックスヘイブンの実態を知りながら黙認してきたのが大問題。企業献金を貰うために目をつむるのか。少子高齢化対策の財源は、庶民から消費税でとるのではなく、税金を払ってない大富豪に課税するべき。日本企業による合法的売国にNO。

//国税庁OBいわく「日本国民のわずか4%の人々が90%の富を独占している。ここからちゃんと税金を取れば消費税なんぞ必要なくなる」。リンク先によると、国税庁査察部は海外で脱税する会社をとっくの昔から知っているが動けない。理由は2つ→
(1)タックスヘイブンに住所を移して日本非居住にしてしまえば課税されなくなる
(2)外国との間には租税協定があり、査察で踏み込むにはその国の財務省の許可が必要。タックスヘイブンを売り物にしている相手国が許可を出すはずがなく、カネの流れの詳細はつかめず、事実上逃げられてしまう。

//どうして周辺国がユーロ通貨を導入しているのに、英国はポンドのまま、スイスはスイスフランのままで張り合えるのか、実力がないのに独自通貨を持てるのか前から疑問だった。いまタックスヘイブンで注目を浴びているケイマン諸島やヴァージン諸島が英国領だったり、スイス銀行がかつてタックスヘイブンまがいのことをやって世界中の金持ちから金を集めていたことを考えると、簡単に理解できた。だからユーロに変えなくてもやっていけるのか。
このラジオでは、ドイツの情報局が流したと推測(パナマ文書は南ドイツ新聞のスクープ)。つまりEUから離脱しようとする英国へのけん制。お前ら(英国)の悪行をバラすぞと。
別のラジオ番組では森永卓郎さんが見解を(クリック先の場所から)。森永氏はタックスヘイブンをやってないらしく安心した。「世界のすべての銀行資産の半分がタックスヘイブンに流れている。海外投資の3分の1はタックスヘイブンにいってる」(ニコラス・ジャクソン)とのこと。

/昨日のNEW報ステはタックスヘイブンを取り上げたけど、NHK同様にまるで海外ニュースのような扱い。日本人の名前や日本企業の名が入っていることをきちんと報道しろよ…。企業ではセコムが確定とのことだけど、報ステのCMにセコムが出てきて、スポンサーだから名前を出さないのかと脱力。
5月に流出データのリスト全文が公開される予定。ケイマン諸島だけで日本から60兆も“投資”されている。

//トランプ候補も酷いけど、対抗馬の本命となった“銃が大好き”クルーズ候補もイカれてる。“これがテキサス風だ”とマシンガンの銃身にベーコンを巻いて、「マシンガン・ベーコン最高!」。こんな奴が大統領になったらトランプ以上にヤバイ気が。共和党は穏健派のまともな候補者を出してくれ。※YouTubeに1分動画が上がっている。

●4月12日…核廃絶への歴史的な一歩になって欲しい。昨日、米英仏などG7の核保有国の現職外相が初めて広島の原爆死没者慰霊碑(平和記念公園)に献花した。原爆投下から71年かかったけど、よくぞ実現した。外相たちは原爆資料館も訪問。これまで駐日米大使が記念公園を訪問したことはあるけど、米の現職閣僚は広島を訪れたこと自体がなかった。ケリー国務長官の希望で、急遽原爆ドームも間近で慰霊。ケリー氏から原爆投下を謝罪する言葉はなかったが、核軍縮・不拡散の意思を示し、「広島は私にとっても特別な意味を持つ場所だ。平和記念公園はいかに平和が重要かを示すものだ。大量破壊兵器などの絶滅のために日米がリーダーシップをとる必要がある」と述べた。また原爆資料館では「世界中の誰もがこの資料館を見るべきだ」と記帳、「いつか大統領もその一人になってほしい」と語った。同行した米政府高官も「核兵器を唯一使った国として、米国は世界の核軍縮に向けて努力をする責任がある」。外相会合では広島宣言が採択され、「広島及び長崎の人々は原爆投下による極めて甚大な壊滅と非人間的な苦難を経験した」とした。
オバマ大統領の任期は来年1月まで。是非広島を訪れて、ノーベル平和賞受賞者として核廃絶への具体的な行動を見せて欲しい。
※現在、毒ガスなど化学兵器は非人道的として禁止されている。化学兵器がダメで核兵器はOKというのはおかしい。核兵器が人道的とでも?ロシア、中国、北朝鮮は核への依存を強めており、過激派による核テロも現実味を帯びてきた。非核保有国が国連で訴えている「核兵器禁止条約」(核ミサイルを使用するのも所持するのも禁止)を早急に締結すべき。

  原爆ドーム&慰霊碑前に並ぶG7外相たち(2016.4.11)

//夏の参院選、タックス・ヘイブン利用禁止を公約にした政党に投票する。

●4月11日…アイスランド首相に続き、ウクライナの首相もパナマ文書がらみで辞任。英国ではキャメロン首相が火だるま。今夜から報道ステーションが新体制で再開。パナマ文書にどこまで迫れるか注視している。
→見ました。アカン、新しい報ステは羊肉の盗難“未遂”事件を伝える時間はあっても、パナマ文書のパの字も伝える気はないらしい。英BBCと米CNNはトップニュースで伝えるだけじゃなく、公式WEBにパナマ文書専門欄を設置しているというのに。NEWS23も、疑惑の対象は海外の著名人という伝え方をしており、日本人と日本企業の疑惑については完全スルー。数兆円の天文学的数字の課税逃れが合法のままでいいのかと、どうしてキャスターは問題提議しないのか。せめて解説に立野さんがいてくれたら…。
っていうか、野党の国会議員もなんで質問しないんだ。野党にもタックス・ヘイブンを利用している議員がいてやぶ蛇になるからか?民進党・山尾政調会長のガソリン代疑惑(ガソリンのプリカを金券ショップに売ってお金を捻出?)でいきなり新党結成にケチがついたんだから、鋭い質問で存在価値を証明して欲しい。
※野党議員は与党議員以上に清廉潔白でなければならない。さもないと、不正を追及できなくなる。
※ちなみにガソリン代疑惑は安倍氏にも
※僕のイチオシ時事番組は、毎水曜22時のBS-TBS『外国人記者は見た!日本inザ・ワールド』。日本人記者が言えないことをズバズバ言ってくれる。欧米、中国、中東など各国のジャーナリストがレギュラー。外国人記者は安倍政権を恐れてないし、ゴマをする必要がないから、日本社会が抱える諸問題について言うべき事を言ってくれる。大事なことは、彼ら特派員は日本びいきであること。日本が好きだからこそ、この社会が良くなって欲しいと思ってるし、政府批判で終わらず改善点を提案してくれる。

●4月10日…2004年にユネスコの世界遺産に登録された紀州和歌山の熊野古道&寺社。道が世界遺産として登録されること自体はまれで、他にはスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」くらいか。ジョジョの荒木先生がその「熊野古道」と「サンティアゴ巡礼道」を結ぶお守り「和の守(まもり)」をデザインされたとのこと!熊野本宮大社の宮司さんは「二つの道のつながりによって日本とスペインのみならず、世界の人々が和合してほしいという願いを表現していただければ」と荒木先生に協力を求めたという。“世界の人々の和合”は文芸ジャンキー的にも重要度MAXのテーマであり、それをコンセプトとしたお守りということで胸熱に。お守りの頒布は今年の秋から。なんとしてもその時期に熊野へ行かねば。
※荒木先生が世界遺産とコラボするのは、奥州平泉に続いて2度目。富士山を入れると3度目に。こうなると姫路城や法隆寺など、国内の世界遺産すべてとコラボが実現して欲しいなぁ。
※描かれた三本足の烏“八咫烏(やたがらす)”は、道に迷った時に天上より派遣され道案内をしてくれる聖なる烏。この鳥が我らを良き方向へ導いてくれますように。

//大統領候補予備選、俺のサンダースがまたワイオミング州で勝利。3月下旬以降、8戦7勝!ただ、序盤戦でつけられたヒラリーとの大差がきつい。この巻き返し、ここからどこまで迫れるか。とにかく、早々に予備選を撤退しなくて正解だった。今のパナマ文書問題も、格差是正を政策の根幹に置いているサンダースに有利。日本の参院選、米国の大統領選の前に、この富裕層の空前の課税逃れが暴かれて良かった。次の決戦は4/19のニューヨーク州予備選。

●4月9日…緊急でG20が集まって対応を協議しているパナマ文書。いまだに日本の大手メディアは総スルーに近いけど、東京MXテレビが6分だけ取り上げた。っていうか、コメンテーターが上杉氏と古賀氏じゃん!関西では見られない番組。東京はこんな番組をやっているのか。
有名大型掲示板でも100スレ台に突入。こういう話題はあの掲示板ではあまり注目されないと思っていたので意外。そりゃそうだよな、企業がきちんと国内で税金を払っていたら、国庫に余裕ができ、消費増税どころか消費税廃止も視野に入るほどの事件なんだから。

//今月3日に放送されたNHK『巨大災害 日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク』は本当にヤバかった。これまで政府、原発推進派や原規委は活断層ばかり注目していたが、東日本の巨大地震によって日本列島の地下のバランスがくずれ、“活断層が存在しない場所”で地震リスクが高まっていると指摘。地下の地盤が引っ張られたり、引き戻されたりで、いまや日本の足下は、“活断層だから危険、活断層から離れてるから安全”という従来の基準は当てはまらなくなっている。現に鳥取県など活断層と無縁の場所で大きな地震が発生しており、あの番組を見れば、もはやこの国はどこにも原発を置いてはいけないと普通の人は思うはず。

●4月8日…とうとうと言うか、やっとと言うか、今夜、東京地検特捜部の強制捜査が自民・甘利明前経済再生担当大臣(安倍政権の中核)に入った。口利き疑惑で、議員事務所、UR、建設会社などが一斉に捜索された。甘利氏は会見で秘書が金額交渉に介入した事はないと断言していたが、一方で本人や秘書が金銭を受理したことは認めている。それはワイロではないのか。特捜部は権力の闇にメスを。

//突然、急激な円高。NHK解説は「大きな理由が見当たらない。なぜ?」みたいなことを言っていたけど、パナマ文書に決まってるじゃん。闇の不正蓄財が、比較的安全とされている日本の通貨に流れているだけ。

//NHKの夜7時のニュース、「パナマ文書」を完全にスルー!世界中の報道機関がトップニュースで報道しているのに、ただの一言も触れないとは。唖然!

//12月16日に公開予定の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の最新予告が解禁(1分38秒)。複数のスノー・ウォーカーが並んでいる姿は絵になるな。
  名作エピソード4の前日談とのこと

●4月7日…「パナマ文書」をめぐって、ネットのコピペで分かりやすい解説(匿名)があったので転載。
→会社経営者らがどうやって脱税したり資産を隠しているか、わかりやすく書いとく。
日本を含めて殆どの国は、法人(会社・団体)が得た利益を個人(創業者等)のものにするのは難しい。役員手当や持ち株の配当は、会計監査と税制上、好き勝手な数字にできない。儲けたからって、その年度内で急に増やしたりできない。会社がもうけて余剰利益がでても、創業者がそのままいただく方法はないわけ。
そこで、(パナマなど)タックスヘイブンにペーパーカンパニーをつくって法人の資金を投資しているという形にする。タックスヘイブンは税制も会計基準もないような所だから、そこにある金は経営者個人で好き放題できるって算段よ。
そこに投資されたお金は会社の金ってことになってるが、そのお金は個人で自由に引き出したり使える、いわば帳簿に載らず税金のかからない巨大な財布なわけ。リークされるまでどれだけの資金があるかさえ分からないのだから。
大企業がタックスヘイブンに「投資」してる裏には、確実にそういう目的がある。投資なんてのは建前で、実態は脱税&横領な。脱税だけじゃなく、利益を株主や社員へ還元することから免れて、資金を横取りしている横領でもあるわけ。
会社の経営があやうくなった時の予備資金ですらないから、会社の口座とは別のタックスヘイブンにいれてるんだよ。帳簿から消すためなの。横領なの。株主も社員も(ひいては日本国内に出回る資金の減少という事で国民全員も)、すんごい被害うけてるぞ。

//世界第二位の実力をもち、五輪出場も決定していたバドミントン選手が、違法カジノにかかわって五輪参加は絶望視。「ラケットを持った後輩らしき男女10人以上を連れてきたこともあった」との証言もあり、賭博汚染はどこまで広がっているのか。何年も血の滲むような練習を重ねて、やっと手に入れた五輪の出場権を、暴力団の闇資金となるギャンブルで失う…どうしてこんな愚かなことを。力士、野球選手と、長年の努力をギャンブルでパーにしたスポーツマンが続いている。コーチや周囲の人間が、ギャンブルの誘惑に負けない精神面の指導をしていかないと。馳浩文科大臣「スポーツマンにはメダルより大事なものがある」、まったくその通り。
※ニュースを見て感じる違和感。非難のレベルが「カジノに行った選手>カジノを運営する暴力団」になってないか。このカジノ、店が所在する階にエレベーターが停止しないよう細工&防火設備に偽装した隠しカメラで客の顔を確認した上で入店させるとか、ヤバすぎだろ。

昨年、安保法制の強行可決後、安倍氏がNYの
国連本部に行った際に出迎えた反戦市民グループ。
画像はコラじゃなくガチ。
「宗主国へようこそ・お土産は戦争法制」
宗主国(そうしゅこく)とは植民地の主。“日本は米国のポチ、
主権なんかない”という皮肉MAXの言葉。
そして左の女性が持っているプラカード、ここには『1984年』
に登場する以下の有名な洗脳スローガンが書かれている。

「戦争は平和なり
自由は隷従(れいじゅう)なり
無知は力なり」


 ※これ以前は『最新文芸情報バックナンバー』へ!

★YouTube『新型学問 はまる!ツボ学/ジョジョ立ち学』(12分)



討論の相手が普通の自民支持者なら会話が成立するけど、新興宗教の信者だと本当に骨が折れる。あまりに教祖がすべて過ぎ、話が一向に進まない。疲れる。真言宗、天台宗など昔からある宗派は反戦・非暴力が信条だし、日本の古いカトリック教会や修道会もリベラル。秘密保護法、安保法制などタカ派の安倍内閣を支持、或いは協力しているのは幸福の科学、統一教会、創価学会という3大新興勢力。創価には知り合いがいる(しかも良いヤツ)からあんまり批判したくないけど、立憲主義を踏みにじってはカルトと言われても仕方がない。安保法制が絶対に必要なら、ちゃんと憲法改正すればいいのに、それをやろうとしない。僕が持っている釈迦やキリストのイメージは、秘密保護法や戦争法を容認する人物じゃない。むしろ真逆。

 
 
 ★動画リンク→「安保法制採決、山本太郎議員の渾身の叫び」(60秒/YouTube)
--------------
【緊急声明】憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に断固反対。安倍政権は憲法に基づく政治という近代国家の立憲主義を否定している(2014.6.9)
「やられたらやりかえす」のは個別的自衛権。これは問題ない。集団的自衛権は日本が「やられていないけどやりかえす」こと。中国や北朝鮮と不測の事態になれば個別的自衛権で対応できる。

〔安倍氏から日本を取り戻す〜時事まとめ〕 集団的自衛権 / 秘密保護法 / メディア

●サイトで自分の思いを語るということ
HPで意見を発表すると、自分の「間違った知識」や「一方的な思い込み」を指摘され、初めて誤りに気づけます。これは本当に有難いことです。勘違いしたまま一生を終えるところを、真実に気づくことが出来るからです。自分が独りよがりな誤った考え方をしていないかを確認する為にも、勇気を出して積極的に意見を発表していきますネ!!(*^v^*)
僕は過去の反省と愛国心は両立すると考えている。
むしろ、過ちを反省できぬ国なら情けなくて愛せない。


歴史認識問題に決着!…日本と韓国 /中国 /台湾 / 東南アジア / 米国
・昭和天皇かく語りき / 靖国 / 愛国心 / 君が代起立強制 / 消費税 / 残業問題
・安倍首相は原発事故を防げなかった責任を感じて欲しい
・集団的自衛権の問題点
●二次加害者にならないために〜日本人慰安婦の話(美輪明宏)と元日本軍慰安婦に関する正確な知識

・日本軍の記録に残る南京大虐殺(軍命令により実施) http://urx3.nu/ouPU (7分)
・残念だが南京事件はあった〜当時の陣中日記から(2008) http://goo.gl/d2fGMA (32分)
・当時の一次史料『南京事件・兵士たちの遺言』(2015) http://goo.gl/K0U1Ef (45分)
・南京大虐殺の証拠〜当時の記録映像と生存者の確実な証言(32分40秒)

(愛国心を強制することは、「国民には愛国心がない」「法律で“愛せ”と命令せねば愛してもらえない国」と世界に公言してるのと同じ)
「生活」「社民」「共産」は小異を捨て大同団結すべし。リベラル大連合を作り、EU、北欧のように残業ゼロの社会を!EU、北欧に可能なら日本でも可能なはず。日本人に人間らしい生活を!
日本には過労死するほど仕事があり、自殺するほど仕事がない。
※一般市民が他人の財布からお金を盗めば、すぐ警察に捕まる。だけど、経営者が従業員の財布からお金を盗んでも処罰されない。これが「残業代未払い」。他国では許されない。

●アメリカの市民グループが、日本の国民へ「TPPへの参加は危険であり、日本の人々への侮辱」「安倍政権が理解できない」「既に協定に参加している国では強力な反対運動がいくつも起こっています」と警句。以下、画像クリックで再生。
  1分51秒のみ。是非クリックを!
※TPP問題はこちらも参照を→「ヤバ過ぎるぜ!TPP」

●『アイヌ、琉球は縄文系=本土は弥生人との混血』…国立遺伝学研究所(遺伝研)や東大などの研究チームが過去最大規模の細胞核DNA解析を行った結果、日本人を北海道のアイヌ、本土人、沖縄の琉球人の3集団に分けた場合、“本物の日本人”は縄文人に起源があるアイヌと琉球人が近く、本土人は中国大陸から朝鮮半島経由で渡来した弥生人と縄文人との混血(弥生人7〜8割、縄文人2〜3割の混血)と判明。国籍や人種にこだわる人はこれで冷静になるだろう。

●『なぜ当サイトは原発再稼働に反対するのか

●YouTube『メディアは沈黙・3分でわかる日米原子力協定の闇
“時代に合わない”から憲法を変えるのではなく、憲法の理想の方へ時代を変えて行かなきゃならない。「人に無理強いされた憲法だと云うが、拙者は戦争はいたしません、というのはこの一条に限って全く世界一の憲法さ」(坂口安吾/作家1906-1955)

「多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。(略)だますものだけでは戦争は起らない。だまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。「だまされていた」といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。」(伊丹万作/1946年8月「映画春秋・創刊号」)

//ルイ・アームストロングが歌いあげる『ホワット・ア・ワンダフル・ワールド』(2分15秒)を聴きまくり。この全てを包み込む優しい笑顔がたまらない。目を見てるだけでウルウルくる。歌詞も最高!『♪僕は緑の木々や赤いバラを見る/それは僕らのために花開く/僕はしみじみ思うんだ/なんて素晴らしい世界かと/僕は青い空や白い雲を眺める/明るく喜びに満ちた昼、暗く神聖な夜/そして僕はしみじみ思うんだ、なんて素晴らしい世界なのかと/七色の虹が空にかかり、行き交う人々の顔を染めている/僕は友人たちが「ご機嫌いかが」と挨拶しながら握手を交わす姿を見る/彼らは心から告げる「アイ・ラヴ・ユー」と/赤ん坊の泣き声が聞こえる。僕はあの子らが僕よりも多くのことを学び成長していくのを見守ろう/思わず感動してしまう/なんと素晴らしい世界じゃないか/そうさ、僕はしみじみ思うんだ/嗚呼、この世はなんて素晴らしい世界なのかと!」。2分チョイの短い曲なのに、胸がジワ〜と温まり、歩き続ける力をくれる素晴らしい作品っすね。※影絵とのコラボAmazing Hand Shadow(2分21秒)も泣かせます!


●特選レポ&動画…命の環の話//サービス残業問題//普天間基地は国外へ//チェ・ゲバラ巡礼レポ//アフガン伊藤和也さんを悼む//パレスチナについて//暴力団について//2008 南極・スコット巡礼 //チベット問題について//障害者自立支援法の問題点//『YouTube Classic』//静止画像と思えないヘビの回転テントウ虫//ミルクとパンダの赤ちゃん(53秒)//ウーマン・イン・アート(2分52秒)//『世界一周ダンス』(3分42秒)世界7大陸・39カ国をダンスで巡る。見終わって何とも言えない幸福感に包まれる動画。地球最高!※最新版もスゴイ!(4分半)//『SF名文句集』//ボブ・マーリィ巡礼レポ//人体の免疫効果を調べている阪大の研究チームによると、「1日に8回以上笑うことでガンに対する免疫があがる」とのこと。
宇宙はこんなに美しく、
そして果てしなく広大!
究極の天体写真10選
をアップ!美の極致ッス


 

ミレーとゴッホの『種まく人』〜負け戦が続いても、死後に実る麦の種を撒いたと信じて今日頑張る

★特定秘密保護法が成立=漏えい懲役10年―「知る権利」侵害の危惧/時事通信 2013年12月6日(金)23時23分配信

機密情報を漏えいした者への罰則を強化する特定秘密保護法が6日夜に再開された参院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。野党側がさらなる審議を求める中、与党は採決に踏み切った。これにより、防衛、外交、スパイ活動防止、テロ防止の4分野で、閣僚ら行政機関の長が「特定秘密」を指定し、漏えいした公務員、民間人は最高10年の懲役を科される。恣意(しい)的に秘密指定されかねず、チェック機能も不十分など「知る権利」侵害への危惧は残ったまま、公布から1年以内に施行される。
採決では、賛成が130票、反対が82票。民主、共産、社民、生活の各党が反対した。衆院で修正合意したみんなの党と日本維新の会は、「拙速は認められない」として退席したが、みんなの一部議員は党の方針に反して本会議に出席し、反対した。
菅義偉官房長官は6日深夜、東京都内で記者団に、「わが国を取り巻く安全保障環境が厳しい中、国の安全、国民の安全・安心を確保できる大切な法律が成立した」と述べ、意義を強調した。


←重罰の対象となる“漏えいの定義”。日本だけ「敵対国家に情報を渡すこと」が罪なんじゃなくて「政府が隠したい情報を知る」ことが罪になっている

●これから反対派がやるべきこと
(1)秘密保護法廃止法案の成立※施行まで最大1年ある。それまでに廃止に追い込む
(2)「絶対にこれを入れるべき」という運動も平行して行う。7項目あり→
・政府の違法行為を秘密に指定してはならない
・一般市民を処罰の対象にしない
・公益に反して秘密指定した大臣・官僚に罰則を適用
・内部告発者を保護する
・政府から完全に独立した第三者機関が秘密指定の妥当性を審査
・秘密指定の期間は原則10年。最重要機密も30年で全て公開する
・条文の中から“その他”という言葉を消す。“その他”は拡大解釈に繋がる
(3)自民、公明の中の良心的な議員を味方につける

※政府がいう「日本はスパイ天国」はウソ。日本の公安警察は優秀。15年でスパイ事件は5件だけ、しかもすべて軽罪で3件は起訴すらされていない。実刑判決が出たのは1件のみ。現行の自衛隊法や国家公務員法で充分対応できる。表現の自由を弾圧してまで秘密保護法を作る必要はない。国連人権機関トップが日本政府に懸念を表明(動画) 
※「何が秘密事項に決定されたのかも秘密」なんだから官僚のやりたい放題
※第25条に『共謀し、教唆し、又は煽動した者は、三年以下の懲役に処する』とある。これを捜査するには密告と、メールや電話、室内の盗聴しかなく、恐ろしい監視社会になる。
※秘密保護法には「取材報道の自由」が書き添えられた。ただし報道機関とは記者クラブメディア(大新聞、大放送局、大通信社)のこと。権力とお友達の取材報道活動の自由は保証されるが、権力のコントロールが効かないフリーランスが特定秘密に触れた場合は罪に問われる、ということ。
人間の寿命を考えた時に原則60年で公開というのはありえない。当事者が生きているうちに、秘密の是非を検証しなければ意味がない。不正への心理ハードルが低くなる。ただでさえ、秘密保護法は秘密を漏らした公務員とそれに協力した民間人に厳罰を科すのに、行政官や政治家が不正な隠蔽(いんぺい)をしても裁かれない。
「すべての改革は少数派が多数派に反対する行動から始まっている」(ガンジー)


『秘密保護法の罰則(要約)』(全原文
第23条 特定秘密の取扱いの業務に従事する者が、業務により知り得た特定秘密を漏らしたときは、10年以下の懲役に処し、又は情状により10年以下の懲役及び1000万円以下の罰金に処する。
第23条3項 罪の未遂は、罰する。
第25条2項 特定秘密の漏えいを共謀し、教唆し(きょうさ、そそのかし)、又は煽動した者は、3年以下の懲役に処する。※一般市民が対象(公務員は5年以下)。聞き出したり、聞き出そうとしてもアウト。「共謀し」というのは、“聞き出そうぜ”と誰かと話し合うのも逮捕ということ。しかも12/2の国会答弁で内閣府特命担当相は、従来は「特定秘密と知らなかった場合は罰にならない」と言っていたのが「秘密情報と明確な認識なくても、取得する“かもしれない”と思っていれば処罰」と答弁。そんなもの証明しようがない。狂ってる。
●秘密保護法案では“テロリズム”を「政治上その他の主義主張に基づき、国家もしくは他人にこれを強要する活動」(第12条)と規定。
サイトに「○○すべき」など意見を書くと“強要”になり得る。こんな民主主義破壊法がたった1ヶ月の審理で強行可決された

【秘密保護法関連の情報を集めた特設ページを作成!法案審議前から成立に至る過程をすべて記録!】

(言葉の世界遺産)魂の救命ロープ・人生の名言101おすすめ!
(続・人生の名言101)   (暗黒地獄名言ベスト50)
【アマゾン・ジャンル別BEST】 DVDトップ100 本のベストセラー100 音楽CDトップ100 玩具のトップ100/(GAME)
★マイ・ブックマーク/最近の期待DVD(レンタル開始日)&本&玩具
●12月…オフコースBEST“ever”(12/16)/ジョジョの奇妙な冒険 アイズ・オブ・ヘブン(12/17)/キングスマン(12/23)
2016
●1月…機動戦士ガンダム0083 ブルーレイBOX(1/29)
●4月…ミケランジェロ・プロジェクト(4/6)
●6月…機動戦士ガンダム THE ORIGIN(3)(6/10)

【最新版アマゾンTOPランキング 一覧表

●08年の名品ベスト3…(ブルーレイ版)ブレードランナー・ファイナルカット/超像・承太郎(黒ver)/グレン・グールド限定BOX
●09年の名品ベスト3…イデオン総音楽集/ザ・ビートルズBOX/EX合金ウルトラホーク1号/スター・トレック&エンタープライズ号
●10年の名品…美女と野獣スペシャル・エディション/トイ・ストーリー3/フィギュア・次元大介
●11年の名品…岸辺露伴ルーブルへ行く/戦国無双3 Z/アメトーーク17・ジョジョ芸人/奇妙なホラー映画論
●12年の名品…オペラ座の怪人・25周年ロンドン公演
●13年の名品…レ・ミゼラブル/ハッシュパピー/荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟
●14年の名品…ゼロ・グラビティ/ガンダムUC(7)/アナと雪の女王/日本鬼子・元皇軍兵士の告白
●15年の名品…インターステラー/荒木飛呂彦の漫画術/マッドマックス 怒りのデス・ロード

【 各種リンク※クラシックは「ユング君」
PART1(71個) お笑いフラッシュ他(44個)
★2014年のお薦め展覧会&美術館リンク集

文芸ジャンキー版・東京探訪MAPを作成!
北海道 東北 愛知・岐阜 四国 奈良 九州
 東京2
 静岡 北陸 北関東 大阪・三重 京都・滋賀 山陰 神奈川

アメリカ自然史博物館(NY)が制作した『The Known Universe』はヒマラヤ発→宇宙の果て→ヒマラヤ着を6分半で表現しており、美麗映像とコスモな音楽がめっさ心地良い!現世から遊離したような、神さま目線の浮遊感覚を味わった。ぜひ最大画面で壮大な旅を味わって欲しい。時々画面の下に出ているのは“光年”などの距離情報。地球の周囲の無数の軌道は人工衛星のもの。その後の軌道は月。70光年離れると青い光で包まれるけど、あれは人類の電波が現時点で届いている距離(つまりそれより遠い惑星に異星人がいても、UFOで来ない限り人類の存在に気づけない)。さらに離れると宇宙が扇状に見える。ホントは球形だけどまだ未観測部分があるため扇状に表示されているんだって。なんちゅう、贅沢なひととき!


(STOP THE HATE!! 国連本部前のオブジェ)
「科学と芸術は全世界に属する。それらの前には国境など消え失せてしまう」(ゲーテ)
「あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日」(趙 昌仁)作家
「人間の先祖は本人の血族ばかりでなく、文学の内にも存在している」(オスカー・ワイルド)作家
「人を憎んでいる暇はない。わしにはそんな時間はない」(黒澤監督の映画『生きる』から)
「私は殺されることはあっても、負けることはない」(ヘミングウェイ)作家
「僕が最もウンザリするもの、それは無知による憎しみだ」(マイケル・J・フォックス)俳優
「船は港にいる時、最も安全であるが、それは船が作られた目的ではない」(パウロ・コエーリョ)作家


●『戦争絶滅受合法案』 (原案は第一次世界大戦の終結後、1929年にデンマーク人フリッツ・ホルムが起草したもの)※長谷川如是閑の創作説もあるけど、ウィキに原文=1928年11/16発表があり、やはり本物のようだ。
戦争開始後、10時間以内に次の行動をとること。以下の者を順番に“最下級”の兵士として召集し、できるだけ早くこれを最前線に送り、敵の砲火の下で戦わせること。
1.国家元首。君主も大統領もこれに該当。ただし男子に限る。
2.国家元首の男性親族で16歳以上の者。
3.総理大臣、及び各国務大臣、並びに次官。
4.国会の男性議員。ただし戦争反対の投票をした者は除く。
5.キリスト教や仏教のほか、あらゆる宗教関係者の高僧で、公然と戦争に反対しなかった者。
付記.該当者の妻、娘、姉妹等は、戦争継続中、看護婦または使役婦として召集し、最も砲火が接近した野戦病院に勤務すること。
(後年の妙案)
※有権者の責任…戦争に賛成した議員を選んだ選挙区の有権者から順番に徴兵せよ。
※戦費について…戦費は戦争に賛成した議員の資産、及びその議員を選んだ選挙区の財政でまかなうべし。

  文・糸井重里


●「もともと普通の人々は戦争したいと思っていない。運がよくてもせいぜい無傷で帰って来る位しかない戦争に、貧しい農民が命を賭けようと思うはずがない。だが、国の政策を決めるのは結局指導者であり、反対の声があろうがなかろうが、人々を指導者の望むようにするのは簡単だ。民主主義であろうと、ファシストの独裁であろうと、共産主義であろうとそれは同じだ。『我々の国が攻撃されている。愛国心のない反戦・平和主義者が国を危険にさらそうとしている』と非難しさえすればいい。この方法はすべての国で同じように上手くいく」(ヘルマン・ゲーリング)元ナチス最高幹部/秘密警察創設者
●「(終戦翌年に記す)多くの人が、今度の戦争で騙されていたという。みながみな、口を揃えて騙されてたという。私の知ってる範囲では、“俺が騙したのだ”と言った人間はまだ1人もいない。(略)“騙されていた”といって、平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でも騙されるだろう。いや、現在でもすでに別の嘘によって騙され始めているに違いないのである」(伊丹万作)※伊丹十三監督の父
●「最初にナチスが共産主義者を弾圧した時、不安に駆られたが、私は共産主義者でなかったので、何の行動も起こさなかった。次にナチスは社会主義者を弾圧した。私はさらに不安を感じたが、社会主義者ではなかったので何の抗議もしなかった。それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、その度に私の不安は増したが、それでもまだ行動に出なかった。ある日、ついにナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。だから立ち上がって行動に出たが、その時はもうすべてが遅かった」(マルチン・ニーメラー牧師)
※結局のところ、武器に頼ろうとする弱虫より、他人を信じて武器を捨てる勇気を持つ人間に、全人類がなれるかどうかということ。たとえ非武装の結果、信じた相手に裏切られようと、僕は弱虫として死ぬより、勇気ある人間として死にたい。これは名誉やプライドの問題でもある。僕はどの戦争であろうと、「侵略」かどうかを決めるのは、「軍隊を送った側ではなく、送られた側」だと思ってマス。これは自虐的云々ではなく当たり前のこと。

高畑勲監督(79)といえば『かぐや姫の物語』の他にも、戦争の悲劇を描いた『火垂るの墓』で知られている。監督は9歳の時に岡山で空襲に遭い、焼夷弾の中を家族とはぐれな がらも逃げのびた。東大卒業後、東映動画で「ハイジ」「三千里」などを演出し、宮崎駿さんとジブリを設立した。2015年の元旦、神奈川新聞に載った高畑監督の メッセージが素晴らしかったので以下に紹介。
→(高畑)原爆をテーマにした「はだしのゲン」もそうですが、日本では平和教育にアニメが用いられた。もちろん大きな意義があったが、こうした作品が反戦 につながり得るかというと、私は懐疑的です。攻め込まれてひどい目に遭った経験をいくら伝えても、これからの戦争を止める力にはなりにくいのではないか。
なぜか。為政者が次なる戦争を始める時は「そういう目に遭わないために戦争をするのだ」と言うに決まっているからです。自衛のための戦争だ、と。惨禍を繰り返したくないという切実な思いを利用し、感情に訴えかけてくる。
「戦争をしたとしても、あのような失敗はしない。われわれはもっと賢くやる。70年前とは時代が違う」とも言うでしょう。本当でしょうか。私たちは戦争中 の人と比べて進歩したでしょうか。3.11で安全神話が崩れた後の原発をめぐる為政者の対応をみても、そうは思えません。成り行きでずるずるいくだけで、 人々が仕方がないと諦めるところへいつの間にかもっていく。あの戦争の負け方と同じです。
再び戦争をしないためには、あの戦争がどのように進んでいったかを学ばなければならないと思うのです。私が戦争中のことをどれだけ知っているかと聞かれれば、大したことはない。でも、安倍晋三首相よりは知っています。
集団的自衛権の行使を認めるということは、海外では戦争ができない国だった日本が、どこでも戦争できるようになるということです。政府は「歯止めをかける」と言うが、あの戦争を知っている者にとっては信じられません。ひとたび戦争が始まれば歯止めなどかかるものではありません。そもそも 日本人は戦前から米国が好きだった。ジャズや野球、映画といった文化に親しんでいた。その国と戦争をするとは誰も思わなかった。やっても勝てないと思っていた。
ところが、真珠湾の奇襲作戦が成功して戦争になってしまったら、あとは日本が勝ってくれることだけを皆が願い始めた。それはそうでしょう。負けたら悲惨なことになるに決まっているんですから。
息子の兵役を逃れさせたり、戦争に反対して逮捕されたりした人もいたが、ごく少数。始まってから反対の声を上げるのは難しい。いやいや戦争に協力させられたのだと思っている人も多いけれど、大多数が戦勝を祝うちょうちん行列に進んで参加した。非国民という言葉は、一般人が自分たちに同調しない一般人に向けて使った言葉です。
「空気を読む」と若者が言うでしょう。私はこの言葉を聞いて絶望的な気持ちになります。私たち日本人は昔と全然変わっていないんじゃな いか、と。周りと協調することは良いことですが、この言葉は協調ではなくて同調を求めるものです。歩調を合わせることが絶対の価値になっている。
日本人は昔から意見の対立を好まない。皆を仲間内にして、和気あいあいとして争いを避ける。寄り合いも全員一致主義で、どうしても駄目なら村八分にする。 個を確立し、意見が異なっている人との違いを認め、その上でうまくやっていくという努力を好まない。議論を戦わせない。古くからあるこの体質によって日本 は泥沼の戦争に踏み込んでいったのです。私はこれを「ズルズル体質」と呼んでいますが、「空気を読む」なんて聞くと、これからもそうなる危うさを感じずに はいられません。
だからこそ憲法9条の存在が大事だと思うのです。これこそが「ズルズル体質」を食い止める最後の歯止めです。
戦後の平和をつくってきたものは何かといえば、9条です。基地の負担を押し付けられている沖縄の犠牲を忘れてはなりませんが、米国が戦争を繰り返す中、9条のおかげで日本人は戦争で命を落とすことも人の命を奪うこともなかった。政権の手足を縛ってきたのです。
これを完全にひっくり返すのが安倍政権です。それも憲法改正を国民に問うことなく、憲法解釈の変更という手法で、です。
隣国との対立が深まり、不穏になっているからといって不戦の理想の方を変えるのはどうかしています。9条を大事にしているということは、武力で解決するつ もりはない、というメッセージになる。東アジアに戦争の記憶が残る中、戦争をしないというスタンスはイニシアチブになるはずです。「普通の国」なんかにな る必要はない。ユニークな国であり続けるべきです。戦争ができる国になったら、必ず戦争をする国になってしまう。閣議決定で集団的自衛権の行使を認めることによって9条は突如、突破された。私たちはかつてない驚くべき危機に直面しているのではないでしょうか。
あの戦争を知っている人なら分かる。戦争が始まる前、つまり、いまが大事です。始めてしまえば、私たちは流されてしまう。だから小さな 歯止めではなく、絶対的な歯止めが必要なのです。それが9条だった。「最小限の武力行使」「戦争をやるとしてもうまくコントロールしてやる」なんて、そん な能力を私たち日本人が持っていると思わない方がいい。安倍首相だけが特別無自覚というわけではないと思います。私たちはこの70年で基本的な体質が変わることはなかったのです。(神奈川新聞2015.1.1より)


奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。
過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、奴隷になっても決してその精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を血祭りにあげた。
現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに気付いてすらいない。
それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの唯一の誇りを見い出しさえしている。
(リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)
※ニュージャージー出身、1934年生。詩人、脚本家、小説家(イスラム名/アミリ・バラカ)

格差拡大・福祉削減路線の政治ではなく、所得再分配・社会福祉拡充路線の政治を切望!!

《最後に、これだけは言わせて欲しいッ!》
〜他人と自分の中に“違うところ”を見るのが「戦争」、“同じところ”を見るのが「芸術」〜

人間は国籍、人種、宗教など、自分と「違うもの」を理由に戦争するけど、芸術を味わうことは他人の中に自分と「同じもの」を見つけることだ。相手(作者)の気持ちに心を重ね共感した時、人は初めて“感動”できる。
僕は確信している、人類は絶対に分かり合えると。そうでなければ、こんなにも多くの作品が、時代や国境を越え残っているはずがない。ここまで世界が芸術で溢れ返っているはずがない。芸術の存在が、国家、民族、文化を越えて人々が分かり合うことが可能だと証明している!
芸術は生き続ける力をくれる。もう人生の選択肢がなくなった、行き詰まって打つ手がない、そう思ったときに文学や映画を通して違う価値観、別の生き方の存在を知ることはいくらでもある。僕は何度もそうやって救われてきた。
こんな時代だからこそ“あえて”叫びたい。この世界は断固生きるに価するとーッ!!

※やたらと「日本人は他民族と違う」と強調している人には「日本人は他民族と異なる部分が多い。ただし共通点はさらに多い」と付け加えて欲しい。
※言葉や口先だけの“人間は素晴らしい”では、僕は納得できない。僕だって“素晴らしい”という証拠が欲しいんです。だからこそ、手当たり次第に音楽を聴き、映画や絵画を見、文学を読み漁るのです。確かな証拠が欲しくて!そして「見つけた!」と思ったものを、このサイトで報告しているのです。

民主主義は「最大多数の幸福を目指す」で思考が止まってはいけない。「最大多数の幸福によって救われない可能性のある少数派をいかに救うか」、そこまで考えるのが真の民主主義

過去の反省と愛国心は両立する:歴史認識問題に決着!…日本と韓国 / 中国 / 台湾 / 東南アジア / 米国 / 昭和天皇かく語りき


日本に誇りを持つ者として、「日の丸を拒否する自由を認ない愛国者」ではなく、個人の内面を大切にし「日の丸を拒否する自由も認める愛国者」で僕はありたい。


愛国心とは他国を憎むことではなく、自国の文化を愛すること


【管理人の雄叫び〜リベラル派は力を合わせてCS専門チャンネル開設を!】NHKが秘密保護法の問題点を伝えず、民放が原発問題を避けるように、大手メディアは政権やスポンサーの顔色ばかりうかがい、時事問題に深く斬り込みません。歴史認識問題についても、一部保守メディアが架空の近代史を広め、ネット上には戦争被害者に対する二次加害の言葉が飛び交っています。保守はCS「チャンネル桜」をフル活用していますが、リベラルでは岩上安身氏の動画配信サイト、IWJが孤軍奮闘している状態。CSに専門チャンネルを持つには多額の資金が必要ですが(“桜”は資本金1億)、リベラル側には宮崎駿氏、坂本龍一氏、大江健三郎氏、山田洋次氏、菅原文太氏、吉永小百合氏といった著名人のほか、ノーベル賞・益川敏英氏などの大学教授がたくさんおり、法曹界にも日弁連の弁護士が大勢います。戦後民主主義が最大の危機に晒されている今、開局資金は集まるかと!池上彰氏や堀潤氏がメインキャスターになれば視聴率も期待可。右傾化が進んでいる若者たちに「リベラルはお花畑」と言われないよう、ちゃんと南京事件の証拠となる一次資料を伝え、慰安婦問題なども保守サイドの認識が国際社会の常識からズレている理由を丁寧に解説すれば、理解してもらえると思うのです資料その2)。権力者は特定の国を敵視させることで内政から目を逸らさせています。若者の義憤は、政治家や官僚の腐敗(天下り、ズブズブの特別会計予算)、生存に直結する労働問題(非正規雇用4割=約2043万人、サビ残・ブラック企業野放し)、原発問題(核ゴミの捨て場なし)、オレオレ詐欺・弱者を苦しめる暴力団、タイミング最悪の増税等々に向けられるべきもの。早急に政権からも企業からも干渉されない、真にジャーナリズム魂・反骨精神のある専門チャンネルを立ち上げましょう。秋には秘密保護法が施行されるため状況は待ったなしです。(2014.3)

 ←安倍氏とベッタリの食事友達(寿司友)の提灯記事に要警戒




★近年公開された激涙・満点レビュー映画!映画ファンで良かった!

善き人のためのソナタ リトル・ミス・サンシャイン ブラッド・ダイヤモンド トンマッコルへようこそ ツォツィ シッコ ※激解説
※画像クリックでAmazonへ



重要なのは行為そのものであり結果ではない。行為が実を結ぶかどうかは、生きているうちに分かるとは限らない。
正しいと信ずることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ(ガンジー)

闇は闇を追い払えない。ただ光だけがそれをなし遂げる。憎しみはヘイトを駆逐できない。ただ愛だけがそれを叶える(マーティン・L・キングJr

戦前の日本について肯定的に評価する政治家たちは歴史認識が不十分で、見ていて恐ろしい。考えが足りない人たちが憲法に手を付けるようなことはあってはならない(宮崎駿)

Now is the time

★サイトのご意見、ご感想はリンク先のメール・アドレスまで!
※頂いたメールは必ず読んでいますが、非常に件数が多いため返信は難しい状況です。どうかご了承下さいませ (>_<)
※無記名は他の人と混同し、誤解、混乱の原因に。HNや仮名でも結構ですので、必ず記名して送って下さいね〜!
※あまりにスパムメールが多い為、ヤフーメールなどフリーメールは受信できません。ご了承下さい。
※iPadからのメールも差出人やアドレスが表示されないためご遠慮頂いています。  m(_ _)m


当サイトは、一般に難しいもの、堅苦しいものと思われがちな各種文芸作品を、切り口を様々に工夫することで、
より広く紹介することを目的としたものであり、"知的財産権"“肖像権”を侵害しようという意図は一切ございません。
著作権法第32条「公表された著作物は、引用して利用することができる」に基づき、作品の「研究」を主たる目的と
して考察に使用しており、著作権侵害にはあたらないと判断しています。ご理解よろしくお願い致します。
(問題がある場合はお知らせ下さい。すみやかに対処します)

「海外の活動家は自らが自殺しない宣言をする」(フィフィ)。あえて“自殺しない宣言をする”意味は何かあるのか?ある。「自殺に見せかけて消されるジャーナリストや活動家がいるから」。
うおお…。それであれば、僕も宣言しておく。絶対に自殺はしない、と。(2012.12.17)

『ある芸術作品に関する意見がまちまちであることは、とりもなおさず、その作品が
斬新かつ複雑で、生命力に溢れていることを意味している』 by オスカー・ワイルド

 kajipon.com ←バナー
このサイトはリンク・フリーです。確認メールなど一切無用ですので、どしどし
リンクを張って下さいませ。“全人類文芸ジャンキー化計画”にご協力を!

2010.6.8 ツイッター開始



著者近影/ラジオ・墓マイラートーク(48分)